2013年01月05日

十二支のイタチのお話

まずは、誰もが知っている『十二支』のお話。
『ぷろろぉぐ』だぁね。

あるとき神様が「元旦にうちに来なさい。早い者勝ちで12番までの者を、1年間敬うように『王様』にしてあげよう。」と言ったという。
それをちゃぁ〜〜んと聞いていたのに、いつ神様の家に行くのか忘れてしまってネズミにそれを聞いたのが『猫』で、その問いに「1月2日だよぉ!!!」と嘘こいたのも周知の事実ね。

ネズミは、「ふっふっふ、これでマークすべきライバルがひとり消えたな。しっかし神様の家は遠いしぃ、あたしの歩幅では早く出発しても、後から来たやつに追い抜かれてしまうのは火を見るより明らかだな。これはちょっと考えないと・・・・・え〜と、一番早く準備して出発するのは、あのとき居た連中では・・・・あ〜『牛』だな。あいつにつれていってもらうとしよう。」
というわけで牛の家に行ってみると「のんびりゆっくり元旦に神様の家に着けるように、いまからお出かけしようねぇ」と出かけるところだった。
「よしよし」というわけで、牛の背中に乗って布団を敷いて『果報は寝てまて』と寝てしまった。
牛はぽこぽこと夜にのぉんびりと歩いて、元旦の朝、初日の出が登った頃に玄関にたどり着いた。朝日で目覚めたネズミは「はいおはよう!!」と起きて、牛の背中から頭に上がって、スキーのジャンプよろしく滑り降りて、トップで神様の家の玄関に飛び込んだ。

それでネズミが1番、牛が2番。
トラが3番目、
亀に負けたので「こんどは途中で寝ないぞ」と心がけたウサギが4番。
タツが5番。
うろこもあり、身体も長くて同じような体型だけれど、足が無いのでタツに負けたヘビが6番。
ウマが7番。
ヒツジが8番。
サルが9番。
トリが10番。

ここで、神様が「もぉ10番まででいいや。門をしめなさい。」と言って、門を閉めさせた。

閉まりかけた門にギリギリ飛び込んだのが11番目のイヌ。
入れないほどの門の隙間目がけて突進して、門をぶち破って転がり込んだのがイノシシで、12番。

これで十二支が決まった。

1月2日にのこのこやってきて、ネズミに騙されたのを知って怒って『Tom & Jerry』までに至ったオチをもっているのが、誰でもが知っている『十二支のおはなし』。

さてっ
このおはなしには、続きがあるのを知っている人は少ないのねぇ。
『桃栗三年、柿八年』の後には『梨の馬鹿目は十八年』という言葉があるのと同じであまり知られていないのね。

物語は正月三が日の最後の日、1月3日の神様の家で始まるのねぇ。
3日、神様の家には来客があった。それは『イタチ』。
イタチは、神様に文句を言いに来ていた。「あたしゃ、そんな『元旦に来てくれ。』という話は聞いていないんですがねぇ。聞いていたのに忘れてしまって『ネズミ』に騙された『ネコ』もかわいそうなんだから、なんとかしてやるのが神様の勤めでしょう。」というわけで、猫には『まねきねこ』という神様のお仕事を任せるようになったという。
さらにイタチははなしを続けた。
「まぁ、それはさておいて、あたしのところには、なんもそ〜ゆ〜はなしがきていない。皆に公平に話をしてから物事を行なうのが『公平』ってぇものでしょう。『十二支』はもう一度やり直しをしてもらいましょうかねぇ。」と言いだした。

行ったん決まってもう周知徹底をしたものが『無しね』というわけには行かないので、神様はイタチにこういった。
「十二支は12年に一度・一年間王様になれるようにしてあげたけれど、それではおまえは月に一度=年に12回王様になれるように取りはからってあげよう。毎月の最初の日はお前の日としよう。」

イタチは大喜びで、
「わぁ〜い!!イタチの日だぁ!!」と大声で言った。

神様は驚いて、
「だめだめ、これはみんなに内緒で特別なんだからね。それに『イタチの日』なんて付けたらモロバレだよ!!
だから『イタチ』の前に『ツ』をつけて、毎月の最初の日は『ツイタチ』というようにしよう。」

これが十二支のおはなしの全てなの。

2012年10月28日

40という数字

ここのところ『40年』というwordを立て続けに聞いた。
40年前というと、1972年
大阪千里中央の万国博から2年後、そうさなあたしは小学校6年生だった。

wikipediaで1972年を調べてみると、結構出てくるぞ。
ついこの前、終了したスペースシャトル。これが計画開発を発令された年。
グアム島で元日本陸軍兵士横井庄一発見。
札幌オリンピック開催。
ニトリ設立。
山陽新幹線・新大阪駅-岡山駅間開業。
高松塚古墳で極彩色壁画が発見される。
川端康成が逗子市でガス自殺。
千日デパート火災(死者118人)。
アメリカから日本へ沖縄返還。
田中角栄通産相が「日本列島改造論」発表。
アメリカ・アルカトラズ連邦刑務所で、フランク・モリスが仲間2人と共に脱獄した事が判明(映画『アルカトラズからの脱出』の原案)。
ウォーターゲート事件発覚。
カシオ計算機が世界初のパーソナル電卓「カシオミニ」を発売。
ミュンヘンオリンピック開催。
「シャボン玉ホリデー」が11年4ヶ月の放送に幕。
日本の鉄道開業100年。
柳家金語楼死去(享年71)。
パンダのランラン、カンカンが来園。

こんなところかな。

んで、なんでもあたしの今の勤め先が出来たのがこの年なんだそうな。日本で一番最初に創りだされた老人ホームの言ってみれば御殿場市店ね。この御殿場支店は創設後10年の40年前にできた。本店は50年前に浜松の一番はずれの三方原に創りだされた。あたしが磐田のYAMAHAに勤め始めた頃の1984年、この三方原に至る道は、うっそうと茂った細い道だったのを覚えている。そうだよなぁ大母体の聖隸がこの三方原に生み出されたのが戦前の結核療養所だったわけだからねぇ。人がやってこないところでないといけなかった訳だからね。

もうひとつ
あたしの母校が箱根駅伝に出場し始めたのが1972年・40年前だったそうな。40年連続出場して来たけれど、来年は出ないんだな。毎年毎年1月3日は、総合10位に入るかどうかヒヤヒヤさせられて、しっかり落ちて・・・・それでもしっかり予選会からのし上がって来たけれど、41回目に出場できなかった。何年か前には往路一位になったんだけれどね。
それでも笑っちゃうのは、番組終了時のテロップにはしっかり東海大学陸上部は登場してくるんだよね。この湘南のルートの整備・運営に関わっているからね。
駅伝に出場しなくても登場してしまう。おまぬけぢゃな。
この駅伝は視聴率上げるために、わざわざ中継ポイントでないと順位を出さない。いくらでもリアルタイムに順位を視聴者に提供できるのに、それをしちゃうと視聴率が下がっちゃうからね。垂れ流しでそのままのチャンネルにさせときたいんだよね。

まぁ〜40年ってぇのは、長いわなぁ。
posted by 宇之助 at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然・そこはかとなく

2012年09月28日

サンマーメンについて考える

「サンマーメン」というと、
「えっ秋刀魚がラーメンの上に乗っているの?」という人間が居るのは事実。頭の上に、京都のにしんそばの秋刀魚&ラーメン版をいめーじするらしい。

はっきり申しましょう。
サンマーメンは、
『秋刀魚ラーメン』ではありませぬ!!


サンマーメンというのは簡単に言うと、
昭和22年〜23年頃に横浜中華街で生み出された
『もやしメインの野菜あんかけ醤油味ラーメン』のことを言いますね。
サンマーメン.jpg

正式に漢字で書くと「生馬麺」となりまして、
生(サン)は「新鮮でしゃきしゃきした」
馬(マー)は「上に載せる」と言う意味があります。
「炒めた新鮮な野菜や肉を麺の上に載せる」ということなのね。

このラーメンの分布はそう広くなく、
発祥の地横浜中華街を含む横浜を中心として、東はいわゆる関東地方全体にゆるく分布していて、西は静岡県東部まで。
言ってみれば、横浜中華街の中華料理屋で修行した人が、地元に戻って広めたという分布状態であるのと、
関東圏の味の風土を享受していて、関東圏との流通が容易い、そして関東圏の情報・文化を得られる地域。

この静岡県だと、
言ってみれば、関東キー局を見ることが出来るエリアと見事にラップするのね。
だから、静岡県西部で「サンマーメン」というと、前述のとおり「秋刀魚ラーメン???」と言い出すのね。

ここしばらく
サンマーメンを食べていないなぁ。
これからの季節、サンマーメンが美味しい旬がやってきたということだぁね。


posted by 宇之助 at 06:10| Comment(0) | TrackBack(0) | ◯◯について考える

2012年09月17日

料理が苦手そうな女性の特徴 

『escala cafe』によるアンケート。対象:22歳-34歳の働く女性。によると、同じ女性から見た『料理が苦手そうな女性の特徴』として、以下の回答を得たそうな。
引用して書き出しましょうねぇ。

第1位:「味音痴」……38.1%
第2位:「お菓子ばかり食べる」……34.1%
第3位:「派手なネイルをしている」……33.5%
第4位:「食べ物の好き嫌いが多い」……30.1%
第5位:「食材についての知識がない」……28.0%
第6位:「家庭的なものに興味がない」……26.6%
第7位:「とても不器用」……21.7%
第8位:「料理の話をあまりしない」……18.2%
第9位:「おいしいお店をまったく知らない」……9.5%
第10位:「小食」……8.1%

「あ〜なるほどぉ。言われてみるとたしかにそうだよね。」と思える回答があるのとともに
「これが『関係ある』と結びついてしまうんだなぁ。」と思えるものも少なからずあるんだな。

2012年06月24日

あたしの脳みその中の連鎖記憶

昔、記憶法等の書籍を読んで、それを試してみたことがある。何故かというと、あたしは暗記というやつがどうも苦手なんだな。たぶん、『地理』、特に『世界地理』なぁどという科目は、「○○地方は、▽△気候」という現実の現象・事実を書いているわけで、単純にそれを『覚える』というほかに術はないんだな。
それがあたしはだぁい嫌いだった。でも高校1年の時、あたしのクラスに宛がわれた選択科目は『世界地理』だった。その担当教師はなにやら地理マニア、今でいうところの『地理ヲタク』というべき人で、辟易したのを覚えている。その教師が自己紹介の時「わたしは絶対に赤点はつけませんので、安心してください。」と言ったので、そのままあたしは安心した。
さて、高校1年の最初の中間テストの世界地理。テストエリアは『オーストラリア』。この地理が嫌いなんだから、こまかいことなんぞ一切覚えていない。言ってみれば『勘』だけで、このテストは受けている。
設問:オーストラリアの@の地域の特産物と、その理由を書け。
「え〜と、オーストラリアは、カンガルーとコアラと羊だぁな。特産物って言うんだからぁ・・・カンガルーとコアラは特産物ではないし特産物というと羊の『羊毛』だね。んで、その理由はぁ・・・・・・そこのが住みやすければおのずと増えるわな。てぇことは理由は『羊が住みやすいから。』だぁね。」
というわけで、やっぱり『×』だよね。

まぁ〜そぉんなわけで、いやなものもちょっとはお勉強しないとなぁ・・・・・なんとか楽に覚えておきましょうという方法がないかというわけで記憶法を試してみたというわけですねぇ。
その代表的な手法が連鎖記憶というやつなんだけれど、これのおかげで、何かのキーワードが琴線に触れるというようになると、芋づる式のしょーもない事項が思い出される、もしくは「どうなんだろう??」と調べなければいけなくなってしまう。というあたしの性格が災いしてくるんだな。
以前は、家にあった百科事典で検索かけて・・・・ところがその検索の最中にぺらぺらしていると面白いネタがあったりなんかすると、そこを読んでしまうんだな。いやぁ〜こまった。昨今は、サーチエンジンのおかげですんごく楽になったおかげで、、いわゆる『寄り道』も多くなったんだよねぇ。
 
あたしの文章を昔から読んでいる人たちにとっては、あたしの文章形態の構造とその理由がわかっただろうと思うんだな。

さてっ長いまえがきを経て、本題に入ってくると、あたしが気に留めたものは、
日テレの7月からのドラマ


このタイトル「トッカン」・・・・特別国税徴収官の『特』と『官』・・・いわゆる財務系業界用語なんだぁね。
予告CMを見て「なんじゃこれは???」というわけで、原作を買って読んでみた。最初に映像=予告CMが頭に入ってしまっているので、どうしても井上真央が入り込んでくるのが困るんだが・・・・・反面原作を読んでいくと、「あ〜井上真央を主人公に持ってきたい」という意図もわからないでもない。そのイメージからすると、井上真央を置かないと・・・池脇千鶴かなぁ。しっかり過ぎるかな。そうすると多部未華子・・・いやいや多部未華子はバラエティ路線だぁね。あ〜ほかのドラマの主人公だ。ん〜貫地谷しほり・・・・いやぁ〜この役柄は向かないねぇ。本仮屋ユイカ・・・・この人は助演女優賞向きでこの主人公に合わないなぁ。とどうでもいいようなことを考えながら一気に読んだ。まぁ〜面白いんだけれど、なんていうのかな、ERとか三谷幸喜作品的な『グランドホテル形式』的な構成要素がないんだな。一本筋なのね。まぁ〜あたしがグランドホテル形式的な構成を好むから・・・・しいて言うとアーサー・ヘイリーの『マネー・チェンジャーズ』的なものを好むから、どうも広がり感に乏しく思えてしまうんだろうかな。まぁ、原作は読んでしまったからドラマ見なくてもいいしね。このyoutubeの予告でも、「あ〜あの部分ね」というところがそこかしこに垣間見えるので、もういいなぁという感じ。

さてっあたしがこのドラマの触手を伸ばしたのは、このタイトルなんだが「トッカン」というと、特別国税徴収官ではなくて、ハンナ・バーベラ・プロダクションが1962年に制作した「Touché Turtle and Dum Dum」日本名は「突貫カメ君」


これ好きだったんだなぁ。
そうだそうだハンナ・バーベラ・プロダクションは、ワーナーに吸収されちゃったね。
日本で放送されていたものは、ほとんどが1960年代で、日本で最後に放送されたのは「ドラドラ子猫とチャカチャカ娘」だぁね。(アメリカでは実写版があったそうなんだが)


実写版見たいぞ。
そうだ見たいといえば、尻切れトンボで終わってしまった『タイムトンネル』ってだれか完結させてくれないかな?
ドラマそのものが39話の尻切れトンボなんだそうな。


なんだかしょ〜もない連鎖記憶だぁね。連鎖でもなんでもないな。
あたしのあたまのなかっていつもこんなものなのさ。
posted by 宇之助 at 17:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然・そこはかとなく

2012年05月20日

この祭り、乱れ咲き 9th

2012年5月20日(日)
この祭り、乱れ咲き 9th
またこのお祭りがやってきてくれたんだね。

IMG_0760.JPG


先々週は、
日曜日に商店街でお祭りしていて、
先週は、
土曜日に『三島バル』して、
日曜日に『富士通茶摘みイベント』して、
そして今週は、
今日、日曜日『この祭り、乱れ咲き 9th』

IMG_0764.JPG

今年の5月は楽しいのよね。
そういえば、2008年5月17日(この祭り、乱れ咲き 5thの前日)に閉店した『雑貨屋シュルイ』が、4年3ヶ月3日ぶりに『この祭り、乱れ咲き 9th』で限定open。

2012年05月07日

塩麹について考える

昨今、塩麹の完成品がスーパーで売られていることに驚く私。
行きつけの麹屋(ん〜麹屋の行きつけがあるというのも笑えるんだが、それ以外に行きつけの豆腐屋、行きつけの米屋、行きつけの醤油屋、行きつけの生鮮市場を持っている私)その麹屋の女将さんに「塩麹」のレシピを教わったのは、そうだなぁ〜味噌作りを始めた頃だから、かれこれ4年〜5年にはなるだろうかなぁ。

つまり、うちの冷蔵庫には、4年〜5年前から、常備品として塩麹が絶えずmaxで500g(原料麹重量)ストックされているということだぁね。

その発端はこんなかんじだったなぁ。
於:いつものいきつけの麹屋さん
あたい「この『塩麹の作り方』というのは?
    塩麹ってどういうものですか?」
おかみ「うちは麹屋でしてね、味噌も売っていますけれど・・・
    どうしたら麹を皆さんに使っていただけるか考えているんですね。
    どうぞこのレシピおもちください。」
あたい「あ〜なるほど。
    さっそく作ってみましょうね。
    え〜と麹を500gですか。」
おかみ「麹は1kg単位で売らせていただいていますので、
    (当時は1kg単位で、今はどうだろう?
     あたしはいつも1kg買ってくるのね。)
    500gの袋2つに分けてお渡ししますね。
    1つは次の時まで冷凍庫で寝かせておいてください。」

ちなみに、このいきつけの麹屋さんの麹は
1kgで¥800であります。

というわけで、塩麹を作り始めた。それが4年〜5年前のこと。

その時もらったレシピが
塩麹:500g
塩 :150g
水 :500cc

1)麹はほぐす。(麹屋さんのものは、いくつかの塊状態になっているので)
2)フタ付き容器(まぁ〜タッパだね)に入れ、塩を入れ混ぜる。
3)水を注いでかき混ぜる。
4)一日一回かき混ぜて2週間はフタをして常温保存。
5)それ以降は冷蔵庫保管。
posted by 宇之助 at 04:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ◯◯について考える

2012年04月24日

新幹線について考える

あたしの住んでいる静岡県三島市にあるJR三島駅は、
1964年に東京←→新大阪間が開通した東海道新幹線で、
『初期開通時点』におけるこだま停車駅設定以降に、唯一後に追加された新幹線停車駅が『三島駅』

あたしが幼稚園くらいの頃、
この新幹線ホームと車庫の位置は、貨物列車の引き込みエリアがあって、蒸気機関車が黒い煙を吐きながら貨物列車をあっちやらこっちやらもっていっていて、煙がぽっぽと右へ行ったり左へ行ったりしていて、面白かったのを覚えている。
まぁ、無理なのは当たり前だけれど、あれがそのまま残されていて蒸気機関車が動態保存されていたなら、もうすこし三島って観光的要素を持てたのかもしれないけれどさ、ちょうど江戸から明治に変わった時の日本伝統文化が「古く陳腐なもの」として排除されたのと同じで、『文明』的な近代科学技術っていうもの=新しきものが正義と誤って意識されてしまった結果なんだろうね。
まぁ、それは誰も責めることはできないし仕方のないことなんだろうね。
悲しいけれどね。

懇切丁寧に書きだしたにも関わらず、
「掛川と新富士があるよぉ」と言い出す人が絶対に居るので、詳細を書き出すと以下のとおり。
1964年(昭和39年)10月1日東海道新幹線開業
  開業時のこだま停車駅は12
  東京駅・新横浜駅・小田原駅
  熱海駅・静岡駅・浜松駅
  豊橋駅・名古屋駅・岐阜羽島駅
  米原駅・京都駅・新大阪駅
1969年(昭和44年)4月25日
  三島駅開業。
1972年(昭和47年)3月15日
  山陽新幹線新大阪駅 - 岡山駅間開業。

さてっ
この1964年から1972年
新幹線のウリは「揺れない」ということだったのね。
たしかに揺れなかった。
そして1972年3月15日
山陽新幹線開通特番が生で放送されて、MCの永六輔とその番組(たぶんNHKだろうな)の局アナが実際に列車に乗って、座席に付いているテーブルだったか、窓際のフラットスペースだったか忘れたけれど、ここに鉛筆を立てて、ずぅ〜〜〜っと「倒れない」という事を実証していたのね。
たしかにカメラが回っている時は倒れていなかった(「ずぅっと立っています。」と言っていたけれど、それが本当かどうかはわかりまへんなぁ。)

さてっこの新幹線の揺れというのが顕著になったのは、たぶん1976年(昭和51年)2月25日以降の若返り工事以降だと思うんだけれど・・・・まぁ〜これだけが原因というわけではなく、巡航速度を上げていったということもあるんだろうと思うんだな。そして「鉛筆が倒れない」という事象が必要なのかということもあったんだろうと思うんだな。
言ってみれば『過剰仕様』だぁな。

