2008年01月09日

仮面ライダー電王

もーすぐおしまい仮面ライダー電王。

いまだに
「仮面ライダーは電車に乗ってくるのぢゃぁ。」というと、
「えっなんで仮面ライダーが???」と言い出して、
そ〜ゆ〜やつに限って
「ショッカーは??」と前世紀の遺物的なことを言い出す。

「ショッカーは出てこないし、電車の食堂車にのっているのぢゃ」というと
驚愕するのであります。

前作の「仮面ライダー・カブト」で、「時間を超えてど〜の、こ〜〜の」とグッズが時間軸を越えて届いた事項があったのね。

そこから脚本家あたりが「時間軸」アイディアを膨らませて、今作「仮面ライダー電王」の基本コンセプトにしたのでは無かろうかなぁ???

次期作品は、タイムパラドックスの先にある解決策と言われるひとつの考え方を持ってくるんだろうか?

そ〜すると「パラレルワールド」もってくるんかいな?
あっちゃがわのヤツが、toolによってこっち側にやってきて・・・・
まぁ〜〜そんな似たり寄ったりの作品は創り出してこないだろうと思うんだが、
1年間50回の中でのストーリーサイクルが固定してきているので、
もう惰性であるのと、
スポンサーがおもちゃメーカーというのが困りもので、
『最初におもちゃありき』なのよね。

すんげぇおもちゃメーカーの関与・主導というのが明白なのよね。

さすがに平成仮面ライダーシリーズ・・・
ストーリーそのものは飽きたなぁ。
というものの、
最初からストーリーそのものは、見ていないなぁ。
如何にその発想がおもろいかしかみてねぇなぁ。
この記事へのコメント
あれ?「いかにヒロインがかわいくて存在感があるか」ではなくて?
ストーリーはあまり気にしたことがないなぁ。

戦隊ものが、等身大戦闘から巨大ロボ戦にってながれが出来て居るんだけど、仮面ライダーでは巨大ロボ戦は扱ってなかった。

「響」の時に魔化魍がやたら大きくなったり、今のデンライナーの「ゴウカ」「イスルギ」「レッコウ」「イカズチ」がほとんど巨大ロボ状態に変形したりという、少々掟破りな仕掛けが出てきましたよね。

さてさて、来月から始まる「仮面ライダーキバ」はショッカーがバンパイア。ストーリーづくりにはやはり「過去と現在のリンク」が核になりそうですね。
相変わらず、早起きしなくちゃ。
Posted by 猫丸 at 2008年01月09日 22:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/9280046
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック