2012年03月09日

佐野美術館 ねこ 岩合光昭 写真展 2012年04月21日〜06月03日

静岡県三島市(あたしがすんでいるところ)に佐野美術館という私立の美術館があるのね。
過去、この佐野美術館は
ボローニャ・世界絵本原画展
東山魁夷展
ピーターラビット原画展等の展示会を開催してきた。

http://www.sanobi.or.jp/

今回この美術館で開催されるのが『ねこ 岩合光昭 写真展』
2012年4月21日(土)〜6月3日(日)

そして、この写真展開催期間中「うちのねこ写真大募集」という企画が開催されるのね。
いかがその詳細
----------------------
うちのねこ写真大募集!
展覧会会期中、1階ロビーにご応募いただいた写真を展示します。当館までお寄せください。
写真をご持参いただいた方には入館料1割引いたします。

締切日:6月3日(日)
写真サイズ:L版プリント
応募方法:佐野美術館までご持参か、下記まで郵送してください
(厳選した1枚を提出してください)。
----------------------------------------------------------------
送り先:〒411-0838 静岡県三島市中田町1-43 佐野美術館「ねこ写真」係
----------------------------------------------------------------
※写真の返却はできませんので、ご了承ください。
※被写体に人物が入る場合は必ずご本人の承諾を得てください。
※写真のみの展示となり、お名前は入りません。
※写真はwebサイト等で紹介する可能性があります。

宇之助の写真撮らなくっちゃ。
posted by 宇之助 at 06:16| Comment(0) | TrackBack(0) | にくきう

2012年02月26日

ネコっていいね!倶楽部 公式フォトブック

ネコっていいね!倶楽部公式フォトブック

ネコっていいね!倶楽部公式フォトブック
著者:内田千秋
価格:1,365円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る


ネコっていいね!倶楽部 公式フォトブックが2012年2月22日の猫の日に発売された。

この本が発売された日の午後、あたしはJR三島駅の新幹線ホームにいた。下り新幹線ひかりの指定席をとり、その列車がホームに入ってきた時。

あたしのiPhoneの液晶画面に奈良の従兄弟からのショートメールが吹き出し状態で表示された。
「2012年2月22日 15:12に永眠いたしました。」と書かれてあった。この日叔父が危篤だというので、急遽奈良の病院へということで、ちょうど新幹線に乗ろうかという時のことだった。

2月22日のねこの日
猫だいすきだった叔父が亡くなった。約30年の闘病の末のことだった。
シンガポールでクモ膜で倒れ、阪大医学部からいくつもの病院を渡り奈良の病院で重度の身体障害の認定を受けての入院生活。
時川家歴代四代目お猫『宇之助』には会ったことがないけれど、その写真を見て、彼をこよなく愛してくれた。台風やら雪やら晴れた日にも、ことある毎にと麻痺した右手をひらがなプレートの50音上にスライドさせて「うのすけはげんきか?」と聞いていたという。

昨年、10月の終わりごろだっただろうか「ネコっていいね!倶楽部」が公式フォトブックを2012年2月22日ねこの日に発売開始すると発表したのは。そしてその本へ『載せても良いよ』というお猫をアップロードしてくださいね。というご案内が書き出されていた。多くの人が自分のお猫・街で出会ったお猫をアップロードしてくる。当然のことながら、載るか載らないかは編集の方に委ねられる。『宇之助』がネコの日に出てくる本に居てくれたら、叔父に送るか、持って奈良に行きましょうと決めていた。

2月22日、ネコっていいね!倶楽部 公式フォトブックは発行された。
でもそれどころではなかった。

2月22日が猫の日だったとふと思いだしたのは、翌日の23日の夜。通夜の僧侶の読経に「2月22日・・・・・・」という言葉から。「あ〜ネコ好きの叔父さんらしいなぁ。2月22日ってねこの日だったなぁ。」と・・・「そ〜〜いえばネコっていいね!倶楽部の公式フォトブック出たの昨日だったなぁ。」とふと思い出した。通夜・告別式は、奈良ではなく大阪の斎場で行われ、西中島南方の駅からすぐ北大阪祭典。新大阪からは御堂筋線で一つ目の駅。新大阪の駅ビルにも本屋はあったし、北大阪祭典の付近、目と鼻の先にもミニストップとローソンという2つのコンビニがあったから、ひょっとするとこの3箇所を覗けば、この本は手に入ったかも知れない。でもこういう時って思考が広がっていかないものなんだね。今になっておもうけれどさ。

23日の通夜、24日の告別式を終えて三島に戻ってきた。25日土曜日、私の手元に「ネコっていいね!倶楽部 公式フォトブック』が届いた。

時川家四代目お猫『宇之助』は、そこにいてくれた。
45ページ「コミカル編」の真ん中ひだり。新潟大学農学部醸造学科謹製・限定200本の日本酒「新雪物語」を抱いている姿。
107ページ「にゃんこの肖像編」のNo.25 高知の竹虎謹製・市場籠特大に乗って、これから病院に行くよという姿。
(このNo.25の写真は書籍の帯に印刷された猫写真(うしろの最下、右から3番目)にも出ていた)

IMG_0615.JPG



奈良には一冊さっそく楽天だったかAmazonだったかわすれたけれど、送った。叔父には渡せなかったけれど、位牌と骨の横にいてくれればと思うのね。
posted by 宇之助 at 14:58| Comment(0) | TrackBack(0) | にくきう

2012年02月18日

『被災していない僕達が頑張る!』

posted by 宇之助 at 20:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然・そこはかとなく

2012年02月05日

MT-311 SUMITA

新潟県新潟市に株式会社さいかい産業という企業があるのね。
そして、moreTrees(モア・トゥリーズ)という一般社団法人がある。more trees発起人は、坂本龍一、桑原茂一、細野晴臣、高橋幸宏、中沢新一(敬称略)発起人・賛同人一覧はここ。
http://www.more-trees.org/more-trees/supporters.html

さて、このmore treesが、さいかい産業と共同で開発して、岩手県住田町に建設された仮設住宅を暖めるために作られたペレットストーブが『MT-311 SUMITA』
IMG_0562.JPG

100台のMT-311 SUMITAが100台程寄贈されたのね。

MT:moreTrees(モア・トゥリーズ)の略
311:2011年3月11日 つまりあの地震の日
SUMITA:このペレットストーブが寄贈された岩手県住田町

上の写真は、プロトタイプとして、各ペレットストーブ販売会社向けに売りだされた一台。富士市の株式会社アイワのショールームに設置されたもの。

下の写真はうちのペレットストーブ。近藤鉄工「もだんろ」。この「もだんろ」もこのショールームで見て、ここで買った。
IMG_2269.JPG


さてっこのMT-311 SUMITA
まずは、この冬を仮設住宅で乗り越えるために開発されたもので、八畳程度のスペースを10kgのペレットで20時間温めることが出来る。

サイズ:幅40cm・奥行き40cm・高さ80cm

大きさはこれくらい。



「え〜狭い部屋でそんな燃焼するものを設置して一酸化炭素中毒が心配」という人がかならずいるんだけれど、一般的なペレットストーブはFF式の吸排気機能が基本なので、屋内の空気を燃焼に用いることは一切無いのね。

一般向けの販売は、今年2012年夏から秋になるらしい。
posted by 宇之助 at 18:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 知られていない作品

WANTED

ほほぉ、けっこうあそべるぞ。

元の写真がこれね。
DSCN0810.jpg

んで、作った指名手配がこれ。
MyWanted_Facebook (1).jpg

ここから作れるんだよ。
http://onepiece-ten.com/
posted by 宇之助 at 07:10| Comment(0) | TrackBack(0) | にくきう

2012年01月15日

バーミキュラ

あ〜しまったなぁ。
「がっちりマンデー」に出てきちゃったよぉ。
今でさえ手に入るまでに10ヶ月って言われているのに、注文しても2年待ちは覚悟しないといけないなぁ。

このバーミキュラって言うのは、愛知県名古屋市で1936年(昭和11)創業の愛知ドビー株式会社が2010年2月17日に発売開始されたホーロー鍋の名称なのね。
vermicular.jpg

ホーロー鍋で有名なところは、
ル・クルーゼ
クーザンス(1957年にル・クルーゼに吸収合併。(1553年創業で、ナポレオンが大砲の弾を作らせた会社)
あたしも一個だけクーザンス16cm片手鍋・正規代理店未発売品(並行輸入品)を持っている。
ストウブ(1974年、ポール・ボキューズとの共同開発で生まれたホーロー鍋)
シャスール(1924年創業。たしかこれが日本に入ってきたのも2010年だったように記憶しているけれど・・・)
まぁクーザンスは、今はル・クルーゼだから、
ご家庭奥さん好みのル・クルーゼ。シェフに愛好家が多いのがストウブというところなんだよね。

2010年の発売直前に、この鍋の資料を誰かにもらったんだよね。
1)鋳物ホーロー鍋でありながら『無水鍋』
  そんな鋳物ホーローは今までなかったのね。
2)鍋本体と蓋との密着は、
  この愛知ドビー株式会社は、もともと
  油圧機器やポンプ機器の製造メーカーで、
  その精密機器製造技術を用いているので、
  密閉度が高い。
  (あ〜だから無水鍋ができるんだぁと思ったけれど、
   「何故にそういうメーカーがホーロー鍋??」って
   思ったんだけれどね。)
3)このホーロー鍋はメーカー直販のみ対応。
  あ〜全国代理店展開すると、これ倍の値段になっちゃうぞと
  あたしでも思った。
  直販にするから、クルーゼ、ストウブと比較検討可能な
  価格帯に出来るんだと思った。
4)唯一の鋳物ホーロー無水鍋ということに加えて、
  この鍋はホーローが割れたときに、
  有料によるリペアサービスをしてくれる。

これは買いだなと思ったけれど、
工業製品の特徴としての1サイクル経過してからの改良・改善を待って(たぶん改良が加わるとすればホーローの関係だろうと)
1サイクルが6ヶ月〜1年として、どぉれと思ったら13ヶ月待ちと聞いた。
10ヶ月程度になったと思ったら
「がっちりマンデー」に出てきちゃったから、2年まちくらいになっちゃうかなぁ。

まぁ〜2年待ちだとすれば、
今から発注掛けておいて、バーミキュラ積み立てしていようかしらねぇ。
posted by 宇之助 at 10:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 物欲煩悩

2012年01月02日

あけましておめでとうございます。

IMG_0459.JPG


12月30日にお仕事が終わりました。
気分では
12月31日がなぁんとなく、ゆったりと長く過ぎて行って元旦の緩い感じ、
だから
2012年元旦は、1月2日のような感じ。

彼はことしもゆったりのんびり
IMG_0468.JPG


まぁ〜〜相変わらずだぁねぇ。
posted by 宇之助 at 09:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然・そこはかとなく

2011年12月22日

2011年12月21日のつぶやき

unosuke_cat / unosuke_cat
「新・音楽普及の思想」のレビューを書きました!

 この人のお別れ会では、中島みゆきが追悼歌とし...
http://t.co/gZvULsNT #bookreco
 at 12/21 05:57

unosuke_cat / unosuke_cat
ブクレコの書棚に「新・音楽普及の思想」を追加しました。
http://t.co/MxQp3KpY #bookreco
 at 12/21 05:42
posted by 宇之助 at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | にくきう

2011年12月03日

ペチカについて考える

慶應出身のダークダックスか
早稲田出身のボニージャックスが
歌っていたと思うんだが・・・・・
「雪のふる夜は楽しいペチカ・・・・」という歌。

子供の頃
「ペチカ」という物が一体どんなものなのかあたしは知らなかった。ただ、歌詞からすると『暖かいもの』であり『燃える』ということからストーブとかの燃焼装置であるということは(まぁ〜燃焼装置などというたんごはわかんねぇわけだけれど)なんとなぁく理解していた。

さてっ
森のエネルギー研究所』というところが編集に関わった「火のある暮らしのはじめ方」という本に、ペチカが載っていた。


薪ストーブ、家にあるペレットストーブ、と同類のものらしい。とはいうものの全景や図面が載っていないのでいったいどういう構造体のものなのかがさっぱりわからん。

というわけで、
いつものとおり安易にgoogle様に頼ってしまう私。

検索の結果はこんなところ。
1)「ペチカ」はロシア語でストーブという意味。
  厳密にはストーブのことを「ペチ」と呼び、
  最後の「カ」は○○ちゃん=子供。
  上記事項から、
  ロシアでは、
  ペチカ=小型のストーブ。
4)日本で言うペチカは、
  煉瓦でできた薪ストーブを言う。

煉瓦製の薪ストーブとは思いつかなかった。

んで、このペチカの長所は
1)熱容量が大きく室温が一定。就寝時に火を消しても翌朝に室温がぐんと下がることはない。
2)放熱率は小さく、放熱面積が大きいため表面温度は、触れて火傷を起こすことはない。
3)表面積が大きいから、室内空気への熱伝達もあり、対流と表面からの軟らかい輻射熱で快適。

一方、欠点
1)熱容量が大きいので、室内温度の調節が困難。ペチカの温度はすぐに下げられない。
2)一般的なストーブに比べて、占有空間が大きく、取り外し不可(据え置き)

そして
特筆事項として
薪ストーブに比べて薪の使用量がすくない。
薪ストーブは主として広葉樹専用となるけれど、ペチカは針葉樹を燃やすことが可能
薪ストーブは燃焼の最発生するタールが高温になり煙突火災を生じるが、
ペチカは煉瓦への熱伝導が大きいため、構造上タールが付着するけれど、発火温度の260度になることが無いため煙突火災が起こりにくい。

また、仕組みさえわかれば自分で作ることも可能。

あっちこっち探すと、ペチカを自作している人が結構多いのね。
いやぁ〜〜〜驚いた。

ペチカの構造を簡単に図で表しているのはここかな。
posted by 宇之助 at 18:44| Comment(3) | TrackBack(0) | ◯◯について考える

2011年12月02日

製作期間7年・製作費3億5,000万円 映画『アーチ&シパック』

製作期間7年・製作費3億5,000万円を掛けた
映画『アーチ&シパック』
「設定の奇抜さ」&「ストーリーの痛快さ」&「映像は最高級なクオリティ」と時と金と情熱を掛けた文句の付け所がないのに、そのテーマがテーマだけに、来年2月に日本公開されるまで6年の歳月が掛かってしまった作品。



これは
みてみたいぞ!!!

ちなみにこの作品の副題は『史上最も頑張る方向を間違えた“クソ映画”』
いやぁ〜〜すげぇコピーだ。
posted by 宇之助 at 19:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 愛すべきおまぬ