だれだって思うよね。
「多少揺れたって、安全に早く目的地についてほしい」てさ。

まぁ〜そんなところかな。

あ〜そうだそうだ。新幹線車両は『手作り』なのね。
あんがい、「えっそうなのぉ??」っていう人がいるのに、かえってアタシのほうが驚いてしまう。
車両=『車』=自動車=量産=ライン製造・・・というイメージがあるんだろうね。

だって、東京←→新大阪間を何台の車両が走っているか?厳密には分からなくっても
500台なんて断じて・絶対に走っていないでしょう。
300台・・・そんなに同時に走っているわけ無いでしょう。
時刻表見ればわかるでしょう。

それだけの車両しか走っていないんだな。機械化生産するほどの生産量は絶対に無い。
だから新幹線車両は手作りなのよね。

posted by 宇之助 at 19:46| Comment(2) | TrackBack(0) | ◯◯について考える

2012年04月22日

佐野美術館 ねこ・岩合光昭写真展

あいやぁ〜昨日2012年4月21日から
佐野美術館(静岡県三島市中田町1−43)で『ねこ・岩合光昭写真展』が開催されているのね。

行かなくっちゃ行かなくっちゃって言っていて、忘れていた。
我が家の宇之助くんの写真をとって、プリントして持っていかなくっちゃ。
入場料が1割引になるのと、もうひとつ、たしかどこかにそれらの猫の写真を展示してくれるとあったように記憶しているけれど、後者は記憶違いかな?

cat_iwago_01.jpg

cat_iwago_02.jpg


『ねこ・岩合光昭写真展』詳細

公益財団法人 佐野美術館
〒411-0838 静岡県三島市中田町1−43
TEL:055-975-7278 FAX:055-973-1790
posted by 宇之助 at 14:11| Comment(0) | TrackBack(0) | にくきう

2012年03月18日

バナナの皮について考える

バナナの皮を踏むと滑ってしまう。
この定説を元に『トムとジェリー』のトム。のみならずブル公。『じゃじゃ馬億万長者』のトマース銀行の頭取さん。『かわいい魔女ジニー』のバローズ大佐。『奥様は魔女』のスティーブンス邸のおとなりのグラディスさんの奥さん等限りない数の人々(時にお猫にお犬まで)がすってんころりんと転んできた。
っと、ながながと固有名詞を書き連ねてきたんだけれど、その定説をひっくり返そうとしてあたしはこの文章を書いているのではないんだな。
バナナの皮を踏むと滑るというのは、事実。

今日、あたしが書き出したいのは、バナナの皮の剥きの割れ、つまりバナナを食べるまでに至る皮の剥きの工程数に関する考察。
前述の『トムとジェリー』とか『ハンナバーベラ』アニメ等で登場人物(動物)たちがバナナを食べようとして皮をむく時、皮が向ける向きは3方向、皮を剥いて食べる前までは3工程。バナナの皮は三方割れなのね。
そのイメージを頭に浮かべながら、実際のバナナの皮をむくと、どうしても皮が向ける方向は4方向、バナナの皮は四方割れだった。

さいきん、やたらとバナナが安く売られているんだけれど、
『チキータ』とか『デルモンテ』ではなく、店頭で『フィリピンバナナ』と言って売られているもの。
以前はもっと大きかったように思うんだけれど、昨今のバナナって小さくなったのかしら?
それとも、ブランド物は相変わらず大きくて、何らかの理由である程度の自由化がなされて、それ以外のものが入るようになって小ぶりのものも入ってくるようになったのかしら???

最近、手に入るバナナの皮を向くと、どれもこれも三方割れなのね。
四方割れのバナナを探すほうがむずかしいんだよね。

子供の頃は、アニメのようにどうしても三方割れをしたいのに四方割れしてしまって、悔しい思いをし続けていたのに。あたりまえのように出来てしまうと面白くないんだな。

四方割れを求めてしまう私。

まぁ〜バナナの皮を剥く工程数を、能書きたれて考えているようなやつはなかなかいないだろうな。
posted by 宇之助 at 14:52| Comment(0) | TrackBack(1) | ◯◯について考える