2014年04月13日

この地のテレビのお話

静岡県東部は、東京キー局が入る。
昔からそうなっているんだよね。
でもね、
ことしの7月の終わり頃には、キー局の放送の再送信が終了して、
『テレビ東京以外は、絶対に静岡のローカル放送しか見ることを許さないからね。
 だって、静岡県に住んでるんだから!!』ってことになっちゃうんだな。

世界で一番高い電波塔が計画・設計された時から、静岡県東部地方には、関東キー局の電波が届くことはすでにわかっていた。
(世界で一番高い電波塔=東京スカイツリー )
でもね、
いわゆる地上デジタル放送は区域外で受信しちゃいけないっていうんで、この地域は、しっかり受信できるのに、同じ周波数で静岡ローカルがキー局の電波強度より強力な発信装置を使って、電波妨害的にローカル放送流しているんだよね。

区域外再放送・区域外再送信っていうのは、ここに書きだされてあるんだけれどね。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8C%BA%E5%9F%9F%E5%A4%96%E5%86%8D%E6%94%BE%E9%80%81
ベッドタウンとして、都内への通勤、通学しようという人たちが多く存在している静岡県東部。
そして、静岡や浜松とかにいくよりも容易く都内・関東圏に出向くことができ、安く良い物が手に入るのは誰もがわかる。
たとえば、バーバリーのジャンパー・ジャケットを手に入れようって思って「バーバリーだと浜松だね。」って思うか?
海外旅行に行きましょうって言って、静岡空港使うか?

静岡ローカルが、山手線や中央線の人身事故で止まっていますとか、京浜東北線が脱線しているとか、成田エキスプレスが始発から車両故障で止まっているなんて絶対に放送しないんだよね。

っとここまで書くと、絶対に
「そんなものインターネットで調べればすぐわかるだろう」って言い出す奴がいるんだな。
放送が伝えてくれなければ、『通信』で情報を得ればいいだろうっていうわけだけれど、
役に立たない放送を垂れ流すのが放送なのか?
必要とする情報が手に入れられない放送を受信し続けなければならないのが視聴者なのか?

まぁ〜しょ〜〜がないね。愚痴言ってもさ。
決められたことだから。
この記事へのコメント
遠い昔
NHKが朝7:15から7:30まで「カメラリポート」という番組を放送していた。
永六輔とか、遠藤周作、多湖 輝、やなせたかし等が、テーマを持って(まぁ、構成作家がそのテーマを作り出していたんだろうけれどね)それらの人たちの個性に沿った番組構成でリポートが放送されていたんだよね。
たぶん、NHKアーカイブあたりに収録されているだろうと思うんだけれど、その発想を子供心に楽しんでいた記憶があるんだよね。

とっころが、ある日突然に、その番組が・・・・というよりNHKのその放送がいわゆるケーブルテレビでも静岡ローカルに切り替えられてしまった。

その時間帯に放送されていたのは「テレビリポート」という番組だった。

1)絵が動かない。(写真だけ)
2)明らかに構成能力というものが無い。
3)面白いというものとは程遠い内容。
  (なんだかわかんねぇ農産物の収穫がどーのという内容だったように思う。どこかの農家の納屋に入っていって・・・・それもただの写真で動かなくって・・・・

その番組を見た途端、
小学生のあたしは静岡ローカルを呪った。
子供心に『文化』の違いというものを感じた。

あたしはカメラリポートが見たかった。
Posted by とき at 2014年04月13日 21:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/92989770
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック