2014年07月13日

ゴジラは、今年60周年なんだよね。

今年はゴジラが60周年つまり『還暦』なんだよね。

このゴジラの最大のライバルというと・・・・・
モスラ?
ラドン?
芹澤博士かもしれないし、
オキシジャン・デストロイヤーと言えなくもないわなぁ。

まぁ〜その中でも
なぁにを考えてこんなの思いついたんだ???というのが、
やっぱりキングギドラだろうね。
ベースがヤマタノオロチというなら、8つ頭にすればいいものを
それをすると、技術部門やら模型・きぐるみ製作等の裏方が面倒だから
頭3つにしちゃったんだろうな。
それをごまかすために、翼つけて、ゴージャス風な金色で目くらましなんだろうな。
キングギドラソフビ.jpg

ただ、3つの頭というとネタには困らないわけでしてね。
まぁ、頭が3つということだから、
向かって左から頭A、B、Cと便宜上決めて・・・・・

頭Aが、カツを食べるとする。
頭Cが、カレーを食べたとする。
すると、真ん中の
頭Bは、カツカレーを食べた気分になれるんだろうかなぁ??
カツカレー.jpg

同じく
頭Aが、カレーを食べるとする。
頭Cが、うどんを食べたとする。
すると、真ん中の
頭Bは、カレーうどんを食べた気分になれるんだろうか??
カレーうどん.jpg

ん〜〜
謎だ。

ゴジラ60周年に
こんなマヌケなことを考える奴は、まぁいないだろうな。
posted by 宇之助 at 20:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然・そこはかとなく

2013年09月17日

台風一過

台風.png


台風が行ってくれた。
『台風一過』という四文字熟語が今朝からTVで流れている。
ふと
聞いた音(おん)と思考回路で頭に結びつけた『文字』=思い込みの相違点を(あくまであたしの)思い出したので書き出してみることとしませう。

1)台風一過→台風一家
「そ〜〜だったのかぁ、台風って家族だったんだぁ。だから『ジェーン』とか名前が付いているんだな。(真っ先にジェーンが登場してくるってぇのも・・・・・)

2)汚職事件→お食事券
もう10年以上前だろうか、隣の部屋のテレビがニュースで「大蔵省の汚職事件」と言っていた。あたしは「大蔵省のお食事券プレゼントだとぉ!!」と思い込んでメモと鉛筆持って大慌てで走ってきたら、部屋の入り口でこけて手をすりむいた。

3)「あけてぞ今朝は別れゆく」蛍の光の歌詞
       ↓
  「開けて、『ぞけさ』(『ぞけ』さ(固有名詞)+方言:「たろさ」「五助さ」)は別れゆく。
  どこか開けて、村の若者、通称ぞけ(まぁ増作(ぞうさく)とかいう名前の人物のあだ名)(ぞけさ)が出て行くんだな。

4)蔦の絡まるチャペルで(学生時代歌詞)
       ↓
  「つたのからまるちゃ」「ぺるで」
  ペギー葉山が歌った「学生時代」(チャールズ・オスカー・ミラー記念礼拝堂)の冒頭の歌詞なんだが、
  子供の頃意味がわからなくて、「ツタノカラマルチャ」&「ペルデ」という謎の暗号を歌っている物と思っていた。

ん〜〜単純に思い出したものを書き出してみた。
  
posted by 宇之助 at 06:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然・そこはかとなく

2013年08月10日

辻占煎餅はフォーチュンクッキーのルーツなんだってばさ。

AKB48がさしこセンター曲として発表してきた「恋するフォーチュンクッキー」。でもフォーチュンクッキーがどんなものか知っている人があまりにも少ないので驚いている私。


いわゆる帰国子女で、チャイナタウン等で中華料理を食べたことがある人は、「日本の中華料理屋には無いんですよねぇ。フォーチュンクッキーが。」って必ず言ってくる。

んで、フォーチュンクッキーを知らないやつには、
「割ると占い、いわゆるおみくじが出てくるクッキーなんだよ。
 だから『さしこ』がセンターで
『カモン カモン カモン カモン ベイビ〜〜〜占ってよ!!』って歌ってるでしょ!!」ていうと「あ〜そういう意味なんだぁ。」って言い出すんだな。

けっこうアメリカ映画やアメリカドラマなんかに登場してくるんだけれどね。
チャイナタウンで中華料理食べるシーンが結構出てくるのが、いわゆるマフィア関係の映画ね。
ゴッドファーザーにも登場していたように思うんだな。

たしかコロンボにもフォーチュンクッキーは出てきていたんだけれど、その時の訳は『辻占』(つじうら)って言っていたのを記憶しているんだな。


たしかにアメリカでこのフォーチュンクッキーを広めたのは日本人なんだけれど、日本の中華料理屋にはこのシステムそのものがない。中華街でもこのクッキーが出てきた記憶もないんだな。
そしてアメリカ&カナダの中華料理屋でこのフォーチュン・クッキーを割って楽しんでいる人たちのほとんどが『中国がルーツ』だと思っているんだな。

フォーチュン・クッキーが何故アメリカ・カナダのチャイナタウンの中華料理屋で広まったかというと、一人の日本人庭師 萩原 真という人物が深くかかわっているんだな。
じつは、この萩原 真さんについては、日本のWikipediaには出ていなくて、英語版のWikipediaに『Makoto Hagiwara』と出ている。
http://en.wikipedia.org/wiki/Makoto_Hagiwara

西暦1894年、カリフォルニア冬季国際博覧会が開催されたそうな。当初この博覧会開催期間アトラクションとして造られた日本庭園(The Japanese Tea Garden)が創り出されて、たぶんその庭園庭師として萩原真さんは居たんだろうね。
国際博覧会の半年の開催期間終了後の1985年、この庭園を恒久的な公園にするように提案して他界した1925年まで自らが庭園内に居住し公的管理人として公園の維持管理に努めていたそうな。

庭園、敷地内の茶屋を訪れた客にお茶請けとして、日本の北陸地方において新年の祝いに神社で配られていた辻占煎餅を配ったのが、フォーチュンクッキーのルーツなのね。
もし萩原真さんが辻占煎餅を配らなかったら、さしこセンター曲は『恋するフォーチュンクッキー』ではなく、きっと当初の計画通り『さしこ音頭』になっていたのではなかろうか。

The Japanese Tea Gardenで配られた辻占煎餅を作ったのはこのお店ね。
http://www.benkyodocompany.com/

遺族は園内に暮らし、庭園の維持・運営に従事したけれど、西暦1942年、第二次世界大戦の真珠湾攻撃による日米開戦から日系人強制収容により収容所に移動させられて、一時フォーチュンクッキーの歴史は途切れるのね。
大戦後、中華料理店がこの辻占煎餅を用いるようになったため、一般に普及し出して現在に至るわけね。
だからアメリカ系チャイナタウンをルーツとする中華料理屋はフォーチュンクッキーを出してくるけれど、中国系チャイナタウンである横浜中華街(たぶん神戸、長崎も)では、フォーチュンクッキーを出してこないんだな。

どこかの中華料理屋で出してくれないかな。
知り合いの中華料理屋さんに「フォーチュンクッキーだしてぇ!!」と頼み込んでみようかな。

萩原真の子孫 Erik Sumiharu Hagiwara-Nagataが書き記しているフォーチュンクッキーの歴史&ルーツ
http://www.hanascape.com/aboutus/fortunecookie/index.html

あらっ
ここまで書いて調べたら中華街の重慶飯店で「幸福餅」って名前で売っているぞぉ。この前行ったときには、店先にはかりんとうしか無かったぞ。
http://item.rakuten.co.jp/jukeihanten/3411002/
posted by 宇之助 at 14:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然・そこはかとなく

2013年06月03日

MADE IN JAPAN

最近この「Made in Japan」という文字を見なくなったよねぇ。
以前は、サイパンとかグアムとか行って「サンダル買うべ」といって買うと「Made in Japan」、「海パンかって泳ぐだよ」と買うとやっぱり「Made in Japan」だったけれど、昨今は何を見ても「Made in China」だぁな。

以前、『牛』模様で有名だった『Gateway』がブラウン管式モニターをセットで安く売っていたけれど、その時のモニターは『Made in Mexco』となっていたのを覚えている。「あ〜ブラウン管ってメキシコで作っているんだねぇ。」と感心したけれど、世界中でもうブラウン管も作っているところがあるんだろうかなぁ???

3月に我が家にやってきたバーミキュラ。
IMG_1923.JPG


この鍋の蓋をひっくり返すと、しっかりと「MADE IN JAPAN」って浮き出ているんだな。
IMG_2168.JPG


昨今手に入れたもので、うちで目にするMADE IN JAPANって本当にこれひとつではなかろうかなぁ?と思うんだな。
posted by 宇之助 at 10:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然・そこはかとなく

2013年05月03日

うちの鍋

うちの鍋
結構あるんだなぁ。

鍋だけ書きだしてみるんだな。

まず第一番に出さなければアカンのが、やっぱりこれだね。
IMG_1986.JPG

キッチンダッチオーブン10.25inch
通称ビーンポットとよばれるやつね。
フライドチキンにアサリの酒蒸し、鍋料理に黒豆作りにまで登場するお鍋なんだな。うちのお鍋の中で最も働き者ではなかろうかと思うんだけれど、昨今は以下に登場するお鍋たちが幅をきかせつつあるんだな。

これは、うちの奥さんが買ってきたル・クルーゼ。
IMG_1985.JPG

さすがに万能の鋳物ホーローだぁね。

これも結構重宝する鋳物ホーローなんだけれど、実はレア物でね。
もう国内では手に入らないだろうね。
クーザンスの片手鋳物ホーロー鍋。
クーザンスは、1553年に北フランスのロレーヌ地方で創業して、ナポレオンが大砲の弾を作らせたメーカーなんだよね。1957年にル・クルーゼに吸収合併されて、ル・クルーゼの一シリーズとして存在していいて、たまぁ〜に正規に日本向けに投入するものがあるけれど、通常では日本国内未発売なのね。
この片手鍋は、いわゆる並行輸入品なのね。
IMG_1983.JPGIMG_1984.JPG

 
もうひとつレア物を。
ダッチオーブンの老舗ロッジが、もう製造を終了したもので、その前に何気なく手に入れてあったものなのね。
キャンプダッチオーブン5inch
IMG_1988.JPG

しかし、これは何に使ったら良いものか。まぁ〜コレクションでしか無いかなぁ。イメージが湧かないんだな。

最後が先月届いたバーミキュラ。
IMG_1923.JPG
posted by 宇之助 at 20:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然・そこはかとなく

2013年03月12日

あの日

2年前の3月11日は金曜日、天気の良い日だったのを覚えているんだよね。
あと3時間でお仕事おしまい。
「あ〜あと3時間だぁねぇ。」とぼんやりとしていたんだな。

突然・・・というより、ゆっくりと揺れは始まった、長い周期の横揺れが徐々に大きくなってきて、誰かが「地震!!」と言い出すまで気が付かなかった。言われて「あ〜たしかに」と。でもそれはだんだん大きくなってきた。
1階のフロアのほぼ真ん中の自分の机の位置から見える窓の外は職員駐車場の後ろに控える森。風がないのに強風に煽られたように木々の先端が左右に大きく揺れている。

ただこの時、
誰もが「この程度の緩慢な揺れだったら、すぐに収まる。」と思っていた。
でも、長〜いサイクルの横揺れは、ある程度の大きさを持ち、そして一向に収まらないで・・・・・突然、あたしの後ろの非常用ブザーが鳴り出して、非常用発電機の大型ディーゼルエンジンが黒い煙を吐き出して、起動し始めた瞬間、すべての電気が消えた。

誰かが「こういう時は避難用に窓を開けなくっちゃねぇ。」と言い出して窓を開け始めた。「おおっそれでは扉を開けてきましょうねぇ。」と正面玄関の二重の自動ドアを開きに行った。
自動ドアの扉上部の真ん中センサーに手をかざす。『開かない!!』
「もぉ〜また誰かメインスイッチをOFFにしたなぁ!!こんな時にバカタレが。」と思いながらメインスイッチを見るとONになっている。この時改めて「あ〜そうだ停電だった。」と気がつく。
まだ揺れはおさまっていない。
落ち着いているようでもやはり慌てているんだなぁと思う。手動で自動ドアを2つ全開する。

地震が収まったのはどれくらいたってからだろうか??
倒れたものもなく、ケガをした人間もなく、静寂の時が続いた。
停電はそのまま。
この時、やはり誰もが「この程度の地震だったら、すぐに電気がつく」と思っていた。
しかし、待てども待てども天井の照明は点いてくれなかった。
全ての電気がない状態で、周りがどのようになっているのか全く情報が入らない。

しかたないので、あたしの車を正面玄関横に持ってきて、TVをつけた。(地上デジタルが映し出せるようになっているからね)TVが付いた途端、鳴門の渦潮が映し出された。
鳴門の渦潮のように見えたのは津波に巻き込まれる家々だったのに気がつくのに、しばらく時間がかかったのを覚えている。この時初めて、さっきの地震がとてつもないものだということを理解した。

非常用コンセントにコンセントドラムをつけて、電話交換機、CTU、ONU、ルーター系を復旧させて、電話(ひかり電話なんだな)を復旧させた。
このあと随分たってから、Note-PCを持ってこさせて、インターネットを復旧させ手探りで情報を集めた。

家に帰宅し始めたのは、22:00を過ぎていたように思う。
御殿場市を抜けるまで、交差点の信号が停電で消えている所、発電機で復旧がされている所、通電しているところとまだら状態で、危険この上ないので交差点は常に徐行。
ちなみに、この地の電気が復旧したのは翌日の午前3:30だった。

