2013年05月03日

うちの鍋

うちの鍋
結構あるんだなぁ。

鍋だけ書きだしてみるんだな。

まず第一番に出さなければアカンのが、やっぱりこれだね。
IMG_1986.JPG

キッチンダッチオーブン10.25inch
通称ビーンポットとよばれるやつね。
フライドチキンにアサリの酒蒸し、鍋料理に黒豆作りにまで登場するお鍋なんだな。うちのお鍋の中で最も働き者ではなかろうかと思うんだけれど、昨今は以下に登場するお鍋たちが幅をきかせつつあるんだな。

これは、うちの奥さんが買ってきたル・クルーゼ。
IMG_1985.JPG

さすがに万能の鋳物ホーローだぁね。

これも結構重宝する鋳物ホーローなんだけれど、実はレア物でね。
もう国内では手に入らないだろうね。
クーザンスの片手鋳物ホーロー鍋。
クーザンスは、1553年に北フランスのロレーヌ地方で創業して、ナポレオンが大砲の弾を作らせたメーカーなんだよね。1957年にル・クルーゼに吸収合併されて、ル・クルーゼの一シリーズとして存在していいて、たまぁ〜に正規に日本向けに投入するものがあるけれど、通常では日本国内未発売なのね。
この片手鍋は、いわゆる並行輸入品なのね。
IMG_1983.JPGIMG_1984.JPG

 
もうひとつレア物を。
ダッチオーブンの老舗ロッジが、もう製造を終了したもので、その前に何気なく手に入れてあったものなのね。
キャンプダッチオーブン5inch
IMG_1988.JPG

しかし、これは何に使ったら良いものか。まぁ〜コレクションでしか無いかなぁ。イメージが湧かないんだな。

最後が先月届いたバーミキュラ。
IMG_1923.JPG
posted by 宇之助 at 20:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然・そこはかとなく

2013年04月30日

バーミキュラが来たんだな

バーミキュラが届いたんだな。
http://www.vermicular.jp/index.html

何年前になるだろうか?
あたしがキッチンダッチオーブンを手に入れて・・・・・2年ほど経った頃かなぁ?このあたりの記憶がさだかではないんだけれど、このバーミキュラのご案内が届いた記憶があるんだな。
「ん??なぁにこのお鍋は??ほぉ〜〜ル・クルーゼみたいだな。ん??無水鍋ですと!!!アルミではなく鋳物のホーローでかぁ。ストウブ並なのかいな?あ〜蓋の裏に突起があるから『セルフベイスティングシステム』機能持っているんだね。やっぱりストウブとおんなじだぁね。やややこれはすごいぞ。」と思っていたんだな。
この案内が、このバーミキュラを使って見ませんか?というご案内であったのか、それとも単純なDMであったのかも定かではないんだな。愛知ドビー株式会社が、この鍋を完成させてから著名な料理人、料理研究家とか料理ブログを日々書いている人に使ってもらって口コミで鍋の良さを広めていったと書きだしていたけれど、著名な料理人でも料理研究家でも日々料理ブログを書いている人間でもないから、あたしは後者だろうなぁと思うんだけれど・・・・・
あの鍋はとりたてて宣伝ということをしていなかったはずだとすると、ご案内を頂いたんだろうか?
まぁ今となってはどうでもいいことだぁね。

それで忘れていた。
1年ほど経って「ん〜〜酢で煮るとかジャム作ろうと考えるとホーロー欲しいなぁ。そ〜〜いえば・・・・」と思い出したのがバーミキュラだったんだよね。

さて申し込みと思ったら13か月待ち(今は15ヶ月待ちだよね)ちょうどがっちりマンデー!!で紹介されてしまった時だったように記憶しているね。やややっと思ったけれど、ホーローの塗り回数を増やして、値段は据え置きという最後の申し込みの時に頼んだのね。(この後、この塗り回数を増やした正当な価格になっている。)

というわけで、500円玉貯金なるものをはじめた。
そして4月に来たんだよね。
こういう箱に入っているの。
IMG_1920.JPG


それで、箱を開くとこうなっているのね。
IMG_1921.JPG

 
一番上には「長い間お待たせいたしました。」の手紙。
dear.jpg

鍋を買って、こんなご挨拶をいただくとは思わなかったね。

ご挨拶の手紙とスタートアップガイドを取ると(スタートアップガイドがある鍋というのも凄いが)お鍋が出てくるのね。
IMG_1922.JPG


というわけで、
やっとお鍋が現れるわけです。
IMG_1923.JPG


サバ味噌作って、
ここのところはうちの奥さんが、ごぼうとえび芋と手羽元とタケノコ、大根の煮物を作っている。

ダッチオーブンとの一番大きな違いは、ホーローなのでそのまま保存鍋になるってことだぁね。ダッチオーブンは保存ができないからね。
まぁ〜どちらもお宝ね。
posted by 宇之助 at 17:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 物欲煩悩

