2011年10月07日

「Thanks, Steve」香港在住 Jonathan Mak氏 2011年8月26日発表作品

2011年10月5日
世界中の誰もが、
この作品に命名された短いタイトルを身を持って感じた。



1978年の3月
静岡県三島市・三嶋大社にてApple2のデモを見てパンフレットを手に入れた。
1982年に、そのApple2を、我が家に迎える最初のパーソナルコンピュータとして手に入れた。
2011年の今日・現在に至るまで、
あたしは林檎の人をしている。

この文章も林檎で書いている。


ありがとうスティーブ・ジョブズ
posted by 宇之助 at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 電脳(でんのう)

2011年09月30日

DHL TV-Spot: "The International Specialists" 名曲「Ain’t No Mountain High Enough」

DHLが流している最新CM


”Ain’t No Mountain High Enough”
遠い昔ダイアナ・ロスが歌っていた曲だよなぁ〜〜と思っていたんだけれど、
もうひとつどこかで聞いた記憶があってどうもそれが思い出せなくて気持ち悪かったんだよねぇ。

ちなみにオリジナルはこれ


ん〜〜名曲だよね。
悩んで思い出したんだよねぇ〜〜〜。
これよこれ。

STAR TREK TNGのバーラウンジの主人「ガイナン」
ウーピー・ゴールドバーグ主演の名作「天使にラブソング2」の
エンディングテーマにこの曲は使われていたんだ。
いやぁ〜〜すっきりした。

あ〜そうそう
この映画はやっぱりこの曲「Joyful, joyful」
posted by 宇之助 at 07:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然・そこはかとなく

2011年09月28日

汽車土瓶について考える

これが汽車土瓶
IMG_0666.JPG

今はもう駅のホーム等でも売られることがなくなったものなんだけれど、駅弁にお茶というと、これが定番だったんだそうな。

汽車土瓶
  ↓
プラスチック容器
  ↓
発泡スチロール容器
  ↓
ペットボトル

時代の流れと共に、容器は変わってきたけれど、エコ、省エネルギー、再利用ということを考えた時、やっぱり汽車土瓶に勝るものはないんだろうね。

とはいえど、
やはり容易く持ち歩くことができる。運搬が容易いということからすると、
現代のペットボトル全盛になってしまうのは仕方ないことかも知れないね。

さて、写真のものだけれど、
これは信楽焼のもので、かって駅弁と一緒に売られていた時、製造を担っていた信楽学園が2008年に復刻させたものなのね。
一個¥300+送料・代引き手数料で購入可能でありますね。
当然のことながら、一個だけだと商品価格よりも送料・代引き手数料が高くつくということでありますので、ご注意くださいませ。

もう一箇所
岐阜県多治見の美濃焼で、陶人舎という窯元が作り出したものがあるんだよね。
1980年代末、テレビ朝日(当時はNET)のEat9(愛川欽也・司会)で創りだされた、小淵沢駅・駅弁「元気甲斐」と共に売られた汽車土瓶はここのもの。
posted by 宇之助 at 20:25| Comment(2) | TrackBack(0) | ◯◯について考える

2011年09月24日

ミラーレス一眼レフについて考える。

え〜とオリンパス・ペンがミラーレス一眼レフとして復活してきたのは、去年のことだったように記憶しているけれど、おやっ?今年の春だっただろうか?
宮崎あおいがイメージキャラクターだったから、記憶している人も多いと思うんだよね。

んで、何日か前に登場したNikon1
Nikonが出してきたということは、当然のことながらキャノンも出してくるというのは周知の事実だァね。

オリンパス、ニコン、キャノン
となると、あと登場してくるのは・・・・・・
富士フィルム

アサヒペンタックス
ただ、ここは『旭光学』としては存在していないのねぇ。いまはHOYAの子会社になっているよね。往年のpentaxというブランド力はどうなんだろう???
ミノルタ
ロッコールレンズの美しさって有名だったんだけれどね。オートフォーカスをカメラに組み込んだのはここが一番最初だった。あの宮崎美子のCMがそうだったよね。いまは、SONYに吸収されてしまった。
まぁ〜この6社にパナソニックとカシオが加わってというところかしらね。

さてっミラーレス一眼レフそれぞれのメーカーの相違点って、レンズのオートフォーカス機構の各メーカーの制御方法とCMOSセンサーの受光パターンの2個しかないんだろうと思うのね。
鏡がないからレンズから入ってきた光をCMOSセンサーで受け取る。ミラーレス一眼レフはこの光を2つの用途にわけないといけないんだな。
CMOSセンサーパネルは1個。そしてCMOSセンサーは2つのことはできないんだ。
でも、やらなければならないことは2つあるのね。「光を液晶パネルに映しだすために渡すこと」と「光を『撮影』のdataに使うこと」

CMOSセンサーパネル表面が100%使えれば、見たものがそのまま写る。ということで、ミラーレス一眼レフとして画期的なことなんだろうけれど、この世にそんなものは存在していない。

何%は、裏面液晶パネル表示のための受光にあてがわれているはずなのね。つまり撮影の盲点になるんだよね。この盲点をソフトウェアを使って『補完』しているはずなんだよね。

たぶんカメラ雑誌等を見れば「CMOS素子の受光パターン比較」とか出てくるだろうね。
だからど〜だってわけではないんだが・・・・・
posted by 宇之助 at 19:52| Comment(0) | TrackBack(0) | ◯◯について考える

2011年09月23日

Nikon1について考える。

ついにNikonがFマウントではないレンズ群を持ったカメラを出してきた。

あ〜マウントといっても分からない人がいるかも知れないので、ちょっと書きだすと、
交換レンズを取り付けることができるカメラがある場合、
レンズとカメラ本体をつなぐ方式、これをマウントというのね。

この世にレンズ交換式カメラというものが登場した時、
レンズの取り付け方・つまりマウントはライカが定めた規格の直径とネジピッチの
ねじ込みだったのね。
だから、Nikonもキャノンも、ペンタックスもオリンパスもこの規格のレンズ取付口になっていたのね。

それがいつしか各社独自の規格のマウントを作るようになったのね。
ただ、新シリーズのカメラを作り出したときに、レンズのマウントも全く新しく開発されると
それまでのレンズが使えなくなってしまうんだな。

例えば、AというメーカーがA-001という一眼レフをだしてきた。
そこでそれを買って望遠レンズと広角レンズ、標準レンズにズームレンズを買って、
持っていたとするでしょう。
そのA社が新シリーズとして、A-1001という新シリーズカメラを出してきて、
マウントから何から何まで新しく開発されてそれを買ったとするでしょう。
ところが、
今までのレンズは一切使えないということとなってしまうんだな。
それでも良心的なメーカーだと、取り付けキットとかうってくれているんだけれど、
まぁ〜それもメーカーの考え方ひとつなわけね。

アサヒペンタックスが国内の一眼レフメーカでは、最後までねじ込み式マウントを作っていたと思うけれど、それもシリーズによってという状態だった。

キャノンに至っては、新シリーズカメラが出てくるたびにレンズも新シリーズになって、
マウントはその都度変わるという状態だったことがあるのね。
今はどうか知らないけれど。

んで、NikonのFマウントというのは、1959年(昭和34年)にNikonFを出したときに開発したマウントで、
その後のNikonのフラッグシップカメラと呼ばれるF一桁カメラの系譜には、今も使われているマウントね。
もちろんそれ以外の一眼レンズもすべてFマウントを使っているので、
取り付けて使用することができるのね。

え〜とフラッグシップカメラと呼ばれるF一桁カメラの系譜で説明すると、
1960年代・初代のF
1970年代・二代目F2
1980年代・三代目F3
1990年代・四代目F4
2000年代・五代目F5
2010年代・六代目F6(多分これが最後のフィルム式フラッグシップになるんだろうね)

ただし、四代目のF4からは、オートフォーカスが標準になっているので、
レンズのはめ金具(Fマウント)はそのままの規格だからはめることはできる
でもF,F2,F3にはめた場合、完全なマニュアルフォーカスレンズになるのね。
さらに絞りも自動のオートレンズになると、マニュアル式のカメラだと
絞りの調整ができないということになるのね。
だから、Fマウントレンズであっても、実際には使えないというものもあるのね。

ただ、初期のFマウントレンズを最新のオートフォーカスカメラにつけて、
マニュアルフォーカスで使うことはできるわけね。
だからNikonのFマウントレンズは1959年にNikonFが生まれた時からのレンズがそのまま使用できるということから、(もちろん制限はあるんだよ)
ギネスブックに登録されているのね。

Fマウントが生まれて以降
52年ぶりにFマウント以外のマウント規格の
レンズ交換式カメラが出てきたということなんだよね。

ただ、周辺機器を見ると、Fマウントレンズ(ニッコールレンズ群)を取り付ける事ができる
パーツがしっかり網羅されているんだよね。

ただ、我が家のニッコールは
24mmの広角
50mmの標準2本
135mmの近望遠
500mmのレフレックス
いずれもマニュアルフォーカスレンズだから、
このNikon1に取り付けてもオートフォーカスができないということなんだな。

欲しいような
単三2本使うクールピクスで充分かぁな。
フィルム式のNikonの一眼レフは
F2とnikomatとFMの3台あるしねぇ。

特にF2は手放せないねぇ。
さて、なにか撮りに行こう。
posted by 宇之助 at 16:05| Comment(0) | TrackBack(0) | にくきう

iPhoneについて考える

さてiPhone
あたしと奥さんのiPhoneは3GS。
もうすぐ4が出てくる3〜4ヶ月前に、さすがにそれまでの携帯電話がへたってしまって、変えるようになったのね。
あたしの形態はdocomoのpreminiでmova仕様でどちらにせよその年の7月か8月までの寿命だった。
奥さんのものは、fomaで、バッテリーがへたってきたのと、なにやらおかしい。
というわけでナンバーポータビリティをして、docomoからsoftbankに移り、iPhoneに変更したのね。
電話としては最低の電波強度なんだわな。
wifi設定をメインにして電話としての機能は最小限にしても、掛かってくる電話を受ける、あるいは、「あ〜それでは電話しよう」という時に掛けられない。
ホームアンテナを自宅内にセットして、勤め先のあたしのいる場所にはホームアンテナを取り付けた。
でも網羅できるエリアが狭いんだよね。

pocket-wifiとか入れて、スカイプ等で利用するか、auが電波強度強いなら、それにするかなぁというところなんだな。

じつは、
4ヶ月か6ヶ月に一度、お勤め先におとまり「宿直」なるものがあるんだな。
あたしの勤め先の前統括者=いわゆる支店長がバカタレで、
この宿直業務はシルバー人材に委託しているのに、月に二回職員がわざわざやる羽目になっている。これが「緊急時の夜間対応が円滑に・・・・・」ということが実際に対応できるなら文句は言わないわな。
とっころが、これを言い出した当の本人がこの宿直業務をするとその宿直日誌には作業内容のチェックは何もされておらず、翌朝「あれがされていない。」とか「ここはoffになっていない。」とか朝になってクレームが山ほどやってくる。
意味のないことなんだよね。まぁ〜〜馬鹿が決めてやることは馬鹿でしかない典型なんだな。

一度動いているものを止めるってぇことは勇気がいるんだよね。
だからその内容はそのまんまなんだな。

さて本題。
この宿直室というやつが、電波が入らないんだ。ソフトバンクは。
ホームアンテナの位置からは遠い。
おまけに無線LANの範囲からも離れている。

ソフトバンクの非力さにはまったく悩んでいる。
poketwifi、UQ-iMAXとか考えるんだけれどさ、auが十分な電波強度持っているならそのほうがいいんだろうかな???

でもwifiでつないだほうが高速なろうから、それならwifi専用機にしてしまえばいいんだよね。
どうしたもんだろうかな
posted by 宇之助 at 07:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ◯◯について考える

2011年09月22日のつぶやき

unosuke_cat / unosuke_cat
ん〜〜auがiPhone 5を出してきたら、やっぱりauにしたほうが『電話』としては、便利になるんだろうかな? at 09/22 20:35
posted by 宇之助 at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | にくきう

2011年09月20日

Green Espresso

伊右衛門のグリーンエスプレッソ

まぁ〜キリンが蒼井優で『紅茶エスプレッソ』出していたから、
サントリーが緑茶でエスプレッソ出してきてもなぁんの不思議もないわけで、
半発酵茶の紅茶がエスプレッソになって、
未発酵茶の緑茶がエスプレッソになったということは、
そのうちにJTあたりが、
発酵茶の烏龍茶でエスプレッソ出してくるんじゃなかろうか。

これが伊右衛門グリーンエスプレッソのCM


それでね・・・・・
まだyoutubeに登録されていないらしいので、サイトを書きだしておくけれど、
フィジフィルムのfinepix F600EXRのCM
http://finepix.com/f600exr/jp/
ここからAD GALLERYに入って、CM再生してみてね。

TVで見た時、あたしゃ最初
「ん?伊右衛門エスプレッソ別バージョン??」と思ったぢゃ。
posted by 宇之助 at 05:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然・そこはかとなく

2011年09月19日

ムムマッファ宮古島バージョン

トヨタパッソ・ムムマッファ宮古島バージョン


ひえぇ〜〜何言ってるかわかんなぁい!!
このゆるキャラはなにものぉ???
それと、この『ばってん荒川』さん似のこのおばちゃんは一体誰???

やっぱり「ムムマッファ」は仲里依紗バージョンがいいと思う私。



※すでに知っている人は知っている
 ムムマッファ:「ムム」=膝 「マッファ」=枕
 膝枕だぁね。
posted by 宇之助 at 09:59| Comment(1) | TrackBack(0) | こりゃぁ〜ダメだろう

2011年09月17日

2011年09月16日のつぶやき

unosuke_cat / unosuke_cat
「サントリーなるほどクイズ」 http://t.co/pEw5eKBN #naru_quiz2011
せいかいよぉ!!!!
 at 09/16 21:06
posted by 宇之助 at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | にくきう