2010年07月04日

モクアン 木庵

塚原新田の喫茶店「モクアン 木庵」
http://moku-an-cafe.jugem.jp/

時々この道は通っていたんだけれど、
このモクアンがオープンしている時に
通りかかったのは今日が初めてなんだな。

聞いたら
土曜・日曜のみOPENなんだそうな。

材木屋さんとして稼働しているときは
この場所を何度か見ていたのは覚えている。
家の前にフォークリフトがあって
おおきな四本柱の壁なし屋根があって・・・・
(ん〜〜〜なんという表現だぁ)

自家製のジンジャエールがすごくいい香り

いやぁ〜こういうお店があってくれることを
幸せに思うわたし。

またいかなくっちゃね。
posted by 宇之助 at 21:59| Comment(0) | TrackBack(0) | このおみせが好きぃ

2010年03月25日

ヨーガンレール 御殿場プレミアム・アウトレット 期間限定出店

ヨーガンレールが
御殿場プレミアム・アウトレットに
『期間限定プレミアム・オープン』となっておりますね。

開催期間:2010年03月31日(水)〜04月25日(日)
出店場所:プレミアム イベント スペース ウエスト250

まぁ〜いつもの
ロイヤルコペンとタグホイヤーの間の通路の奥だぁね。

ヨーガンレールというと、
やっぱりこの本を思い出す私。

posted by 宇之助 at 21:11| Comment(1) | TrackBack(0) | このおみせが好きぃ

2009年02月03日

静岡県三島市本町 増田屋食料品店

あたしは本当にこのお店が好きなのね。
でも、今年の3月末で閉店することになったそうな。

このお店で売られている「豆」は丹波笹山の豆。
「豆腐を作ろう」と言って、ここの大豆を買って豆腐を作った。
そのまえに、豆を茹でたんだが、それをその場で食べてみたら
「うまい!!!」
翌週、スーパーあたりで買ってきた豆があったので、
同じように茹でて食べたんだが、全然味が違う。

「素材」というものが大切なんだよとこのお店は
僕らに教えてくれた。

年末だっただろうかな。
テレビ朝日系の「食彩の王国」で「丹波笹山の黒豆」の
説明をしていた。
増田屋さんで買ってきた黒豆も丹波笹山の物だった。
TVの中で黒豆農家のおばちゃんが、
「おせちの黒豆作って、その豆が大きくふっくらしていたら、
 そのお豆は、ウチの畑のお豆です。」と言っていた。

3日がかりで黒豆を作った。
出来上がった黒豆は、大きくふっくらして、おいしかった。
「あ〜〜この増田屋で買った丹波笹山の豆は
 このおばちゃんの豆だよ絶対に!!。」と思うと
とっても嬉しかった。

「ネットジャム劇団」と呼ばれる集合体で
初めて凧揚げ大会をやった翌週だったように
記憶して居るんだけれど、
たしか1998年の2月だったと思うんだが
あたしが通っていた割烹料理屋で「なのり」が話題になった。
これは伊豆の特産品で、
岩に付着した海苔類をかきとってよく洗って干したものなのね。
どういうものかわからないというので、
増田屋さんに買い求めに行ったんだが、店の中にない。
「あのぉ〜〜『なのり』は無いですか?」と訪ねると、
たぶん若旦那のおばあさんだろうと思うんだけれど、
「今年は自信を持ってお売りできる物がありませんでした。
 申し訳ありません。今年はありません。」と
きっぱりと言われた。
「良い物が無いから売らない。」と言ってくれた。

売れないではなく「売らない」なのね。
これは偉大なことなんだよね。

そうそうっ
若旦那の世界漫遊の話も聞いたねぇ。
アフリカにも「納豆」があること。
家を継ぐのがいやで海外に逃げたとき、居候したのが
イラクだったかイランの友人のところで、
(このあたり、国名がさだかではないんだが)
その相棒が『ハウス食品』の人間で、
その異国で「豆腐の味噌汁のみてぇなぁ」ということで、
豆腐を作った話をしてくれた。
のちにこの経験を元に、ハウス食品の相棒と
「ハウス本豆腐」を作り出したことを教えてくれた。

お店が閉じてから、また若旦那は世界漫遊に出るのね。

それから、
あたしのお勤め先には、自衛隊を定年退官した人たちが
何人か居るんだけれど、
御殿場の自衛隊基地で、食料調達関係の仕事をした人は
必ず「増田屋」さんのお世話になっているそうな。
「増田屋」さんの佃煮は、自衛隊基地への納入品なのね。
「何度も増田屋さんには行ったよぉ。
 若旦那も知っているし、お父ちゃんも知っているよ。」と
言っていたね。

なくなっちゃうのは悲しい。

でも「増田屋」という文化を守れなかったのは、
本当においしいものを知って伝えるということを
怠ったのは、僕らなんだろうね。

posted by 宇之助 at 20:42| Comment(0) | TrackBack(0) | このおみせが好きぃ

2008年09月08日

我が家の味噌「板倉こうじ製作所」麦味噌

昨今お気に入りの「板倉こうじ製作所」なのね。

本業は「こうじ屋」さんなのね。
量り売りでお味噌を売っているんだよね。
http://www.kakitagawa.or.jp/member/itakura/itakura.html

お味噌キットも売っているんだな。
さすがに初心者には、夏の味噌造りはハードルが高いらしい。
秋風が吹いてきて、涼しくなったら作ってみようかなと思っているのね。

しっかりと麦味噌を買ってきた。
三島市内・清水町で
自家製の麦味噌を売っているところは少ないんだよね。
(たぶん、ここを含めて2箇所か3箇所だと思うんだけれど・・・)


大きな地図で見る
posted by 宇之助 at 20:38| Comment(4) | TrackBack(0) | このおみせが好きぃ

2008年05月23日

雑貨屋Shu-rui

card_001.jpg

「この祭り、乱れ咲き 5th」の開催前日の
西暦2008年5月17日で、雑貨屋Shu-ruiが閉店しましたですね。

んで19日以降、お店のお片付けでシャッターが開いていた。
あたしが前をとおるのは、いつも19時〜20時頃で、それも車だから
本当に通り過ぎるという状態でありましたですね。

「ちら」見ながら、日を追う毎に店内の空間が広がっていく。
そして昨日の木曜日の20時頃、
ほとんど中身の無くなったお店が姿を現していた。

ひょっとすると、
23日からは、「雑貨屋Shu-rui」トレードマークが描かれた
シャッターが常時姿を現す=閉じていることだろうね。

楽しかったね。
MAHO堂行きますね。
posted by 宇之助 at 05:41| Comment(1) | TrackBack(1) | このおみせが好きぃ

2008年05月21日

スカパー!の『旅チャンネル』・太田和彦の日本百名居酒屋・浜名湖を挟んで名店二つ・千代娘・貴田乃瀬

あたしの浜松の行きつけに「貴田乃瀬」というお店があります。
http://blog.kitanose.jp/

んで
スカパー!の「旅チャンネル」に
「太田和彦の日本居酒屋百名店」という番組があります。
http://www.tabi-ch.net/tabichnet_gourmet_izakaya_hyaku

この番組での紹介は2回目だぁねぇ。

とはいうものの
あたしんちはスカパー!の契約はしていないし、
ケーブルテレビは、ベーシック契約なので、
この「旅チャンネル」が入らないのね。

だれかスカパー!「旅チャンネル」の太田和彦の日本百名居酒屋
見ることが出来る人いる?

放送日時は以下の通りね。
#17
5/22(木) 21:00〜21:30
5/23(金) 8:00〜8:30
5/27(火) 26:30〜27:00
5/28(水) 17:30〜18:00
5/29(木) 21:00〜21:30
5/30(金) 8:00〜8:30
6/1(日) 18:00〜18:30
6/3(火) 26:30〜27:00
6/4(水) 17:30〜18:00
6/8(日) 18:00〜18:30
posted by 宇之助 at 22:33| Comment(0) | TrackBack(0) | このおみせが好きぃ

2008年04月01日

雑貨屋シュルイ

あたしのだぁいすきな雑貨屋シュルイさんであります。
http://shurui.fc2web.com/
http://blog.goo.ne.jp/shurui

残念ながら5月下旬に閉店するとのことであります。

開店してから9年半なのだそうで・・・・・
9年半前というと、1998年9月のオープンということですね。

この頃、何をやっていただろうかなぁと思い起こすと・・・・
http://www.netjam.ne.jp/listenlog/index.html
FMみしまかんなみ ボイス・キューで
毎週土曜日の16:00から、みぃんなで、お間抜け番組で遊んでいたのねぇ。
こんなことやって遊んでいたんだねぇ。

あたしはまだ浜松に住んでいたんだね。

まだ「丸平」さんは、おばあちゃんが金物屋さんしていたし、
御殿場プレミアムアウトレットがオープンしたかどうかというところ。

西暦2000年
あたしは三島に戻ってきたのね。
雑貨屋シュルイがあった。
「文化」の片鱗ってこういうお店がしっかりと存在してくれている事だと思うんだよね。

「あ〜三島に帰ってきてよかったなぁ」と思ったことを記憶しているのよね。

雑貨屋シュルイは閉店するけれど、
きっとその文化は他の形で花開いてくれるだろうね。
posted by 宇之助 at 01:19| Comment(1) | TrackBack(1) | このおみせが好きぃ

2007年06月24日

三五八食堂 三五八漬け(さごはちづけ)

福島県や山形県の郷土料理で、麹で漬けた漬物のこと。
名前の由来は漬床に塩、麹、米をそれぞれ3:5:8の割合いで使うこと。
古くから伝えられる麹漬の比率なんだろうねぇ。

あたしがこの「三五八」という言葉を知ったのは、つい最近で、
 発酵食屋台★★★Sagohachi
 〜継いでゆくもの、つながってゆく人〜
三五八食堂
http://blog.goo.ne.jp/naluleo というページがあるんだな。

いつも行く豆腐屋さんでこのお店の製品を手に入れたことから
知るようになったのね。
(ん〜製品と言う言葉が似つかわしくないんだなぁ。
 機械的な意味合いがしてどうも悲しいんだな。
 やはり作品だよね。
 言ってみれば、断じてWindowsではなくMacOSという感じ)

ここに三五八の語源となった糠床の作り方まで書いてくれてある。
http://blog.goo.ne.jp/naluleo/e/ca0fbee31b739c56132fb9f592512287

最初にこの語源の塩3:麹5:米8の比率を見て、
「ちょっと塩分高くないかしら?」と思ったんだけど、
やはり昨今では塩が多いらしく、控えめにしているというように
書かれてあるのね。
大前提のベースがあって、それを現在人に合わせてアレンジを
加えているけれど、あくまで3:5:8が基本なんだよね。

このベースとなる3:5:8という比率って、長いなが〜い間に
先人たちが考えてきたんだろうねぇ。

三五八食堂の作品うまいんだな。
でもせっかくレシピを書いてくれているんだから、
一度作ってみなければいけませぬ。

さてっ三五八食堂、ベースは移動店舗で
7月の出店予定は以下のとおりであります。
http://blog.goo.ne.jp/naluleo/e/ab3c2f87d3e116c7f4bc56b23be8ef9d
posted by 宇之助 at 13:47| Comment(0) | TrackBack(0) | このおみせが好きぃ

2007年05月04日

カフェ コルソ マルケ 38

最近おすすめなのよぉ!!!

三島にこういうお店があることに幸せを感じる私。
街中ではなく、こういう郊外にあるところがいいんだよね。
ぜひともエスプレッソを飲みにいってくださいませ。

http://www.pittorehayashi.com/38/


カフェ コルソ マルケ 38
posted by 宇之助 at 20:43| Comment(4) | TrackBack(1) | このおみせが好きぃ