ウチの奥さんは、大阪にセミナー出席。
我が家を守っているのは、お猫の宇之助だけ。

IMG_1590.JPG
家に入ったら、宇之助が「うにゃぁ〜」と抱きついてきた。
抱きついて、おもむろに「ごろごろ」を始めた。
でもやっぱり地震は怖かったんだね。
心配したんだよ。
でも、なかなか戻ってこれなくてごめんね。

長い長い一日がやっと終わったのを覚えている。
それがあたしの記憶。
posted by 宇之助 at 06:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然・そこはかとなく

2013年03月10日

ピンクのクラウン

トヨタが発表したクラウンのイメージカラーモデルは、ピンク。

クラウンのイメージからするとピンクという色は、どうなのかなぁ??というカラーであるわけだけれど、まぁ〜昔であれば『クラウン』というトヨタの車両は高級車というイメージだったんだろうけれど、中流意識の『マーク2』と共に過去のものだぁね。

乗り心地とか、安全性とかを考えたら、ヨーロッパ車にはかなわないでしょう。たしかに初期時点での故障・不良率というのはTQCの産物として日本車は最高だぁね。だけれど、長く乗りましょうねぇというトータルでの少ない劣化度合いと製品サイクルの長さを考えたら、外国車のほうに分があるんだよね。
日本車って「新しいほうが」というイメージが有るよね。
一方の外国車って、オールドモデルのほうが尊いという意識があるのよね。

話が横道にそれたなぁ。
ピンクのクラウンね。

このCMの中で、ジャイ子:前田敦子から『桃太郎』と呼ばれているピンク・クラウン。違和感がないんだよね。

posted by 宇之助 at 20:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然・そこはかとなく

2012年10月28日

40という数字

ここのところ『40年』というwordを立て続けに聞いた。
40年前というと、1972年
大阪千里中央の万国博から2年後、そうさなあたしは小学校6年生だった。

wikipediaで1972年を調べてみると、結構出てくるぞ。
ついこの前、終了したスペースシャトル。これが計画開発を発令された年。
グアム島で元日本陸軍兵士横井庄一発見。
札幌オリンピック開催。
ニトリ設立。
山陽新幹線・新大阪駅-岡山駅間開業。
高松塚古墳で極彩色壁画が発見される。
川端康成が逗子市でガス自殺。
千日デパート火災(死者118人)。
アメリカから日本へ沖縄返還。
田中角栄通産相が「日本列島改造論」発表。
アメリカ・アルカトラズ連邦刑務所で、フランク・モリスが仲間2人と共に脱獄した事が判明(映画『アルカトラズからの脱出』の原案)。
ウォーターゲート事件発覚。
カシオ計算機が世界初のパーソナル電卓「カシオミニ」を発売。
ミュンヘンオリンピック開催。
「シャボン玉ホリデー」が11年4ヶ月の放送に幕。
日本の鉄道開業100年。
柳家金語楼死去(享年71)。
パンダのランラン、カンカンが来園。

こんなところかな。

んで、なんでもあたしの今の勤め先が出来たのがこの年なんだそうな。日本で一番最初に創りだされた老人ホームの言ってみれば御殿場市店ね。この御殿場支店は創設後10年の40年前にできた。本店は50年前に浜松の一番はずれの三方原に創りだされた。あたしが磐田のYAMAHAに勤め始めた頃の1984年、この三方原に至る道は、うっそうと茂った細い道だったのを覚えている。そうだよなぁ大母体の聖隸がこの三方原に生み出されたのが戦前の結核療養所だったわけだからねぇ。人がやってこないところでないといけなかった訳だからね。

もうひとつ
あたしの母校が箱根駅伝に出場し始めたのが1972年・40年前だったそうな。40年連続出場して来たけれど、来年は出ないんだな。毎年毎年1月3日は、総合10位に入るかどうかヒヤヒヤさせられて、しっかり落ちて・・・・それでもしっかり予選会からのし上がって来たけれど、41回目に出場できなかった。何年か前には往路一位になったんだけれどね。
それでも笑っちゃうのは、番組終了時のテロップにはしっかり東海大学陸上部は登場してくるんだよね。この湘南のルートの整備・運営に関わっているからね。
駅伝に出場しなくても登場してしまう。おまぬけぢゃな。
この駅伝は視聴率上げるために、わざわざ中継ポイントでないと順位を出さない。いくらでもリアルタイムに順位を視聴者に提供できるのに、それをしちゃうと視聴率が下がっちゃうからね。垂れ流しでそのままのチャンネルにさせときたいんだよね。

まぁ〜40年ってぇのは、長いわなぁ。
posted by 宇之助 at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然・そこはかとなく

2012年06月24日

あたしの脳みその中の連鎖記憶

昔、記憶法等の書籍を読んで、それを試してみたことがある。何故かというと、あたしは暗記というやつがどうも苦手なんだな。たぶん、『地理』、特に『世界地理』なぁどという科目は、「○○地方は、▽△気候」という現実の現象・事実を書いているわけで、単純にそれを『覚える』というほかに術はないんだな。
それがあたしはだぁい嫌いだった。でも高校1年の時、あたしのクラスに宛がわれた選択科目は『世界地理』だった。その担当教師はなにやら地理マニア、今でいうところの『地理ヲタク』というべき人で、辟易したのを覚えている。その教師が自己紹介の時「わたしは絶対に赤点はつけませんので、安心してください。」と言ったので、そのままあたしは安心した。
さて、高校1年の最初の中間テストの世界地理。テストエリアは『オーストラリア』。この地理が嫌いなんだから、こまかいことなんぞ一切覚えていない。言ってみれば『勘』だけで、このテストは受けている。
設問:オーストラリアの@の地域の特産物と、その理由を書け。
「え〜と、オーストラリアは、カンガルーとコアラと羊だぁな。特産物って言うんだからぁ・・・カンガルーとコアラは特産物ではないし特産物というと羊の『羊毛』だね。んで、その理由はぁ・・・・・・そこのが住みやすければおのずと増えるわな。てぇことは理由は『羊が住みやすいから。』だぁね。」
というわけで、やっぱり『×』だよね。

まぁ〜そぉんなわけで、いやなものもちょっとはお勉強しないとなぁ・・・・・なんとか楽に覚えておきましょうという方法がないかというわけで記憶法を試してみたというわけですねぇ。
その代表的な手法が連鎖記憶というやつなんだけれど、これのおかげで、何かのキーワードが琴線に触れるというようになると、芋づる式のしょーもない事項が思い出される、もしくは「どうなんだろう??」と調べなければいけなくなってしまう。というあたしの性格が災いしてくるんだな。
以前は、家にあった百科事典で検索かけて・・・・ところがその検索の最中にぺらぺらしていると面白いネタがあったりなんかすると、そこを読んでしまうんだな。いやぁ〜こまった。昨今は、サーチエンジンのおかげですんごく楽になったおかげで、、いわゆる『寄り道』も多くなったんだよねぇ。
 
あたしの文章を昔から読んでいる人たちにとっては、あたしの文章形態の構造とその理由がわかっただろうと思うんだな。

さてっ長いまえがきを経て、本題に入ってくると、あたしが気に留めたものは、
日テレの7月からのドラマ


このタイトル「トッカン」・・・・特別国税徴収官の『特』と『官』・・・いわゆる財務系業界用語なんだぁね。
予告CMを見て「なんじゃこれは???」というわけで、原作を買って読んでみた。最初に映像=予告CMが頭に入ってしまっているので、どうしても井上真央が入り込んでくるのが困るんだが・・・・・反面原作を読んでいくと、「あ〜井上真央を主人公に持ってきたい」という意図もわからないでもない。そのイメージからすると、井上真央を置かないと・・・池脇千鶴かなぁ。しっかり過ぎるかな。そうすると多部未華子・・・いやいや多部未華子はバラエティ路線だぁね。あ〜ほかのドラマの主人公だ。ん〜貫地谷しほり・・・・いやぁ〜この役柄は向かないねぇ。本仮屋ユイカ・・・・この人は助演女優賞向きでこの主人公に合わないなぁ。とどうでもいいようなことを考えながら一気に読んだ。まぁ〜面白いんだけれど、なんていうのかな、ERとか三谷幸喜作品的な『グランドホテル形式』的な構成要素がないんだな。一本筋なのね。まぁ〜あたしがグランドホテル形式的な構成を好むから・・・・しいて言うとアーサー・ヘイリーの『マネー・チェンジャーズ』的なものを好むから、どうも広がり感に乏しく思えてしまうんだろうかな。まぁ、原作は読んでしまったからドラマ見なくてもいいしね。このyoutubeの予告でも、「あ〜あの部分ね」というところがそこかしこに垣間見えるので、もういいなぁという感じ。

さてっあたしがこのドラマの触手を伸ばしたのは、このタイトルなんだが「トッカン」というと、特別国税徴収官ではなくて、ハンナ・バーベラ・プロダクションが1962年に制作した「Touché Turtle and Dum Dum」日本名は「突貫カメ君」


これ好きだったんだなぁ。
そうだそうだハンナ・バーベラ・プロダクションは、ワーナーに吸収されちゃったね。
日本で放送されていたものは、ほとんどが1960年代で、日本で最後に放送されたのは「ドラドラ子猫とチャカチャカ娘」だぁね。(アメリカでは実写版があったそうなんだが)


実写版見たいぞ。
そうだ見たいといえば、尻切れトンボで終わってしまった『タイムトンネル』ってだれか完結させてくれないかな?
ドラマそのものが39話の尻切れトンボなんだそうな。


なんだかしょ〜もない連鎖記憶だぁね。連鎖でもなんでもないな。
あたしのあたまのなかっていつもこんなものなのさ。
posted by 宇之助 at 17:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然・そこはかとなく

2012年02月18日

『被災していない僕達が頑張る!』

posted by 宇之助 at 20:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然・そこはかとなく

2012年01月02日

あけましておめでとうございます。

IMG_0459.JPG


12月30日にお仕事が終わりました。
気分では
12月31日がなぁんとなく、ゆったりと長く過ぎて行って元旦の緩い感じ、
だから
2012年元旦は、1月2日のような感じ。

彼はことしもゆったりのんびり
IMG_0468.JPG


まぁ〜〜相変わらずだぁねぇ。
posted by 宇之助 at 09:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然・そこはかとなく

2011年09月30日

DHL TV-Spot: "The International Specialists" 名曲「Ain’t No Mountain High Enough」

DHLが流している最新CM


”Ain’t No Mountain High Enough”
遠い昔ダイアナ・ロスが歌っていた曲だよなぁ〜〜と思っていたんだけれど、
もうひとつどこかで聞いた記憶があってどうもそれが思い出せなくて気持ち悪かったんだよねぇ。

ちなみにオリジナルはこれ


ん〜〜名曲だよね。
悩んで思い出したんだよねぇ〜〜〜。
これよこれ。

STAR TREK TNGのバーラウンジの主人「ガイナン」
ウーピー・ゴールドバーグ主演の名作「天使にラブソング2」の
エンディングテーマにこの曲は使われていたんだ。
いやぁ〜〜すっきりした。

あ〜そうそう
この映画はやっぱりこの曲「Joyful, joyful」
posted by 宇之助 at 07:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然・そこはかとなく

2011年09月20日

Green Espresso

伊右衛門のグリーンエスプレッソ

まぁ〜キリンが蒼井優で『紅茶エスプレッソ』出していたから、
サントリーが緑茶でエスプレッソ出してきてもなぁんの不思議もないわけで、
半発酵茶の紅茶がエスプレッソになって、
未発酵茶の緑茶がエスプレッソになったということは、
そのうちにJTあたりが、
発酵茶の烏龍茶でエスプレッソ出してくるんじゃなかろうか。

これが伊右衛門グリーンエスプレッソのCM


それでね・・・・・
まだyoutubeに登録されていないらしいので、サイトを書きだしておくけれど、
フィジフィルムのfinepix F600EXRのCM
http://finepix.com/f600exr/jp/
ここからAD GALLERYに入って、CM再生してみてね。

TVで見た時、あたしゃ最初
「ん?伊右衛門エスプレッソ別バージョン??」と思ったぢゃ。
posted by 宇之助 at 05:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然・そこはかとなく

2011年08月28日

ふと思うスティーブ・ジョブズ

「民衆にコンピュータを分け与えた男」

AppleのCEOを退任して会長になったわけね。
そういえば、3月のあの地震と津波の後すぐに、スティーブ・ジョブズは日本の従業員に、彼らや家族が被害を受けたら援助や支援をするという電子メールを送ったという。

日本の企業のどこも考えてくれないことが出来るということが、このappleという企業を物語っているんだろうね。

今回の退任は、健康上の理由ということだった。
この人の健康状態はここ何年かいつも話題になっていた。

そしてCEOの退任になったわけだぁね。
誰もが思うしあたしも思う。
「この人はあと何年・・・・」ある日突然訃報がということが来ないで欲しいと願うんだよねやっぱりさ。

スティーブ・ジョブズがもし居なくなったら『林檎』を手に入れるだろうかなぁと考えてみる。
 
 
 
きっと手に入れるだろうね。
『楽しければ』
きっと
posted by 宇之助 at 09:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然・そこはかとなく

2011年07月15日

ゴーヤも朝顔もひょうたんも

我が家のゴーヤに朝顔に千成瓢箪の状態がこれね。
IMG_0557.JPG
朝顔は、オランダ朝顔のルコウという直径2cmくらいの赤い花がいっぱい咲くものと、ヘブンリーブルーという青いヤツと、原種に戻りきっている何世代か我が家で花咲いている紫の3種類。
千成瓢箪は、よく七味入れになっているちいさなひょうたんね。
それとゴーヤ。

花が咲いてきたのはゴーヤだけだぁね。

これは裏側の家の中から写したものね。
IMG_0556.JPG

ともかく肥料は与えてあるので、葉っぱはでかく育っているけれど・・・・・朝顔はちっとも花が咲かない。屋根まで蔓が上がってしまって、さてこれからどうしようと悩んでいるところなのねぇ。
オランダ朝顔ルコウの葉っぱは、朝顔らしくなく、ゴーヤの葉っぱと似ているのね。
そ〜いえばヘチマもいたように思ったけれど、どうだったかな???
posted by 宇之助 at 06:34| Comment(2) | TrackBack(0) | 徒然・そこはかとなく

2011年06月12日

あたしは朝顔屋さんかいな

朝顔の種をまいたのが5月の連休明けだったかしらねぇ。
種まきをした直後から3月下旬の気温になってしまって、なかなか発芽してこなかったのねぇ。

それでも、ここのところの夏日というような気温でわさわさと育ってきた。
お勤め先からも「朝顔の苗を育てなさい。」というわけで、ともかく種まき。

IMG_0473.JPG
朝顔と言いながら、これはゴーヤ

IMG_0470.JPG
これ朝顔ね。葉っぱがもみじみたいなのは、オランダ朝顔のルコウ。
ちいさな赤い花が咲くのね。
 
IMG_0468.JPG
これは、夕顔だと思うんだけれど・・・

そろそろ出荷しようかなぁというところなのね。
しっかりと「朝顔屋さん」しているわたし。
posted by 宇之助 at 21:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然・そこはかとなく

2011年06月06日

ゴーヤとあさがお

我が家の今日現在のゴーヤとあさがおは、このとおり。

これはあさがお
IMG_0435.JPG
葉っぱが大きいほうが「ヘブンリーブルー」(だと思うんだが)で、ちいさい方が、直径2cmくらいの赤い花をいっぱい咲かせるオランダ朝顔「ルコウ」。
お向かいの朝顔は、もうしっかりと蔓が巻きついて上に登り始めたというのに、我が家の朝顔はいつもこの調子なんだよね。

一方のゴーヤはさらに情けないことにこの状態。
IMG_0434.JPG
ここ2日〜3日の気象状況のおかげでかろうじて芽を出してきたという状態なんだな。ゴーヤは胡瓜と一緒に育てるといいというので、胡瓜は2つか3つ接木苗を買ってこようかなぁ。

素人考えで「永田農法」しちゃろうかと考えてしまう私。
怖いもの知らずぢゃな。
posted by 宇之助 at 14:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然・そこはかとなく

2011年05月23日

昨今のあたしの頭の中は・・・・・

昨今のあたしの頭の中を占めるものは・・・・
お猫の健康管理、
「朝顔」と「ひょうたん」と「ゴーヤ」のグリーンカーテンをどうやってつくろうか。
包丁の研ぎ方を「自己流ではなく、どこかで教えてもらおうかなぁ」と悩んでいること。
畑のトマトの雨避けをどうしようか。
ナスと胡瓜とカボチャに西瓜、それと里芋が「無事に育ってくれるかなぁ。肥料(追肥)をどのようにやって行ったらいいかなぁ。」ということ。
台風2号やべえよな・・・・ということ。
手に入れてきた発電機を「月に一度5分ほど動かしてやらないといけないなぁ。どこに収納しておこうかなぁ。物置はだめだよなぁ。」ということ。
Facebookを「どうやって使いこなしてやろうか」ということ。


facebookデザインブック

facebookデザインブック
著者:早乙女拓人
価格:1,680円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る



仕事の事って、あたまの片隅にも無いということを記憶にとどめておこう。
posted by 宇之助 at 23:04| Comment(3) | TrackBack(0) | 徒然・そこはかとなく

2011年05月05日

NTT DoCoMo 森の木琴

たった一回だけ放送されたCM
たしかにあたしはこのCM見たんだよね。
たぶん日曜日のTBS「夢の扉+」を見ていた時だと思うんだけれど、記憶は定かではないんだよね。これほどのことを考えつくとは驚いたのを覚えているんだよね。

NTT DoCoMo 森の木琴


たった1回というとやはり思い起こされるのが
つい最近では幻の九州新幹線全線開通
祝!九州 九州新幹線全線開CM180秒


そしてやはりこれだよね。
『ティザー広告』の筆頭作品、
民衆にコンピュータを分け与えた男スティーブ・ジョブズが創り出した、
最も偉大なコンピュータの最初のCM
1984 Apple's Macintosh Commercial


コマーシャルメッセージが大好きな私。
posted by 宇之助 at 12:33| Comment(2) | TrackBack(0) | 徒然・そこはかとなく

2011年01月30日

からまりサラダ

ぷぷっ
ひらがな&カタカナで書くとオクラと納豆で、ねばねば糸が絡まっているようなサラダを思い浮かべちゃうよね。
正式に書きだすと、
「CALAMARI SALAD」

COOKPADのこれが分かりやすいかしら。
早い話がイカサラダだぁね。

FIREHOUSE FOOD Cooking with San Francisco's FireFightersのレシピだと、
6人前として
1)3ポンドの新鮮なイカを用意する。
  胴体と足を切り離して、胴体は軟骨を抜いて、輪切りにする。
  足は食べやすいサイズに切り分ける。
  そしてひとつまみの塩を入れたお湯で3分茹でて、冷水で5分冷やす。
2)赤ピーマン1個は1/4インチスライスする。
3)同様に黄ピーマン、通常のピーマンも同じようにスライスする。
4)にんにくは4片は、みじん切りにする。
5)1/2束のイタリアンパセリもみじん切りにする。
6)ケーパーは1/4を用意する。
  (こりゃぁ、日本では塩漬けの瓶詰めだよねぇ。)
7)紫玉ねぎは中ぐらいサイズを一個スライスする。
8)オリーブオイルを1カップ
9)ワインビネガー1/2カップ
10)粗塩&黒胡椒を少々。

全ての材料を大きなボウルにいれて、混ぜて
冷蔵庫に3時間〜4時間入れて冷やす。

というように書いてある。
英語のレシピブックは結構面白いんだよね。
箇条書きだから分かりやすいし。

いやぁ〜Calamariというのがイカというのは、目からウロコだったわたし。
イカは「Squid」としか覚えていなくてね。
「Tentacle」は触手だしね。イカやタコの足が「Tentacle」だよね。

イカは吸盤で『絡まりつく』から、
イカタコを食べる習慣のない英語文化圏に「Calamari」が伝わったのかと思ったら、ちがうんだな。
Calamariというwordは、イカスミの墨の派生で、ラテン語の「インクボトル」を意味するcalamariumがルーツなんだそうな。
西洋ではイカの墨で文字書いていたんかいな??
「インクボトルの黒インクとおんなじだなぁ」という発想からのwordなのかしらね??

本当にイカの墨で文字書いていたとしたら、
菜種油を燃やして、膠と練り合わせて「墨」を作っていた東洋のほうが進んでいたように思うんだが・・・・・・

ということはおいといて・・・・
からまりサラダは、ねばらないし、吸盤も絡みつかないんだな。
今度作ってみよう。

参考書籍(レシピブック)は、この本ね。
この本については、一昨年ここに書いてあるのねぇ。

posted by 宇之助 at 20:15| Comment(1) | TrackBack(0) | 徒然・そこはかとなく

2011年01月15日

名脇役について考える

一般的に「名脇役」というと、
洋画のテロップでいうと(主役=STAR)に対して、(助演=CO-STARRING)として使われる言葉だぁね。昔の映画やテレビドラマとかで、妙に記憶に残っている登場人物というところかしらねぇ。

思いつくままに書きだしてみると・・・・・

・グラディスさん:奥様は魔女(ダーリン・サマンサの二人が住んでいる家のお隣さん。)
「奥様の名前はサマンサ、旦那様の名前はダーリン。ごくふつうの二人は・・・・ただ1つ違っていたのは、奥様は魔女だったのです。」というオープニングで始まるアメリカコメディドラマ。
通称「おとなりのグラディスさん」
妻「あ〜〜た。あ〜〜た。サマンサが犬になっちまったよぉ。」
夫「お前、熱あるんじゃないか?」

・バローズ大佐(トニー少佐の上司) かわいい魔女ジニー
意外と知らない人が多い作品なんだよね。NASAの宇宙飛行士、トニー少佐(階級は確か少佐だと思ったがなぁ)が宇宙飛行に出かけたら宇宙船が軌道を離れて、南海の孤島に不時着。そこにあった壷のフタを開けたら魔女のジニーが出てきて。アメリカまで押しかけ女房して大騒ぎを起こすというおはなし。トニー少佐の上司がバローズ大佐で、魔法シーンを見るたびに「また頭痛がしてきた。」と独り言を言う。ジニーの殿であるトニー少佐は後の名作、ダラスの主人公「JR(ジェイ・アール)」役ラリー・ハグマン。

・頭取さん(トマース銀行頭取):じゃじゃ馬億万長者
 「わぁしら代々山育ち。鉄砲担いで山歩き・・・・」と狩りに出かけて鉄砲打ったら、石油の鉱脈に命中して石油が湧き出して、あっという間に億万長者になり、ビバリーヒルズの大邸宅の主に収まった田舎者クランペット一家のドタバタコメディ。あたしがだぁい好きな作品。TVシリーズは全編何度見ただろうかねぇ。リバイバルの映画もちゃぁんと持っているんだな。
 名脇役は、このクランペット一家のお隣さん。(不幸の矛先はやっぱりお隣さんなのね。)このお隣さんは、億万長者クランペット家のメインバンク「トマース銀行」(映画では違う名前)の頭取さん。すぐ失神する。そのたびに秘書のジェーンさんが米ドルをポケットから出して、鼻先でふりふりして臭いを嗅がせると「スッ」と起き上がる人、ものすごくわかりやすい守銭奴してます。

この他にも、死んだお母さんが、1928年型のT型フォードに乗り移って戻ってきた「母さんは28年型」とか、馬がしゃべる「ミスター・エド」とか、火星人が居候する「ブラボー火星人」とかあるんだけど、それらはおいといて名脇役を考えてみよう。


・小池さん:「オバQ」の名脇役。
筆頭に挙げなければならない人。シャランQつんくが「ラーメン大好き小池さん」の歌を創り出した程の名脇役。(よくぞ創ってくれたねぇ。と思った私。だけれど、この曲アッコちゃんの歌変えただけだろう。)
ちなみに番組内で小池さんがインスタントラーメンの作りかたを解説してくれる回があるんだけれど、彼が大好きでいつも作って食べているインスタントラーメンは、その作り方から『日清・チキンラーメン』であることは間違いないのねぇ。

・よっちゃん(ヨシコちゃん):魔法使いサリーの名脇役。
3人の弟「とんきち」「ちんぺい」「かんた」略して「トン・チン・カン」。エンディングテーマで「おやつあげないわよ!」が有名。ちなみにお父さんが個人タクシー(かっこいいアメリカンなイエローキャブなのねぇ、このタクシー)の運転手さん。

・ウインビー:ポパイの名脇役
ポパイに登場するハンバーガー好きのおっさん。口癖は「来週の火曜日に返すから、ハンバーガーおごってくれないかい?」
ウインビーを見るたびに、羨ましく思ったのを覚えている。あたしはハンバーガーというものが食べたかった。小学校に入る前だぁね。このころからあたしは食いしん坊だったんだな、でも、誰に聞いてもハンバーガーというものを知らなかった。そりゃぁそうだぁね。この日本にハンバーガーが登場するず〜〜っと前なんだから。小池さん同様に番組内でしっかりハンバーガーの作り方を解説する回があるんだよね。バーベキューしながらね。

・パーカー(アロイシャス・パーカー):大英帝国・大富豪ペネロープ・クレイトン=ワードの執事 サンダーバード
この人がイギリス大富豪のペネロープ・クレイトン=ワード家(イングランド・フォックスレイヒース)の運転手になる前は、金庫破りの名人なのよね。どこがどうなって運転手に収まったのか。まぁ〜前歴をベースにstoryが展開するものがあるんだぁね。ちなみにこの人が運転している通称ペネロープ号と呼ばれる車は、ショッキングピンクのボディカラーで前輪4、後輪2の「ロールス・ロイス・シルバーゴースト・ファンタム」(おっそろしいことに、RRの名車の名前を全部くっつけている豪華版なんだよね)象徴となるラジエターグリルからは機関銃2門、ロケットランチャー1基が出てくる。遠隔操作可能。この車両を後にロールス・ロイス社が実車を作ってしまったのは驚いたぁね。「パーカー」と呼ばれると「はいっお嬢様」というのが定番のセリフ。設定資料によるとパーカーの誕生日は西暦2013年5月30日。
実写版サンダーバードでは、このペネロープ号はRR(ロールス・ロイス)ではなく、フォード製だったのがとっても残念だったぁね。
posted by 宇之助 at 08:05| Comment(3) | TrackBack(0) | 徒然・そこはかとなく

2010年11月26日

三島・縦貫道の富士山

三島から箱根に上がる途中、伊豆縦貫道の現時点の三島側起点からの富士山。

mishima_fuji_001.jpg


三島からの富士山は宝永山(江戸時代の噴火口)が真正面に見えるのよね。
posted by 宇之助 at 02:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然・そこはかとなく

2010年11月24日

ほんぢつの富士山

宝永山が左側に見えるでしょう。
だから御殿場からの富士山なのね。
gotenba_fuji_001.jpg

先週は、雪なんて頂上付近にしか見えなかったのに、一気に雪山になってしまった。
富士山が白くなると、「あ〜〜冬だぁねぇ。」と思うのよね。

そして、
「やばいなぁ、そろそろスタッドレスにタイヤを替えないといつ雪が降ってくるかわかんないぞぉ!!」と心配になるのですねぇ。

そろそろ付け替えようか、コンチネンタルのスタッドレス
側面に雪の結晶が描かれていて可愛いんだよね。


posted by 宇之助 at 20:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然・そこはかとなく

2010年08月14日

山椒の佃煮

実山椒を手にいれたので、山椒の佃煮を作ってみた。

山椒の実が500g
醤油が180cc
酒が150cc
というところ。

sansyo_01.jpg
1)山椒の実を水にさらす。(この山椒は冷凍で送ってもらったものなので、そのまま水にさらして、そして枝から外したのね。)
2)5分〜6分茹でる。
3)ざるに上げて水気を飛ばす。
4)醤油、酒を沸騰させて山椒を入れて弱火で煮詰める。
 
 
 
 

sansyo_02.jpg
5)時々味見をしながら2度〜3度、100cc程度のお湯を足して煮る。
6)水分がある程度なくなるとできあがり。
sansyo_03.jpg
posted by 宇之助 at 21:17| Comment(2) | TrackBack(0) | 徒然・そこはかとなく

2010年08月07日

時をかける少女について考える

img_main01.jpg

筒井康隆文学のスタートラインに位置する作品であり、筒井康隆という人物を表舞台に引き出した立役者でもある。
「タイム・リープ」「タイム・トラベル」を日本の日本の映像作品において、はじめて民衆にしらしめた作品でもある。
また「ハーブ(ラベンダー)」に関する項目を、やはり日本にはじめて導入した作品とも言える。

筒井康隆文学における二大ヒロインの一人「芳山和子」が
かかわる作品。
(もうひとりのヒロインは、テレパス「火田七瀬」)

ふと調べてみたところ「時をかける少女」は
これだけあるんだなぁ。

* 1972年:タイムトラベラー(NHK少年ドラマシリーズ)
     主演:島田淳子
* 1972年:続タイムトラベラー(NHK少年ドラマシリーズ)
     主演:島田淳子
     ※筒井康隆文学作品にあらず。石山透作品。


* 1983年:時をかける少女((旧)角川春樹事務所)
     主演:原田知世、監督:大林宣彦
     ※「尾道三部作」の一つと数えられる。

* 1985年 『時をかける少女』
    (フジテレビ単発ドラマ、「月曜ドラマランド」)
     主演:南野陽子

* 1994年 『時をかける少女』
    (フジテレビ「ボクたちのドラマシリーズ」全五話)
     主演:内田有紀
     ※原作者・筒井康隆が出演した作品。

* 1997年:時をかける少女((新)角川春樹事務所)
     主演:中本奈奈、監督:角川春樹
     ※角川春樹が麻薬取締法違反で服役、
      出所後に制作した作品。
      出演者、関係者全て手弁当で参加したと言われる。
      宣伝を一切していなかった作品であるため
      存在を知らない人も多い。
      全編モノクロで
      ノスタルジックに創りだされた作品。
      ナレーション:原田知世

* 2002年 『時をかける少女』
    (TBS単発オムニバス
     「モーニング娘。
      新春! LOVEストーリーズ」内の一篇)
     ※主演:安倍なつみ

* 2006年:時をかける少女(アニメ映画)
    (「時をかける少女」製作委員会)
     主演:仲里依紗 監督:細田守
     ※実写映画の約20年後、
      2006年を舞台とした新たな物語。
      主人公の紺野真琴は、芳山和子の姪。

* 2010年:時をかける少女
    (映画「時をかける少女」製作委員会)
     出演:仲里依紗 監督:谷口正晃
     ※主人公は芳山和子の娘。



1985年の南野陽子主演作品と
1997年の角川春樹監督作品
そして、最新の仲里依紗主演作品を見ていないんだな。

最新版も見たいんだが、角川春樹監督作品がみたくてしょうがない私。

ちなみにNHK作品は、断じて「時をかける少女」では無く、
『原作が「時をかける少女」の「タイムトラベラー」という脚色品』
(「作品」とも呼べない。)
posted by 宇之助 at 07:10| Comment(2) | TrackBack(0) | 徒然・そこはかとなく

2010年07月13日

しじみ工場「木村水産」社歌

ん〜〜どうみてもヒットしそうもない映画
「川の底からこんにちは」
http://kawasoko.com/

まぁ〜〜こういう映画は期待して行ってはいけないと思うのね。
あの太宰治の「斜陽」映画化のクズさ・目一杯駄作映画さを
経験しているだけに、切実に思うのよねぇ。

この作品で笑えるのは、(あくまでホームページでね)
しじみ工場「木村水産」社歌だぁね。
これ最高!!!
すげぇぞ。
posted by 宇之助 at 20:05| Comment(2) | TrackBack(0) | 徒然・そこはかとなく

2010年07月01日

次の仮面ライダー

仮面ライダーWのあとの
次の仮面ライダーは『仮面ライダーOOO(オーズ)』
主人公はフリーター・・・・・なんだそうな。

フリーターの仮面ライダー・・・・・
特に明記する必要があったんだろうかな???

今までの仮面ライダーで、
定職を持っていたやつって、いたんだろうか????

posted by 宇之助 at 14:17| Comment(2) | TrackBack(0) | 徒然・そこはかとなく

2010年06月27日

相変わらずおまぬけ

低燃費少女ハイジ
第七話「お屋敷の人々」


ん〜〜相変わらずおまぬけぢゃ。
でもすきなんだなこれ!!!
posted by 宇之助 at 12:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然・そこはかとなく

2010年06月22日

ほんぢつの第三新東京市

本日の第三新東京市のお天気は晴れ。

daisan.JPG


入手したのは・・・・・
tamago.JPG
posted by 宇之助 at 20:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然・そこはかとなく

2010年05月10日

友人ottiの写真 アサヒカメラ5月号

「アサヒカメラ」 4/20発売のアサヒカメラ5月号に
あたしの友人「落合マサユキ」氏の写真が載っている。
(落合正幸:通称otti)

写真家otti・落合マサユキ氏
あたしが初めて出会った時、たしか1987年か1988年だった。
その時、彼はハードロックカフェ&トニーローマチェーン統括総料理長をしていた。

そのあと
BBS「シェフネット」を運営し、
「筆まめ」のプロデューサー、
オリンパス・デジタルカメラのユーザーサポート
を歴任していたことは知っていたんだけれど、
写真家になっていたとは知らなかった。
(何年かぶりに本人から連絡があったんだな。)



■「アサヒカメラ」 4/20発売 カラー5ページ
http://blogs.yahoo.co.jp/mametomo_otti/60551571.html
■「Neko Mon(ネコモン)」 4/5発売 カラー6ページ
http://blogs.yahoo.co.jp/mametomo_otti/60515090.html

あたしの勤め先の同僚も
「ほっと安心して見ることが出来る。」と言っていた。

自然の姿というものを写真に現す写真家は何人もいる。
でもそれらの多くが
その自然の姿のバック(土台)が問題で、
都会=人間世界の中で生きていかなければならない
哀れな人間以外の生体という表し方をしてくれる。
たぶん写真家としての立ち位置としては、
『人間世界』にいるというある意味の『楽』さが
あるのだろうと思うのね。
でもその写真の中の主人公は、
「明日、その人間世界の何か・機械的な何かによって
 命が奪われてしまうかも知れない。」という
悲しさを垣間見せられてしまう。
彼らにしてみればそれが真骨頂なのかもしれないけれど、
その悲しさというものが、とても悲しく・嫌いなんだな。

otti落合マサユキ氏の写真には、それがない。
その写真の主人公が生きているテリトリーに
彼らに礼を尽くし邪魔させていただいて、
彼らの視点で存在している写真なのね。

だから、
『安心して見ていることができる写真』と
同僚が評しているわけなんだな。
posted by 宇之助 at 01:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然・そこはかとなく

2010年05月05日

このカメラ32年使っているのね。

あたしがこのカメラを手にいれたのは1978年5月5日だった。

Nikonの「F一桁」フラッグシップ
ニコンF一桁機最後にして最高峰の機械式シャッター機
通称70年代のFと呼ばれた「Nikon F2」

Nikon F2.jpg
32年たってしまったのね。

ボディは
かれこれ2回ほどメンテ&オーバーホールをした。

レンズは、
500mmのレフレックスをオーバーホール&カビ取りしたねぇ。

このフォトミックファインダーを使っていた時期というのは短いのねぇ。
だから完全なるメカニカルカメラとなっているのね。

1959.06〜1976.04 Nikon F
1971.09〜1980.04 Nikon F2
1980.03〜2000.12 Nikon F3
1988.12〜1996.10 Nikon F4
1996.10〜2006.12 Nikon F5
2004.10〜  Nikon F6


ん〜カメラではなく、作品を出さないとはずかしいやね。
posted by 宇之助 at 06:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然・そこはかとなく

2010年03月31日

また雪かき

3月29日(月)のお昼頃から降り始めて
あっという間に20cmほど積もったそうな。

当日あたしはお休みだったから
この瞬間には立ちあっていないのね。

というわけで、また雪だよねぇ。
20100330_01.jpg

出勤早々から『雪かき』なんだわさ。
20100330_02.jpg
posted by 宇之助 at 05:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然・そこはかとなく

2010年03月14日

村井弦斎

muraigensai.jpg
文久3 年12月18日(1864年1 月26日)〜昭和2年(1927年)7 月30日

日本で最初に「食育」という言葉を使った人物。
報知新聞に1903年(明治36年)に連載され、その後出版された著書「食道楽」に書かれてあるのね。

『小児には徳育よりも、智育よりも、体育よりも、食育が先き。
 体育、徳育の根元も食育にある。』

食の安全が取りざたされていて
『食育』がど〜のと言われている昨今。
100年も前から『食』の根源というものを
言っていた人物がいたということは驚きだぁね。

いやぁ〜おどろいた。
posted by 宇之助 at 09:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然・そこはかとなく

2010年02月15日

2010年02月15日(月)は雪だろうか?

本日2010年02月15日(月)
お勤め先は雪だろうかな??

この30km離れた静岡県三島市ではわかりませぬ。
お勤め先は、静岡県御殿場市の御殿場インターの近く(正確には足柄サービスエリアに徒歩5分)、御殿場プレミアムアウトレットの1.6kmおとなり。

温度差4度

ちなみに金曜日、土曜日の天候は『雪』。

土曜日の状態がこれなのねぇ。
20100213_IMG_0021.jpg

いつもの駐車場に到着した時間の温度
(あたしの車には車外温度センサー(路面凍結等の情報表示のためね。だから温度の横に凍結注意マーク(雪)が点灯している。)
20100213_IMG_0023.jpg

車を降りたところ。
晴れていれば、この空に富士山が大きく見えるのよね。
20100213_IMG_0024.jpg

今日はどうだろうねぇ。
朝のお仕事「雪かき」はやだぁね。
posted by 宇之助 at 06:28| Comment(1) | TrackBack(0) | 徒然・そこはかとなく

2010年02月03日

昨日からの雪 2010.02.02

昨日の夕方からの雪のおかげで今朝はこのとおり。

いつもの通勤ルート
この後ろ200mは、御殿場プレミアムアウトレット
snow_2010_01.jpg

その約1分〜2分後
あたしのお勤め先への進入路
snow_2010_02.jpg

あたしのお勤め先
駐車場に車を止めたところから撮影ね。
んで、雪降ってきているんだよ。
snow_2010_03.jpg

このあと、今日最初のお仕事は『ゆきかき』
posted by 宇之助 at 05:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然・そこはかとなく

2010年02月01日

今日の雪2010.02.01

夕方から雪が降ってきた。
明日はきっと凍結しているだろうなぁ。

あたしの車はしっかりと雪化粧。
2010_snow_01.jpg

晴れたら、目一杯きったなくなっているんだろうなぁ。
2010_snow_02.jpg
posted by 宇之助 at 19:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然・そこはかとなく

2009年12月05日

富士山

三島からの富士山。
fuji_mishima.jpg


そしてこれが御殿場の富士山
fuji_gotenba.jpg


いよいよ寒くなってきたんだよねぇ。
あたしの車もしっかりとスタッドレスになっている。
コンチネンタルのスタッドレスは雪の結晶デザインがタイヤ側面に入っているんだよね。
posted by 宇之助 at 09:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然・そこはかとなく

2009年10月12日

The Games of the XXXI Olympiad(第31回オリンピック競技大会 Tokyo)

オリンピックの招致を広島・長崎がするんだとさ。
先週か先々週、東京が・・・・と言っていたばかりなのになぁ。
コンパクト化がど〜〜のと言われているのに、
広島・長崎間って450kmくらいなかったかぁ???
飛行機つかうわけだけどさぁ、その2箇所を移動しないといけなくなる人間のことをなぁんも考えていないべ。
2020年の開催地決定はまだまだ先のことで、きっとその頃には、忘れられていることだろうね。
4年後か??