5月はイベントいっぱいなのよぉ

いやぁ〜〜なんと5月はイベントがいっぱいなんだろうかなぁ。

三島バル
 5/11(土)12:00〜24:00
 三島市内
http://mishima-bar.net/

伊豆長岡温泉 よりとも政子バル
  5月17日(金)17:00〜24:00
  5月18日(土)11:00〜24:00
  伊豆長岡町内
http://www.izunotabi.com/2012/bar/

沼津港バル
  5月25日(土)
  沼津港
https://www.facebook.com/NUMAZU.MINATO.BAR

この祭り、乱れ咲き10th
  5月25日(土)10:00〜16:00
  5月26日(日)10:00〜16:00
  三島市立公園楽寿園(ジオパーク楽寿園とすればいいのに)
http://www.city.mishima.shizuoka.jp/web_event002876.html
あたしが知っている限りでは、三島商工会議所のTMOホール1階以外で開催されたのは
あたしンちお店の向かいの三島市役所駐車場で開催された第3回だけだと思うんだな。
とは言うものの
第一回と第二回を知らないんだな。

それと・・・・
5月19日は、清水町制施行50周年記念事業 梅津正樹文化講演会があるよね。

2013年03月17日

沼津港『びゅうお』

沼津港で配布されている「沼津港の歩き方」。左上にあるのが水門の「びゅうお」。
IMG_1817.JPG

ここの展望エリアに上がったら、ボランティアのおばさんたちが「説明させていただきましょうか?」と親切に説明を始めてくれた。
「水門部分は、静岡県が防災(主に津波)のために建造しまして、その上のこの展望エリアは沼津市が・・・・」と手持ちのファイルを開いて解説をしてくださった。
おもむろに
「どちらからお見えになりましたんですか?」と聞いてくるので、
あたしが「奈良。」と言うと、
この『奈良』というエリアは想定外の日本国エリアであったらしく、このおばさんの何秒かフリーズしてしまった。
(東京とか、神奈川とか山梨、もう少し西で名古屋というのが想定範囲なんだろうね。想定エリアとして、このおばさんの頭のなかの引き出しに『奈良』があれば
あ〜大仏さんよりは高さ何メートルですか?とかぜひ一度『せんとくん』にもおこしいただければ!!
とかツッコミがあったかもしれないが、
前述のとおりの想定範囲外ということで、フリーズを生じてしまった。

フリーズから再起動を果たしたおばさんは、『奈良』と言い出したのが静岡県人のあたしであったので、『奈良県民』であるあたしを重点的に一生懸命『びゅうお』の説明をしてくれている。あたしも含めて総勢4名が全て斑鳩の平城京からやってきたと、このおばさんは思い込んだらしい。(ごめんねおばちゃん、奈良県民は他の3人で、あたしは原住民なのよ。)

説明のおばさんの後ろで、
奈良の従兄弟の奥さんはケラケラ笑っている。

ん〜〜ほとぼりが覚めるまで『びゅうお』には近づけんなぁ。
posted by 宇之助 at 17:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 地域限定

2013年03月12日

あの日

2年前の3月11日は金曜日、天気の良い日だったのを覚えているんだよね。
あと3時間でお仕事おしまい。
「あ〜あと3時間だぁねぇ。」とぼんやりとしていたんだな。

突然・・・というより、ゆっくりと揺れは始まった、長い周期の横揺れが徐々に大きくなってきて、誰かが「地震!!」と言い出すまで気が付かなかった。言われて「あ〜たしかに」と。でもそれはだんだん大きくなってきた。
1階のフロアのほぼ真ん中の自分の机の位置から見える窓の外は職員駐車場の後ろに控える森。風がないのに強風に煽られたように木々の先端が左右に大きく揺れている。

ただこの時、
誰もが「この程度の緩慢な揺れだったら、すぐに収まる。」と思っていた。
でも、長〜いサイクルの横揺れは、ある程度の大きさを持ち、そして一向に収まらないで・・・・・突然、あたしの後ろの非常用ブザーが鳴り出して、非常用発電機の大型ディーゼルエンジンが黒い煙を吐き出して、起動し始めた瞬間、すべての電気が消えた。

誰かが「こういう時は避難用に窓を開けなくっちゃねぇ。」と言い出して窓を開け始めた。「おおっそれでは扉を開けてきましょうねぇ。」と正面玄関の二重の自動ドアを開きに行った。
自動ドアの扉上部の真ん中センサーに手をかざす。『開かない!!』
「もぉ〜また誰かメインスイッチをOFFにしたなぁ!!こんな時にバカタレが。」と思いながらメインスイッチを見るとONになっている。この時改めて「あ〜そうだ停電だった。」と気がつく。
まだ揺れはおさまっていない。
落ち着いているようでもやはり慌てているんだなぁと思う。手動で自動ドアを2つ全開する。

地震が収まったのはどれくらいたってからだろうか??
倒れたものもなく、ケガをした人間もなく、静寂の時が続いた。
停電はそのまま。
この時、やはり誰もが「この程度の地震だったら、すぐに電気がつく」と思っていた。
しかし、待てども待てども天井の照明は点いてくれなかった。
全ての電気がない状態で、周りがどのようになっているのか全く情報が入らない。

しかたないので、あたしの車を正面玄関横に持ってきて、TVをつけた。(地上デジタルが映し出せるようになっているからね)TVが付いた途端、鳴門の渦潮が映し出された。
鳴門の渦潮のように見えたのは津波に巻き込まれる家々だったのに気がつくのに、しばらく時間がかかったのを覚えている。この時初めて、さっきの地震がとてつもないものだということを理解した。

非常用コンセントにコンセントドラムをつけて、電話交換機、CTU、ONU、ルーター系を復旧させて、電話(ひかり電話なんだな)を復旧させた。
このあと随分たってから、Note-PCを持ってこさせて、インターネットを復旧させ手探りで情報を集めた。

家に帰宅し始めたのは、22:00を過ぎていたように思う。
御殿場市を抜けるまで、交差点の信号が停電で消えている所、発電機で復旧がされている所、通電しているところとまだら状態で、危険この上ないので交差点は常に徐行。
ちなみに、この地の電気が復旧したのは翌日の午前3:30だった。

ウチの奥さんは、大阪にセミナー出席。
我が家を守っているのは、お猫の宇之助だけ。

IMG_1590.JPG
家に入ったら、宇之助が「うにゃぁ〜」と抱きついてきた。
抱きついて、おもむろに「ごろごろ」を始めた。
でもやっぱり地震は怖かったんだね。
心配したんだよ。
でも、なかなか戻ってこれなくてごめんね。

長い長い一日がやっと終わったのを覚えている。
それがあたしの記憶。
posted by 宇之助 at 06:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然・そこはかとなく

2013年03月10日

ピンクのクラウン

トヨタが発表したクラウンのイメージカラーモデルは、ピンク。

クラウンのイメージからするとピンクという色は、どうなのかなぁ??というカラーであるわけだけれど、まぁ〜昔であれば『クラウン』というトヨタの車両は高級車というイメージだったんだろうけれど、中流意識の『マーク2』と共に過去のものだぁね。

乗り心地とか、安全性とかを考えたら、ヨーロッパ車にはかなわないでしょう。たしかに初期時点での故障・不良率というのはTQCの産物として日本車は最高だぁね。だけれど、長く乗りましょうねぇというトータルでの少ない劣化度合いと製品サイクルの長さを考えたら、外国車のほうに分があるんだよね。
日本車って「新しいほうが」というイメージが有るよね。
一方の外国車って、オールドモデルのほうが尊いという意識があるのよね。

話が横道にそれたなぁ。
ピンクのクラウンね。

このCMの中で、ジャイ子:前田敦子から『桃太郎』と呼ばれているピンク・クラウン。違和感がないんだよね。

posted by 宇之助 at 20:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然・そこはかとなく

2013年03月02日

初心者のための「きゃりーぱみゅぱみゅ」発声講座

有名なる「きゃりーぱみゅぱみゅ」さんであります。

フルネームは「きゃろらいんちゃろんぷろっぷきゃりーぱみゅぱみゅ」であることを知っている方は比較的少ないのではないかと思われます。昨今は、auとのコラボというよりauがスポンサーとなって、芝の増上寺でのコンサートが行われたことは記憶に新しい事項でありまする。



「きゃりーぱみゅぱみゅ」という発声は、アナウンサー泣かせといわれており、かのNHKアナウンサーですら公の場での発声が困難で、謝罪の言葉を述べているのが現状ではありますね。
ただ、けっこうしっかりと発声しているのが、フジテレビの女性アナウンサー群でありまして、
『噛む』という事項に対しての相当な対策が講じられた結果ではないかと考察されるわけです。

さてっ
それでは、初心者のための「きゃりーぱみゅぱみゅ」発声講座。
対象者:1)「きゃりーぱみゅぱみゅ」と発声して、
      ついつい噛んでしまう方。
    2)『噛む』というwordを聞いて、
      教えてあげたい人が居る方。