東京オリンピックは落選したわけで、
そりゃ〜〜当然だろうなぁと思うわけだぁね。
都市の有利性とか、安全性とか、アクセスの良さとか
この時代に必要不可欠である事項だということはあるんだけれど、東京が、
もし初めてのオリンピックであれば、
「オリンピックを『まだ』開催していない状態で、
 これだけの情報環境が整っている。
 安全性が確保できている。
 物理的アクセス環境が整備されている。」
となるだろうね。

それだったら
余地という物はあっただろうけれど、
2度目の東京開催なんだよね。
・・・・ということを考えると、
上記の言ってみれば
『開催地のハードウェア』的なもの以外の
ソフトウェア的な環境=国際的な成長というものが、
満たされていないと判断されたのだろうと思うのねぇ。

つまり
見る側の人間=日本人がオリンピックで開催されるスポーツを視聴する状況を見れば一目瞭然であるわけだぁね。

たとえばね、
ゴルフにしてみても、見ているのは『ゴルフ』ではなく石川遼。
メジャーリーグにしても、『野球』そのものを見ていないで、『松坂』や『松井』『イチロー』しか見ていないんだよね。
だから、彼らが所属しているチームが、どういう状況で、どういう状態でその日勝ったのか、負けたのかということ
そのスポーツが最もその特徴を表している事項そのものを日本人は見ていない。

そのスポーツそのものを見ることが出来ない。

一つの『競技』がある国で創り出され、オリンピックという舞台で華開き、多数の国の人々によって『スポーツ』という形で世界統一規格の上でTOPを選び出す。
その『祭り』的な要素を楽しむ&鑑賞する、そしてその競技そのものを『賛美する』ということを日本人は出来ない。

つまりは日本人は『競技』を見るという『大人のスポーツ鑑賞』ということが出来ていない。
やたらとでかい日の丸の旗を振って、その競技そのものを見てないでしょう。
競技をライブ鑑賞しようという人々の邪魔になるだけだよね。
映画館やライブでガキが興奮して会場を走り回って周囲の人間達に迷惑を掛けている状態。
これが日本人のオリンピック鑑賞状態なわけね。

つまりは、
1回目は『国』というものを大人にするための
『触媒』としての開催だと思うのね。
2回目は国民が大人として存在していると、
多国が認めて初めて開催が認められるのね。

まぁ〜それを考えると
と〜〜〜ぶん無理だべ。

とあたしは思うんだがなぁ。
自国を見るではなく、その視点を排除して
『スポーツというものを見る』
という視点で見てご覧なさいませ。
posted by 宇之助 at 09:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然・そこはかとなく

2009年07月27日

本屋さん

本屋さんの出没エリア・・・・つまり本屋さんの中の棚のジャンルなんだけれど、昔に比べて居る場所が違うなぁと思うのねぇ。

やはりApple2を手に入れた1982年あたりから
Computer関係のところに入り浸って、特に当時の日本橋の丸善の3階の洋書売り場(日本橋の丸善が改装をする前は、3階が洋書売り場だったのね)で「Apple」「Apple2」「Computer」というキーワードで本を探し回っていたねぇ。

まぁ〜Macに関しては日本語の書籍はあるのが当然であるわけだけれど、Apple2は、日本語の書籍はほっとんどなかったから、丸善で洋書を買ってくるしかなかったのねぇ。

Computerというジャンルに入り浸ることが少なくなった昨今、どこにいるかというと「料理」と「猫」だぁねぇ。

ウチにある本で一番多い物は料理関係の書籍なのね。
posted by 宇之助 at 22:43| Comment(3) | TrackBack(0) | 徒然・そこはかとなく

2009年07月13日

Firefox 3.5のコードネームは「Shiretoko」


    


公開されたばかりのFirefox 3.5
コードネームは「知床(Shiretoko)」ということで、
「Discover Shiretokoキャンペーン」が
2009年6月23日 (火) 〜8月31日 (月) まで開催されておりまする。

この「Discover Shiretoko」のページのグラフィック
淡くて綺麗なのよねぇ。
posted by 宇之助 at 21:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然・そこはかとなく

2009年03月30日

8GB 1,980円

http://www.princeton.co.jp/product/flashmemory/pfu2ju.html

まぁ〜フラッシュメモリーの低価格化=大容量化は限度知らずでありまして、プリンストンのフラッシュメモリー、Xiao Jr. 8GBが1,980円で売られていたので、買ってきた。

8GB=8,192MBでありまして、
1984年にMacintosh、つまり初代Macがこの世に生まれて、
生みの親スティーブ・ジョブズがAppleを追われ、
改良型Mac PlusにHDが搭載されるようになったとき、
その容量はたかだか20MBだったのね。
それでも、Macはメモリーとハードディスクを食う化け物と言われていたんだよね。

そしてその20MBのHDがyano電子から売り出されたとき、
そのお値段は98,000円だったのね。

その時、
マイクロソフトがIBM PCのために生み出した(正確には他所から買ってきた)OS、MS-DOSのHD対応版は、8.1MB以上のHDをサポートできなかった。だから8.1MB以上のHDは強制的にパーティションで区切られていたんだよね。

20MBのHDの約400倍の容量を持ったフラッシュメモリーが、
当時のHDのわずか2%のお値段で買えるようになったというわけなのよね。

あと1年〜2年足らずで、きっとTサイズ
(テラバイト:1T=1,024GB=1,024,000MB)というものが
1,980円で買えるようになっている・・・・かもしれない


それとも、
2001年宇宙の旅に登場する
HAL9000型コンピュータのようにメモリーはホログラフィックメモリーになって、現在のシリコンメモリーではなくなっているかも知れないねぇ。

いやはや。

posted by 宇之助 at 17:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然・そこはかとなく

2009年03月20日

HazeではなくMistでもなくFogだべ

はてさて、祭日だと言うのに本日はお仕事の私であります。
「おしごとしちゃぁいけない」と言いたげに、
お勤め先周辺は『濃霧』であります。

こんななのよぉ!!
デジカメと肉眼とは視界が違うのねぇ。
けっこう先まで見えていて霧はそう深くないように見えるけれど、
実際は、白い対向車がヘッドライトつけていないと
すぐ近くまで来ないと解らないですねぇ。

fog_001.jpg

サンプルに、先日の雪の日の写真も置きましょう。
(ほぼ同位置なのよねぇ)
outlet_002.jpg
posted by 宇之助 at 16:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然・そこはかとなく

2009年03月16日

ホワイトデーの富士山

わが家から2分ほどのラーメン屋さんの駐車場から
撮影した富士山。
朝方は強風であったにもかかわらず、
雪がその風に吹き飛ばされず、
地肌が現れていないんだよね。
冷え込んだので、また降ったんだなぁ。
fuji_20090314_001.jpg

日曜日が暖かかったので、
また積もっているというようなことは
ないと思うんだけれどなぁ・・・・・
posted by 宇之助 at 00:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然・そこはかとなく

2009年03月13日

スタッドレスタイヤ

はてさて、
雪が積もったのは先週だったぁねぇ。

昼頃から降り始めたのよね。
建物の中の吹き抜け部分のステンドグラス
gotenba_jyuji_-001.jpg

gotenba0001.jpg
だんだんひどくなってくる。
あたしの車にはだんだん雪が降り積もってくる。
(帰るときには、
 フロントガラスもウィンドウもリヤガラスも雪でまっしろ
 真っ黒な車が全部真っ白になっていたのよぉ。)
car_001.jpg
まぁ〜寒い国の車だから雪には強いけれどねぇ、
家に帰ってそのままにしておいて翌日、
雪が溶け落ちた後の車の汚さには閉口するんだよねぇ。

やって来るはずの業者さんに電話して
「雪がつもってきたから、今日はだめよぉ!!」と
電話をかけまくる。

17:30になった途端に、
お片付けそっちのけで帰るわけでありますねぇ。

さてさて翌日。
あたしのお勤め先は御殿場市の一番奥
東名御殿場インター近く
&御殿場プレミアムアウトレットのおとなりさん。
東名は沼津←→大井松田間で閉鎖になっているので、
インター周辺の道路は大型トレーラーが止まったままでして、
おかげで大渋滞となっているわけですねぇ。
これアウトレットまで500mの道路ね
outlet_001.jpg

outlet_002.jpg

そして、あたしのお勤め先は、いつものとおりで
こうなんだわぁ。
もれなく本日のお仕事は「雪かき」だぁね。
そして、正面のお勤め先駐車場に到着するちょっとまえの
この状態で、
既に始業時間は過ぎている。
雪が降るとこうなっちゃうのよねぇ。

gotenba_jyuji_001.jpg

翌々日、
行きつけのタイヤ屋さんに行ったのね。
「そろそろスタッドレスタイヤを
 3シーズンにかえませんか?」という。

「15cmつもってるのよぉ!!」と
この写真をみせた。

「あ〜御殿場のお客さんが皆、交換キャンセルなんです。
 こういうわけだったのねぇ。
 そりゃぁ〜〜だめだわ。」と妙に納得していた。

だからあたしの車も
まだコンチネンタルのスタッドレスタイヤが
ついているのよね。
posted by 宇之助 at 22:55| Comment(1) | TrackBack(0) | 徒然・そこはかとなく

2009年02月28日

誰か作ってくれないかしら

フィルム式カメラのフィルムパトローネ型のデジタルカメラユニットというものを誰か作ってくれないだろうかな。

つまり
フィルムパトローネ部分(未使用フィルムロール)と、
撮影済みフィルム巻き取り部分が、
フィルム感光部分によってつながっている形だぁね。
なぜにこのような形になるかというと
フィルム送りの回転つめと、巻き上げレバーが連動しているから
この形は外せないのね。

ただ、デジタルユニットの「写る」ための電源ONを
どのようにしたらよいのか

だれかフィルム式カメラに入れて使う
デジタルカメラユニット作ってくれないかなぁ。

posted by 宇之助 at 22:48| Comment(2) | TrackBack(0) | 徒然・そこはかとなく

2009年01月18日

ラーメンガール

この映画
ワーナー作品なのね。
http://wwws.warnerbros.co.jp/ramengirl/

日本映画でラーメンは、
故伊丹十三の「タンポポ」があるのね。

今回のラーメンガールの脚本を書いた
ベッカ・トポル(脚本) / Becca Topol(Writer)は
このタンポポのファンだったそうな。

だから、キャストに
山崎 努が加わっているのね。


消え物(食べ物)が美味しそうな映画
こんなところかな。

1)しあわせのかおり
http://www.shiawase-kaoru.jp/

2)かもめ食堂
http://www.nikkatsu.com/movie/official/kamome-movie/

3)めがね
http://www.megane-movie.com/

4)タンポポ
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BF%E3%83%B3%E3%83%9D%E3%83%9D_(%E6%98%A0%E7%94%BB)

「かもめ食堂」と「めがね」の料理を作ったのが
フードスタイリストの飯島奈美さん。
この映画の御飯っておいしそうなのよねぇ。

「朝ごはんの献立―12のシーンとおいしいごはん」

posted by 宇之助 at 18:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然・そこはかとなく

2009年01月14日

プラネタリウム

日本科学未来館の6階ドームシアターガイア
http://www.miraikan.jst.go.jp/exhibition/gaia/birthday.html

ここに作り出された、
全天周の超高精細立体視映像システム「Atmos」と呼ばれる
プラネタリウムがオープンしたんだな。
「バーチャリウムII 3D映像システム」という
3次元立体映像なんだそうな。

どこが作ったんだろうと思ったら、
やはり五藤光学だったのねぇ。

天体望遠鏡というと、
「五藤光学」か「高橋光学」なんだよね。

これみたいなぁ。

五藤光学
http://www.goto.co.jp/topics/2009/topics_090113.html

高橋製作所
http://www.takahashijapan.com/index.html
posted by 宇之助 at 05:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然・そこはかとなく

2009年01月11日

お勤め先の静岡県御殿場市は9日は雪でありました。
おかげで、朝から雪かきであります。
でも、午後から雨になってくれたので、道路の雪は
とけていってくれたのでありました。

20090109_01.jpg


20090109_02.jpg
posted by 宇之助 at 20:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然・そこはかとなく

2009年01月04日

絵本

銀座に絵本カフェ「マ・プレフェレ」というお店があるのね。
たしか2008年11月のオープンと聞いているんだけれど・・・・
http://www.ehon-cafe.jp/index.html

三島には、
「GALLERY.BOOK.CAFE DEN」があります。
http://www.cafe-den.jp/

「絵本」という文化が、
形として現れた存在であろうと思うのよねぇ。

学生時代の教養課程に「芸術」の科目があって、
絵本が講義内容になったことがありましたですね。

その時の題材は「ガース・ウイリアムズ」の作品で
「しろいうさぎとくろいうさぎ」だったのを覚えておりますね。

posted by 宇之助 at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然・そこはかとなく

2008年11月30日

謎のフルーツ

2つもらったんだが
これはいったい何というフルーツでありましょうや?
「半分に切って食べるんだそうな!!」と言って
これとは別に切ってくれて、
「キウイと同じようにスプーンですくって食べるんだそうな。」
というので、食べてみると
甘酸っぱいような・・・・・・
断面は、なんと言ったら良いんだろうかなぁ、太めのズッキーニを輪切りにしたような断面なんだなぁ。

nazo_001.jpg

ん〜〜これは謎ぢゃ。
posted by 宇之助 at 18:56| Comment(1) | TrackBack(0) | 徒然・そこはかとなく

2008年11月24日

POT AU FEW(ポトフ)その壱

ポトフ(もしくはポトフーと表示)は
フランスの家庭料理のひとつでpot-au-feuと書くのね。
日本語に翻訳すると「火にかけた鍋」という意味になる。

あたしの頭の中には
「フランスおでん=ポトフ」という等式があるのねぇ。

その発端は1975〜1976年の事。
「食食食」と書いて
「あさめしひるめしばんめし」という雑誌があったのね。
なぜか、このネーミングにものすごく惹かれて
(考えてみると、
 こんな頃から食い意地が張っていたんだなぁ。
 マリービスケットのハントリーパーマ探ししていたのも
 たぶんこの頃。)

出版社に連絡して通販で買ったんだな。
出版社はみき書房、現金書留で買ったのを記憶しているけれど、
今と比べてやたらと書式手続きがめんどうだったんだよね。
同様に、小包なんて紐で結ばないといけないとか、
ことこまかく仕様が定められていたのね。
改めて考えると今は楽になったんだねぇ。

この「あさめしひるめしばんめし」という雑誌は、
食べ物エッセイ集というような雑誌で、
現在だったらけっこう人気があるだろうと思うんだけれど、
この時代、世の中はまだ「食」というべきものに
視点を置いていなかった。

「あさめしひるめしばんめし」に
当時、NHKが21:00から放送していた「ニュースセンター9時」の
初代キャスター磯村尚徳氏の奥さん「文子」さんが、
フランスおでん「ポトフ」としてレシピを紹介していたのね。

あった。
ここにバックナンバーの一覧があって
No.5に
「磯村夫人のポ・ト・フ」:磯村尚徳と書かれてある。
http://marronmelon.haru.gs/mokurokuA-2.html

磯村文子さんの
フランスおでん「ポトフ」のレシピが掲載された
「あさめしひるめしばんめし」
たぶん、他の多くの本と一緒に
わが家の倉庫に眠っているはずなんだな。
探してこよう。
posted by 宇之助 at 21:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然・そこはかとなく

2008年10月19日

ルリユール

昨日のこと。
「ルリュールおじさん」という絵本を見た。

「ルリユール」というのは、フランス語だそうで、
まぁ〜一番近い日本語にあてはめると「装丁芸術」。
でも実際は、「装丁・製本」業
いわゆる町の製本屋さん。

日本においては、西洋式製本がとりいれられた当初から、
本というものは、
量産品ということが前提としてあるために、
技術そのものが存在していない。
一般的な「おしごと」ベースではなく、
「装丁芸術」としてのみ存在しているのが現状ですねぇ。

「本」というものは、
「印刷」と「製本」という
2つの大きなシステムの結合の産物であるのだけれど、
フランスは
この「印刷」と「製本」との兼業を禁じた法律が
存在していたため、「装丁・製本」業が独立して存在するのね。

フランス語の辞書で reliure を引くと、
単に「装丁」「製本」とだけ書かれているという。

王侯貴族が
「私が所有する書物は、私の知識」という
権力者は馬鹿ではつとまらないということが大前提にあって、
それゆえ、貴族は膨大なライブラリーを所有していた。

「装丁」はその支配者の「権力」「財力」を
伝えるために存在し、
装丁技術・製本技術が進化した訳ね。
それによって「文化」は培われていったわけね。

「技術」は長い年月を経て「文化」を育ててくれるんだよね。
最初に生み出された工程・思想を理解、踏襲してこないで、
量産技術としての「製本」を輸入してしまった日本は、
「ルリュールおじさん」を育てられなかったのね。

はなしはかわるけれど、
日本酒は「ライス・ワイン」として
ワインの品評会に出品されるそうな。

フランスの鑑定人たちが、
それを味わって、米だけで多彩な香りと味を創り出している
日本酒という物を絶賛するという。

「米だけで、花の薫り、潮の薫り、風の薫りを自在に創り出せる
 なんて日本酒と日本の文化は素晴らしいのであろうか。」と
絶賛してくれるらしい。

「でも、その素晴らしい『文化』を
 守ることができない日本人は、馬鹿者だ」と
酷評してくれるそうな。

技術は駆け足でやってきて走り去っていくけれど、
文化はゆっくりゆっくりと歩いてくるのね。


posted by 宇之助 at 10:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然・そこはかとなく

2008年10月02日

今日は晴れてる富士山

きのうの「初雪化粧」は曇り空だったけれど、
今日は快晴の雪をかぶった富士山ね。

ちなみに、今日は
静岡県御殿場市
御殿場プレミアムアウトレット周辺の富士山
fuji20081002.jpg
posted by 宇之助 at 09:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然・そこはかとなく

2008年10月01日

「初雪化粧」今朝の富士山

今日の富士山は、
気象用語では「初雪化粧」というのだそうな。
「初冠雪」とは違いますとどこかに書いてあった。

DSCN0302_edited.JPG
posted by 宇之助 at 12:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然・そこはかとなく

2008年08月21日

富士山

湿気が多いせいか
朝方はこんな感じでぼんやりと見えるのよね。
fuji.jpg

この日も夕方は、どぉ〜〜〜っと雨が降った。
posted by 宇之助 at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然・そこはかとなく

2008年08月15日

三島夏祭り初日 2008年08月15日

三島夏祭り初日であります。
例年に比べて暑さが和らいでいたのが助かりましたです。

matsuri20080815_01.jpg
posted by 宇之助 at 21:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然・そこはかとなく

2008年07月28日

夕暮れ時の富士山

夕暮れ時の富士山でありまする。

fuji_20080728.jpg
posted by 宇之助 at 22:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然・そこはかとなく

2008年07月17日

スチームロボット

http://shop.gakken.co.jp/shop/order/k_ok/goodsdisp.asp?code=6600001650&entp=motona

何ともレトロな
そして蒸気機関というのがいいのよねぇ。

オシレチングエンジンの首振りエンジンだぁね。
ほしいんだが・・・・・・

この値段は何ぢゃぁ。

まぁ〜〜仕方ないだろうなぁ。
posted by 宇之助 at 22:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然・そこはかとなく

2008年07月14日

無敵の北京

あたしは何を検索していたんだろうかなぁ?と既に記憶がないんだが、これが出てきたのでこっちの記憶だけがしっかり残っているのね。結構怪しそうな本なんだな。

http://www.amazon.co.jp/gp/reader/4757214936/ref=sib_dp_pt#reader-link


それで「無敵の北京」で検索したら、いっしょに出てきたのがこれなんだよねぇ。これも怪しそうだなぁ。



posted by 宇之助 at 05:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然・そこはかとなく

2008年07月11日

いやぁ〜なんとも皮肉

ん〜〜〜なんとも
このポスターは、皮肉だぁね。
りべんぢ.jpg

どう転んでも、何をコメントしても、どう言い訳をしても
分が悪いよねぇ。

ただ、
この人は「元」報道関係者であるわけで、
現在は「色ものタレント」であるわけよね。
その「色もの」が「色もの」的な事をしたからといって
騒ぎ立てることでもないだろう。

まぁ〜
タイミング悪かった訳よね。
いやはや。

前回は、知名度を津々浦々に浸透させるのに役に立ったけれど、
今回は、さらに浸透はしたけれど、右肩下がりになっちゃうんかな。

どちらにせよTVのこっち側の人間にして見れば
おもろネタであるわけだぁね。
山本モナは「さげまん」とも言われているわぁな。
関わった2人はどちらもどん底まで落ちてるしね。
posted by 宇之助 at 21:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然・そこはかとなく

2008年04月19日

福本清三 「宇宙人ジョーンズ・時代劇」篇

宇宙人ジョーンズ・シリーズのBOSS CM

http://www.suntory.co.jp/softdrink/boss/cm_press/index3.html

ちら見をしていて、「えっ」と目が離せなくなった。
ラスト・サムライ出演者の一人、そして時代劇には欠かす事の出来ない切られ役、トム・クルーズから「ハリウッドに来い」と声をかけられている唯一の人物、『2万回切られた男』の異名を持つ「福本清三」氏が登場している。

「おまえっガッツあるな!」と言って
トミー・リー・ジョーンズにBOSSを手渡す。

二人でBOSS マウンテンブレンドを飲むところでCMが終わるんだな。
かっこええわぁ!!!福本清三

やはり「福本清三」氏の存在って絶大だよぉ!!!

http://cozalweb.com/seizo/
posted by 宇之助 at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然・そこはかとなく

2008年04月11日

今日の御殿場の桜

三島から御殿場まで通勤でありまして、
まぁ〜簡単に言うと三嶋大社から御殿場プレミアムアウトレットまで
というところかしらねぇ。
毎日富士山を1/4周しているんだなぁ。
通勤距離は片道30km
気温(温度差)4度
毎日アウトレットまで出かけているのとおなじなわけでして・・・・

三嶋大社の桜が散ったあとに、御殿場の桜は開花し始めるのね。
二度お花見を味わえるといえばいえないこともないんだが・・・・

んで、これが本日4月11日朝9時頃のアウトレット近くの桜なのね。
DSCN0119_edited.JPG

ちなみに、
その2日前4月9日の山梨・河口湖周辺と忍野村は
今にも雪が降りそうなお天気でありました。
春も桜はまだまだよ。
DSCN0107_edited.JPGDSCN0108_edited.JPG
posted by 宇之助 at 18:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然・そこはかとなく

2008年04月06日

花見

恒例のお花見でありまする。
会場は、三島の浅間神社。
JR三島駅から、徒歩5分の場所にあるんだな。sakura 0003.jpg
見事な桜でありながら、ちょっと裏側に入り込むので、人里離れた感覚の場所なのよね。
sakura 0005.jpg
だから古の街角ゴミ箱もオブジェになってしまう。

かんじんのさくらは、こぉんな感じで満開ね。
sakura DSCN0037.jpgsakura DSCN0052.jpg

sakura DSCN0041.jpg

sakura DSCN0042.jpgこっちは花びらアップ。

本年のさくら・お花見弁当
sakura 0004.jpg

しあわせだぁねぇ
posted by 宇之助 at 09:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然・そこはかとなく

2008年04月02日

水のなるほどクイズ



ビールが当たる「水のなるほどクイズ」ですぢゃ。
posted by 宇之助 at 05:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然・そこはかとなく

2008年02月06日

また雪だわさ

今日2月6日(水)も、夕方から雪が降り始めた。
SnowIMG_0206.jpg

日曜日に降った雪が、やっとこの程度まで減ってきたというのに・・・

雪が降り始めてから、設備屋さんから電話が来た。
設備屋「明日、残りの修理を行いたいのですが、
    雪はどうでしょうか?」
あたい「あ〜ちょうど今、
    しんしんと降り始めてきたところです。」
設備屋「雪道用の装備が甘いモノですから・・・・・」
あたい「いえいえっこのあたりだけが、
    豪雪地帯なものですから・・・・・」

というわけで、この時期に連絡してくる業者さんは
皆、雪を心配してくる。

明日、通勤途中が雪で渋滞していたら・・・・・






そりゃぁ〜〜〜間髪いれずUターンして、
お休みモードだわさ。
posted by 宇之助 at 22:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然・そこはかとなく

2008年02月04日

2月4日 今朝の富士山

2月の4日の朝7時
道路は凍結状態で、いやぁ〜〜怖かったねぇ。

我が家の近所から見える富士山。
fujiIMG_0001.JPG

通勤途中の富士山fujiIMG_0004.JPG

んで、お勤め先は雪の中。
午前中のお仕事は、しっかり雪かきでありました。
posted by 宇之助 at 22:35| Comment(1) | TrackBack(0) | 徒然・そこはかとなく

2008年02月02日

雪の翌日

2月1日の夕方から降り始めた雪は、翌日にはこの様になりましたですねぇ。

snowIMG_0005.jpg snowIMG_0008.jpg
posted by 宇之助 at 21:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然・そこはかとなく

2008年02月01日

また雪なのぉ

いやはや
またしても雪でありました。

そうさねぇ〜〜31日の16:00頃から降り始めましたでしょうかねぇ。
周辺の道路はこんな状態です。
ちなみにこの道路は国道246号であります。
snow_04.JPG snow_0003.JPG
んで、17:30に帰りましょうと思って駐車場までやってきたら、この状態でありますね。

運転席側の雪をちょっと払って、「おおっ写真を撮っておきましょう」ということで、
撮ってみたのがこの写真ね。

あたしの車がいくら寒い国生まれの寒い国仕様といっても、
やはり雪はつもるのでありますね。
car20080131.jpg
posted by 宇之助 at 08:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然・そこはかとなく

2008年01月26日

金うん

金色の「う◎こ」だから「金うん」なんだそ〜〜な。
いやぁ〜好きだなぁ。

kin_un.jpg
posted by 宇之助 at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然・そこはかとなく

2008年01月23日

今日も雪だったぁね

昨日に続き今日も雪だったぁね。

今日の出勤状態ね。
まずこれが、御殿場プレミアムアウトレットから一番近いJR御殿場線の踏切ね。
snow_0002.JPG

それから
あたしのお勤め先への進入路。
snow_0003.JPG

昨日と反対の方向から撮った写真ね。
snow_0004.JPG
snow_0005.JPG

午後からみぞれで雨になっていったんだけど、
正直なはなし
怖いのは、明日なのよね。

道路が凍結しているのは確実で、明日の方が危ないのよね。

だから、静岡市から業者さんに来てもらう予定だったんだけど、
「あ〜〜雪でたぁいへんですから、
 スタッドレスタイヤ履いていないですよね。
 それでは来週にしましょうねぇ。」
ということとなったのでありました。
posted by 宇之助 at 21:49| Comment(3) | TrackBack(0) | 徒然・そこはかとなく

2008年01月22日

あ〜これがあたしのお勤め先でありまして、
御殿場プレミアムアウトレットの隣なのねぇ。

ちなみに
電柱が邪魔なんだけど、遠くに見える山は富士山ですね。

これは2008年1月22日(火)09:30の状況。
道路部分は雪かきをしてあるのね。
yuki.jpg

んでアメダスの予報だと、
今日の夜中あたりから、明日1月23日のお昼頃までの天気は「雪」
きっと朝から大渋滞なんだなきっと。

はてさてど〜〜したものかなぁ。
大雪だと、おとなりのアウトレットも14:00くらいで全店閉店となるのね。
posted by 宇之助 at 20:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然・そこはかとなく

2008年01月19日

二眼レフないかなぁ

最近二眼レフカメラを使ってみたいんだよね。
というものの、あたしは二眼レフを持っていないんだな。

巷で目立つ様になってきたのは、一昨年か去年の春あたりだろうかなぁ。
けっこう女の子が二眼レフで桜を撮っているのね。

花見の名所、花見が出来るところに行ってご覧なさい。
二眼レフ使いの女の子が結構おりますです。

このカメラは、画面サイズは大きく正方形だぁね。
たしかブローニーフィルムだったかな???

おもしろそうなんだよね。
だれか、使わない二眼レフくれないかなぁ!!!
posted by 宇之助 at 14:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然・そこはかとなく

2007年11月14日

一般常識とはなんぞや??

この番組を見てしまって、見終わっていつも思うんだよね。
「一般常識って、どこを水準にしているんだろう??」って。
まぁ、これだけであたしが何を見ていたかわかる人も
結構居るのではないかと思うのよね。
あたしがみていた番組は「クイズ・ヘキサゴン」でありまする。

この番組。
人によっては
「視聴者を馬鹿にしている。」
「あれはヤラセだろう。20歳過ぎた人間があそこまで
 無教養ということはないはずだ。」と言う人もある。

ただ、
「TVというものが、まだネタに出来るものを
 掘り起こす事が出来たんだな。」と思うと同時に、
この番組そのものは、視聴者側に何も知識を与えないという特徴を持っていることに驚いた。

そして、ものすごい事に
テレビの中で演じている人たち(この場合は回答者)の
水準に合わされて1時間という時間を使われてしまっているんだよね。

いままでのTV番組というものが、少なからず
画面の向こう側(視聴者)の水準と同等もしくはその水準より上
と思われるものを映し出すことで、維持してきたのね。

でも、この番組は否応無く出演者の水準に強制的に合わせられるという今までに無かった形態なんだよね。

posted by 宇之助 at 21:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然・そこはかとなく

2007年11月05日

風邪

風邪を引いたんだが、
今年の風邪の特徴は
1)熱は上がらない。(ほっとんど平熱。)
2)喉が痛い。
3)時々咳き込む。
4)ど〜も微妙に頭が痛い。
5)初期の頃は、関節が痛い。
6)鼻水・鼻づまり。

かれこれ10日ほど経っているんだけれど、一向にすっきりしないで
長引いているんだな。
いやはや弱ったものぢゃ。
posted by 宇之助 at 20:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然・そこはかとなく

2007年10月13日

かまきり

秋もそろそろ本格的になってきているようで、
「涼し」&「ちと寒」となってきた今日このごろでありまする。

我が家の朝顔&夕顔も種が目立つ様になってきて、終わりが近づいてきているのね。
でも夕顔は、今頃になってやたらと大きな花を咲かせている。

んで、この朝顔・夕顔には2匹のカマキリがおりまして、
この春先に体長2cm〜3cmだったのが、いやぁ〜〜育った育った。
15cmくらいの大きさになっているんだな。

んで、彼女らは、バッタ君から朝顔&夕顔を守り抜いてくれていたのね。
今日も一生懸命、バッタを食べてくれた。

kama_001.jpgkama_002.jpg
posted by 宇之助 at 20:07| Comment(2) | TrackBack(0) | 徒然・そこはかとなく

静岡空港

はてなぁ??
この空港って誰が欲しいんだろうかなぁ??
まぁ、現在の知事さんのご親戚の土地がこの空港に至るルート(道路)なんだそ〜〜で。
それはど〜でもよいわけでして、お出かけがお安く、便利で、お気楽にできればそれで良い訳なのね。

でも場所がねぇ。
この空港の場所までいくまでに、成田・羽田にはしっかり到着できちゃうのよ。

この空港は、あったりまえのことながら
成田・羽田には降りられないのね。

ということから、
韓国ソウル、もしくは上海からヨーロッパ・アメリカ方面には向かう様になるんだよね。

そのほうが『安い』ということであれば、これはメリットがあるだろうねぇ。
成田の空港使用料ってぇやつは、ばか高で、それが航空運賃にもれなくかかってくるのよね。

けっこう笑うのが、
静岡県東部・伊豆からこの空港への接続に、直行バスとか運行させるらしいんだけど、
駿河湾カーフェリー使って清水港へ運んで、渋滞迂回ということも考えているらしい。

このカーフェリーけっこう運休するんやどぉ。
考えてくれてるぅ????

お安く、便利で、お気楽であれば、使ってやっても良いけれど、
羽田行っちゃった方がよさそ〜〜だなぁ。

羽田や中部国際は、空港そのものでのshoppingが楽しめるもんねぇ。

楽しくない空港は、やっぱりつかいたくねぇな。
posted by 宇之助 at 13:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然・そこはかとなく

2007年10月03日

Flower

朝顔も終わり、秋口になってくると花が少なくなってくるのよね。

っと秋になって咲いてきたこの白。
小さい花なのに存在感あるのよねぇ。
flower_0001.jpg
posted by 宇之助 at 08:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然・そこはかとなく

2007年09月29日

富士スピードウェイ

はてさて昨日28日〜30日は静岡県駿東郡小山町、
たかだか人口2万人の町に、28万人もの人間が押し掛けるという。

初夏の頃の富士宮市の「第二回B級グルメ選手権」にも匹敵するような
高密度な状況になる・・・・・らしい。

んで、これが周辺交通状況マップなのね。
http://info.go-tenba.com/index.php?cmd=real

自衛隊の基地、工場の従業員駐車場、東名足柄サービスエリア駐車場等々、自家用車の収容スペースを確保して、そこからシャトルバスでピストン輸送なんだそうな。ピストン輸送が当初2000台のバスだったのが、4000台とか5000台に増強したと言っていたけれど、実際はどーなんだ。

さて、初日28日
「渋滞していたらとんぼ返りでおやすみぢゃぁ!!!」と出勤したら、
いつも以下の道路状況・・・土日の通勤ルートは閑古鳥
所要時間は通常の2/3以下。
なんでぢゃぁ???と思ったら、関東自動車&関連子会社をトヨタが休みにさせているわけなのね。
んで、それらの従業員駐車場を来客駐車場にあてているんだな。

富士スピードウェイの運営がトヨタだから出来る必殺技なんだなぁ。

ともかく、昨日28日は、通勤はがらがらだったのよねぇ。
posted by 宇之助 at 10:40| Comment(2) | TrackBack(0) | 徒然・そこはかとなく

2007年09月25日

今日やったこと2(9/24)

今日(もう昨日ぢゃな)やったことは・・・・
1)ぬか漬けかきまぜ
2)市場お買い物。
3)メヒカリの丸干し作り
4)鳥モモのチキンハム作り(下ごしらえ)
5)舌平目のムニエル作り
6)きゅうりの塩漬け(がばい漬)下ごしらえ
7)ぬか漬け作り
8)ピクルス作り
9)StarTrekまるごと20時間を見る。

ん〜先週とほとんど変わらないなぁ。

きゅうりを一箱(¥600だった)買ってきたので、
塩漬け、ピクルス、ぬか漬け
あとは、おからサラダにスライスきゅうりいれなくっちゃだわ。
posted by 宇之助 at 12:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然・そこはかとなく

2007年09月24日

Nikon 90th Anniversary

ニコンが90周年なんだそうな。

んで、
ここにその90周年記念の6分間のムービーがある。
http://www.nikon-image.com/jpn/event/90th_anniversary/index.htm?cid=IJA79BJZIJ4
なかなか面白く作られてあるのね。

これおすすめよ。

1917年に三菱財閥の企業、日本光学工業株式会社として操業して、
軍用光学製品は「日本光学Nikon」ブランドだったのね。
あの大和、武蔵の艦橋(ブリッジ)最上部の距離測光装置から
双眼鏡に至るまですべて日本光学製品だったのね。

現在も深海調査船「しんかい」6500の外部カメラは全て「ニコノス」ニッコールだし、
海上自衛隊の潜水艦の潜望鏡は全てNikonブランド。

んで、やっぱりNikon「F一桁カメラ」が有名よね。
「F」「F2」「F3」「F4」「F5」「F6」
(たぶんもうF7は出てこないだろうね)

あたしのカメラはF2
1978年に手に入れた。
新宿東口のヨドバシカメラで手に入れたのね。
2回ほど修理、オーバーホールを行ったけれど、
いまだにこれは手放せないのよね。
このあいだの月食もこのカメラで撮った。
posted by 宇之助 at 08:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然・そこはかとなく

2007年09月13日

あさがお

相変わらず我が家の朝顔は毎朝満開。
そのなかで、またしても異質な花が咲いてきた。

1ヶ月ほど前には、
昨年「朝顔」の花粉を受けた「夕顔」から種が出来た
朝顔のちいささを持った紫色の「夕顔」(直径約5cm)があったんだけど、
yu_0001.jpg


今朝は大きな白い朝顔が咲いていた。
asa_white_0003.jpg
たぶんこの花と葉っぱの形とつぼみの形からすると、
昨年「夕顔」の花粉を受けた「朝顔」から種が出来た
夕顔の大きさを持った白い「朝顔」(直径約15cm)なのではないかと思うんだな。
asa_white_0002.jpgasa_white_0001.jpg
posted by 宇之助 at 06:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然・そこはかとなく

2007年09月11日

てふてふ

今朝、あさがおにやってきたお客さん。
tefutefu_0001.jpg

台風の時、どこに隠れていたんだろうね。
ちょっと羽が欠けているのは、台風にやられたんだろうか??
posted by 宇之助 at 06:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然・そこはかとなく

2007年09月10日

石鹸

「モラタメ」というサイトがある。
「モラタメ」=「もらえる・ためせる」の略なんだそうな。
んで、薬用泡ハンドソープTWO’S(ツーズ)に応募した。

この石鹸「手に香りが残りにくい」って書いてある。

けっこう石鹸・洗剤ってぇやつは、けっこう香りって気になるんだな。
たとえば料理作ろうって思ったら、まず手を洗うよね。きれいにしなくっちゃって。石鹸で手を洗ったあと、手に付いた香りが、鼻に近づけなくても香ったら、食材についてしまうんぢゃないかって心配するよねぇ。

あえて「手に香りが残りにくい」って言っているのは、やっぱり気になっている人って多いって事なんだろうね。

実際どうなんだろう?
posted by 宇之助 at 12:33| Comment(0) | TrackBack(1) | 徒然・そこはかとなく

2007年09月09日

夏の花・心願の国

「六ヶ所村ラプソディー」が核廃棄物再処理施設であることは良く知られた事でして、プルトニウムを作り出すのではなかったかな?

原子力=核=プルトニウム=放射能=原子爆弾の被害
というイメージは大なり小なり誰もの頭にはあるのよね。

「六ヶ所村ラプソディー」というwordを聞いた時、
あたしは作家原民喜(はら たみき)の作品を思い出した。

原民喜の夏の花・心願の国は、被爆国日本の唯一の原爆文学なのね。
現代において、そう有名な作家ではないんだけれど、
この作品は新潮文庫20世紀の100冊に選ばれている。

あたしがこの人の名前を知ったのは、遠藤周作のエッセイの中でだった。
この原民喜は、三田文学、つまり慶応大学の文学部における遠藤周作の先輩になるのね。

原民喜は英米文学専攻、遠藤周作はフランス文学専攻
遠藤周作がフランス・リヨンに留学する時、横浜港から船で出発したというのね。まぁ〜戦争直後、海外へは船というのが当たり前の時代だったんだよね。その小雨降る横浜港で遠藤周作を見送ったのが原民喜だったそうな。

さて夏の花・心願の国
疎開した広島で、名も知らぬ黄色い小さな花を妻の墓に供えた翌々日の8月6日の朝、原爆に襲われる。

淡々と淡々と時間が経過していく。
そして、自分たちの頭の中に至極たやすく、そして克明に映像が結ばれていくのね。
被爆直後の描写と感覚・感情表現がすごいです。

しっかしなんで六ヶ所村からこの作品が思い浮かんだのかなぁ。
やはり原子力っていうキーワードかしらねぇ。

そーいえば、スウェーデンが原子力発電所の廃棄を決定したそうな。ただ、その代わりとなるものがまだ見つからないという。
posted by 宇之助 at 14:45| Comment(2) | TrackBack(0) | 徒然・そこはかとなく

2007年09月05日

あさがお2

我が家の朝顔全開状態なんだなぁ。
もう秋だってぇのにさぁ。
浅草の朝顔市って、たしか7月だったよねぇ。
まぁ〜育て方が全然違うんだろうけれど、満開の時期が2月もちがうんだなぁ。

来年、あさがおを植えると「あれぇ〜〜うちの朝顔は全然花がさかなぁ〜〜い」と大騒ぎしているんだろうなぁ。

じつは、あたしは朝の5時に目が覚める。
覚めたくて覚める訳ではないのよね。
ボーズのラジオの目覚まし機能が朝5時に起動して、
そうすると、布団から元気に飛び出してくるのが彼。
nikukiu_0003.jpgこんな顔して寝ているのにね。

彼には「あさごはぁ〜〜〜ん」と聞こえるらしい。
んで朝ご飯をあげて、庭の草木に水をやるのねぇ。

そうすると、満開朝顔に出会える訳なんだけど、asa_0006.jpg
ここ何日か、水をやり終わる頃になると「ぶぅ〜〜ん」と羽音が聞こえる。
花がモゴモゴ動いて花から顔を出すのが、
ミツバチでありまして、毎日やってくるんだよね。今シーズンの朝顔の花が終わらないうちに一度は写真に撮ってやろうと思っているんだが、「いたぞぉ」と思うとあたしの頭よりやけに上の方の花にもぐり込んでいる。
「こっちにこないぢゃろかな」と下の方の花を見ると、花粉がこぼれているわけでして、既にお仕事済みでありますねぇ。
写っている写真で花粉が見えるものはミツバチのお仕事済みのものであります。

しかし、ミツバチってぇのはこんな朝早くから働き始めるのかいなぁ。働き者ぢゃなぁ。
posted by 宇之助 at 06:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然・そこはかとなく

2007年09月02日

あさがお

我が家の朝顔は例年どおりで、どんなに早く種をまいても、8月の後半にならないと花を咲かせない。んで、8月15日以降になると、乱れ咲き状態となるのよねぇ。
ど〜してなんだろうかなぁ。
asagao_0006.jpg
posted by 宇之助 at 20:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然・そこはかとなく

2007年09月01日

この華は?

はてさて、この華はなんと言うのだろうか?
昔から庭に放り出してあるプランターに毎年春先になると葉が出て群生して、華を咲かせてくるんだけど・・・・・・

しっかり水もやっているわたし。
flower_001.jpg
posted by 宇之助 at 14:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然・そこはかとなく

2007年08月29日

月食

さてっ昨日の月食であります。
だいたい20:30あたりかしらねぇ。
moon002.jpg
んでこれはもうすぐ食が終わる頃、21:16あたりでありますね。
moon01.jpg

Nikon F2 Refrex-Nikkor 500mm F8 1/2000
fuji-Film ISO800(旧ASA800)
posted by 宇之助 at 21:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然・そこはかとなく

2007年08月18日

体感温度

18日になったらずいぶんと過ごしやすい温度になった。
でもきっと、通常の「夏」の温度なんだろうね。
それが「涼しい」と感じてしまうということは、それまでが異常である状態だったということだぁね。

16日の14:00頃
炎天下の中を、犬を散歩させている馬鹿女(たぶん中学生か高校生)が居た。
あたしは滅多に「女性」に対して「女」という呼び捨てに近い吐き捨てるようなwordを用いないけれど、
こいつには、断じて「女性」という総称を使ってやらない。

今日18日になっても怒りが収まらない。
「てめ〜〜〜〜裸足でアスファルト歩いて見やがれ!!
 馬鹿やろう!!!!!」

あ〜〜〜〜〜胸くそ悪いわぁ。
posted by 宇之助 at 20:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然・そこはかとなく

2007年08月17日

ゆうがお2種

左側が、昨年夕顔に朝顔の花粉がついて、
生まれた交配夕顔。直径約5cm
yu_0001.jpgyu_0002.jpg
んで右側がオリジナルの夕顔。直径約12cm



この2つはこぉんな感じで咲いているのねぇ。
yu_0003.jpg
posted by 宇之助 at 17:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然・そこはかとなく

2007年08月16日

スモークチーズ

薫製が暑いときには相応しくないという事がよぉくわかったぢゃ。

いつもの明治ホテルチーズを2つに切って、
スモーカーに入れて、
18:00頃から20:00あたりにスモークしていたんだけど、
やはり周囲が30度近くある状態では、チーズはもれなく
「とろけるチーズ」状態となってしまいまして・・・・
(心配したので、下にアルミホイル敷いておいたの)
kun_0001.jpgkun_0002.jpg


とりあえずスモークチーズになってくれたからいいけれど、
やはり夏の薫製はだめだぁねぇ。
posted by 宇之助 at 15:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然・そこはかとなく

2007年08月15日

我が家の「朝顔」&「夕顔」

我が家の朝顔と夕顔の今日現在の姿でありまする。
asagao_0005.jpg
asagao_0004.jpg
というわけで、朝顔は見てのとおりなぁ〜〜〜んも花が咲いていないのよねぇ。

と思ったら、今朝第一号の朝顔が咲いた。asa_yuu00011.jpg
夕顔はもっと上の方で大きな花が咲いているんだけれど、これがクセものでありまして、
こいつ朝に咲くんだよね。
「それは朝顔というのぢゃ」とおしかりを受けそうなんだけれど、夕顔の葉っぱなのに朝に咲くんだからしかたない。
大きな白い花で、文字通り「夕顔」らしき花なのよね。・・・・・・でも朝に咲くんだ。asa_yuu00012.jpg
んで、弱った事にもう一種類夕顔がいるんだな。今年と同じ様に、朝顔と夕顔と一緒に種をまいた。去年は同じ頃に花が咲いた。ここまではいいんだけど・・・・・・
朝顔の花粉が、夕顔のめしべについたんだな。
その種をまいた。

葉っぱの姿は「夕顔」、花のサイズは「朝顔」、花の色は「薄いピンクのような(白と紫が中途半端にまざったのかいな?)」花が咲くのは夕方。
この花は7月の中頃に咲いた。んで今は種ができている。来年蒔いたらこの中途半端な花がまた咲くんだろうかな。
(まだ咲くだろうかな。写真を撮らねばなぁ・・・・)

葉っぱばかり大きくて全然咲かない「朝顔」
朝顔サイズの花が咲く中途半端な「夕顔」
朝に大輪を咲かせる朝顔と勘違いをしている「夕顔」

しっかし、おまぬな花たちぢゃなぁ。
posted by 宇之助 at 03:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然・そこはかとなく

2007年08月12日

我が家のアボカド

春先・・・たしか3月頃だったと記憶しているけれど、アボカドの種を一番大きな植木鉢にかれこれ10個〜12個ほど植えた。

春になり、芽が出てきたので液体肥料を定期的に与えてやった。
まぁアボカドは銀杏と同じで雄雌があるという。そして雌も花を咲かせるものと、実をつけるものと存在しているそうで、一般家庭ではよほどの事&冬場の温度管理がしっかりされなければ、実がなるほどのものにはなり得ないとのこと。

とまぁ、楽しめればそれで良い訳でありまして、
我が家のアボカド1年ものはこの通りであります。12個しっかりと芽が出て伸びている。
abo_0002.jpg



こっちの一本だけのものは昨年植えた2年ものね。ベランダに置いてひと冬越えさせた。1.5mほどに伸びてしまったので幹を切ったのね。切った場所から二股状態で枝が伸びてこのとおりでありますね。
abo_0001.jpg
posted by 宇之助 at 09:27| Comment(2) | TrackBack(0) | 徒然・そこはかとなく

2007年07月19日

アニヤハインドマーチ I'm not a plastic bag

アニヤ・ハインドマーチ(Anya Hindmarch)のI'm not a plastic bagを手に入れるために暴動まで起こっているんだけど・・・・・

この「I'm not a plastic bag」を手に入れて、実際にスーパーやコンビニ、八百屋、肉屋、魚屋で使うんだろうか????

とっても疑問なんだが。

Anya Hindmarch Japanのオンラインショッピングのスタートは今日19日の10:00からだけど、
きっとこのサイト重くなって落ちると思うんだな。

http://www.anya-hindmarch.jp/index2.html
posted by 宇之助 at 07:01| Comment(0) | TrackBack(1) | 徒然・そこはかとなく

2007年06月12日

きうりのやうに静かなり

ペプシが
「PEPSI ICE CUCUMBER」を出してきた。
なぁんできゅうりなのぢゃという疑問はおいといて。

まぁ〜日本で言うところの
「猫の手も借りたい」とか「孫の手」とか「カモネギ」と
いうものと同じなんでしょうけれど、

英語の胡瓜は多彩であります。

as cool as a cucumber は、
『あくまで落ち着き払って』なんだそうな。
つまり「キュウリのやうに沈着冷静」というわけだな。

茄子「たいへんたいへんたぁいへぇ〜〜ん!!」
胡瓜「だうしたんだい?茄子くん!!」
茄子「だうしたもこうしたも・・・あれ??」
胡瓜「なに?」
茄子「あいやぁ!!あまりにあわてたので忘れてしまった。」
胡瓜「なんてあわてものなんだひ?」
茄子「さういふ君は、
   いつも、だうしてそう落ち着いていられるんだい?」
胡瓜「そりゃぁ〜ぼくはcucumberだからねぇ。」
茄子「as cool as a cucumberかぁ!!」

胡瓜「隣の空き地に塀が出来たね。」
茄子「うん!そうだね。」

って、全然オチねぇだぁ!!
posted by 宇之助 at 20:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然・そこはかとなく

2007年06月11日

かぐや(月周回衛星SELENE)

19303392_223.jpg

今年の夏、種子島から打ち上げられる月周回衛星SELENE(SELenological and ENgineering Explorer)
月面高度100kmの極・円軌道を周回する主衛星と、楕円軌道を周回する2機の子衛星で月の起源と進化の解明のデータ収集なんだそうな。

この月周回衛星SELENEの愛称が「かぐや」に決定したとのこと。
なんとも日本的な愛称でありましょうか。

竹取物語は、
星座の概念が無く星空の浪漫を持ち合わせていなかった日本人が
古代・平安の世に、あまりに遠大であまりに途方もない作品を創りだしたのでありますね。

月と「かぐや姫」は、日本人の思考回路では切り離せないのですねぇ。
posted by 宇之助 at 22:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然・そこはかとなく

2007年05月21日

あたしもまねしてみたが・・・・・いやぁ〜小市民だぁ。

「アファリエイト広告をつけてみたけど稼がない稼がない」と兎丸氏(http://tibbar.dip.jp/~rabbit/wordpress/)は笑いながら嘆いていた。

どれどれとみたところ、
なんだかすごく縁遠い広告ばかりなんだな。
こりゃぁ〜〜稼がないだろうな。

んで、あたしも一個つけてみた。
消費税込みで一個315円の七味唐辛子。
我が家で使っている七味唐辛子なんだな。これ好きなんだ。

いやぁ〜やっぱり稼がないだろうな。

posted by 宇之助 at 18:53| Comment(2) | TrackBack(0) | 徒然・そこはかとなく

2007年05月19日

初夏なのねぇ。

きっと鳥が種を運んできてくれたんだろうと思うのねぇ。
もう一箇所庭に咲いて居るんだな。
fl000.jpg


初夏・・・かなぁ。Fl001.jpg


そういえば
朝顔・夕顔の種を植えてないんだよなぁ。
posted by 宇之助 at 14:56| Comment(1) | TrackBack(0) | 徒然・そこはかとなく

2007年05月18日

日産ラフェスタのCMの曲は森高千里

日産が「ラフェスタ」なる車を出してきているんだが、
このCMに流れている曲を歌っているのは、森高千里。

この声質は、やはり往年の「千里姫」だぁね

今まで
森高千里は車のCMはしていなかったよねぇ。
この人のは「ポカリスウェット」のミス・ポカリが発端であったと記憶して居るんだよね。
糸井重里とCMしていたんよね。
それから驚くべき事に「サントリー」でジンのCMしてから、アサヒビールの「アサヒZ」のCMしているのね。
あとは・・・はてな?

あ〜〜夫婦でハウス・ジャワカレーだぁね。

キャンペーンでCDくれるらしいんだな。
車屋さんいってこようかしら
posted by 宇之助 at 22:08| Comment(2) | TrackBack(0) | 徒然・そこはかとなく

2007年05月16日

切り干し大根は宮崎県産がシェア90%なのぉ

貴田乃瀬親方によるとhttp://blog.kitanose.jp/?eid=430602切り干し大根の生産量のシェアは宮崎県が90%なんだそうで、「ほぉそうなんだぁ」と台所の切り干し大根の袋を見たら「愛知県産」だった。
我が家の切り干し大根は、残りの10%だったのね。

さてっ
食材お買い物が日常的になり、清水町の卸団地http://www.geocities.jp/orodan203/syokuyuu/main1.htmに出かけるわけでして、
「八百屋のおねいさん」「肉屋の大将」「魚屋の若旦那」「乾物屋の二代目」とかから顔を覚えられて・・・
たまぁ〜〜に奥さんつれて出かけると向こうから先に挨拶されるので、
「ど〜〜してあんたは、あ〜ゆ〜人たちに顔を覚えられているわけよぉ??」といわれる。

市場好きな私。

んで、宮崎県産って言うものが結構多いんだなぁ。
ブロイラー、ピーマン、キンカン、スイートピー、干し椎茸、カツオ、ウルメイワシ、マグロ(延縄漁)、杉(オビスギ)、マンゴー、あ〜それと切り干し大根
これらは全国シェア第一位もしくは第二位なのねぇ。
(まだかきわすれているものがありそうだなぁ)
つまり少なくとも台所に宮崎県産が無い週は無いと言っても良い状態だぁねぇ。

東国原英夫氏が知事にならなかったら、
宮崎県産ってこんなに脚光を浴びなかっただろうなぁと思うのよね。
posted by 宇之助 at 05:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然・そこはかとなく

2007年05月11日

レゴ・でぢたる・でざいなぁ

PC上でレゴ遊びが出来る「レゴ・デジタル・デザイナー」

窓版と林檎版がしっかり用意されているのね

大型の作品を作ろうとすると、パーツ費用がかさむレゴのネックを解消し、

まぁ〜それなりにおもしろいといえばおもしろいんだけど・・・
なにか今一歩なんだなぁ。

「視覚→組み立て」と「視覚・触覚→組み立て」の感覚的な不足感が否めないんだろうかな

http://ldd.lego.com/
posted by 宇之助 at 06:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然・そこはかとなく

2007年05月04日

あいやぁ

いやぁ、半年放り出したままになっていたのねぇ。たらーっ(汗)
とりあえず稼働させましょうかね。
posted by 宇之助 at 19:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然・そこはかとなく

2006年11月23日

まぁ〜ちょいと

photo_edited.jpg

何のことは無い。
写真を載せてみたんだな。
posted by 宇之助 at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然・そこはかとなく