1)前提・準備すべきものは次のとおりです。
 a)頭のなかに『ドラえもん』をイメージしてください。
 b)『ドラえもん』が分からない、
  イメージ出来ないという方は、
  毎週金曜日19:00からテレビ朝日系の
  チャンネルを視聴されるか、
  春休み、夏休み、冬休み等に
  映画館に足を運んで『ドラえもん』の
  映画を鑑賞するか、
  ツタヤ等のレンタルCD,DVD,ビデオshopにて、
  『ドラえもん』とタイトルがついたものを
  レンタルして試聴するのが良いと思われます。
  補足事項として、
  旧声優陣による作品(ドラえもん:大山のぶ代)の
  ものが望ましいです。
 c)上記の媒体から注意して視聴すべき部分は、
  『どらえもん』が四次元ポケットから
  いわゆる『安易なる便利グッズ』
  (あたしは『Yロウ』と呼ばれるグッズが欲しいです。)を
  その名称を叫びながら
  取り出すシーンを注意してみてください。

2)上記c)で注意すべき事項で
  書きだした部分を頭に浮かべましょう。
 たとえば
 『どこでもドア』を
 四次元ポケットから取り出す時に
 ドラえもんは、
 「どこでもドア〜〜」と叫びながら
 出してくるのが常であります。
 (時としてレギュラー化したグッズは、
  ただ単にポケットから出してくることが
  あります。
  上記の『どこでもドア』は
  その傾向がありますので、ご注意ください。)

3)発声してみましょう。
 「どこでもドア〜〜」と
  発声してみます。
 注意事項:人混みの中、
      不特定多数が集まる場所等で、
      何の前触れもなく
      「どこでもドア〜〜」と大声を発すると、
      『どこでもドア』は
      非常に認知度の高い
      アイテムとは言えども
      周囲からの視線を痛いほどに
      受けなければならない
      という事となります。
      自らの責任で
      対応していただけるようお願い致します。

4)「どこでもドア〜〜」のアクセント、
  抑揚のまま単語を変えて発声してみます。
 「どこでもドア〜〜」のアクセント、抑揚を
 「きゃりーぱみゅぱみゅ」に変えて
  発生してみましょう。

 いままで噛んでしまった
 『ぱみゅぱみゅ』の部分が
 容易く発声出来ていると思います。
  
これであなたも初心者は卒業さ!!!

2013年01月23日

鑑定書

鑑定書をつくってみた。

ブログパーツ
posted by 宇之助 at 06:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 愛すべきおまぬ

2013年01月21日

こんなでっかいもの盗んでど〜すんぢゃい!!

ん〜〜〜
この人は、列車を盗んでなにをしようとしたんだろうかなぁ????そして、どうしてこんな大きな家に突っ込んでいるんだろうかなぁ???よくわかんないなぁ。
まぁ〜わかっていればニュースにはならないわなぁ。
そりゃそ〜〜だ。

2013年01月13日

アキレウスとジークフリードのお話

何日か前、
TVで、今は俳優の『竜虎』さんが、「現役時代、アキレス腱を切って・・・・・」と言っていた。アキレスの語源は、ギリシア神話のアキレウスで・・・・とここまで思い出して、アキレウスの神話と、ドイツのジークフリートの伝説が頭の中でごっちゃになっている事に気が付く。

「どっちもわかんねぇ」という人のために書き出すと・・・・・
アキレウスの弱点が踵の部分、これがアキレス腱の語源となったのね。不死身のアキレウスは、トロイア戦争で弓の名手アポローンに踵を貫かれて死に到る。

一方のジークフリートの伝説は、
ドラゴン(このドラゴンは「ファブニール」という名前なんだそうな)を剣で刺し退治して、ドラゴンの血を全身に浴び武器を受け付けない不死身の身体になった。このとき背中に菩提樹の葉っぱが一枚貼付いていて皮膚に血があたらず、ここが彼の弱点となった。この菩提樹の葉っぱの位置を槍で狙われて、背中から心臓を貫かれて暗殺されたのね。

きっと弱点を『貫かれて』という部分が、頭の中で入れ替わってしまって、
アキレウスがドラゴン退治をして血を浴びて、不死身の身体になって・・・・と思い込んでいたのね。「あれ?アキレス腱は両足にあって、菩提樹の葉っぱは1枚で背中のはずだぞぉ・・・・」というわけで、調べ直したんだな。アキレウスの不死身の原因は、母親が息子を不死の体にするために冥府を流れる川ステュクスの水に息子を浸した。そのとき、母親の手はアキレウスのかかとを掴んでいたためにそこだけ水に浸からず、かかとが不死とならなかった。ということなんだよね。

あたしの頭の中は、こぉんなことばっかり頭の中に入っているんだぁね。