2013年03月17日

沼津港『びゅうお』

沼津港で配布されている「沼津港の歩き方」。左上にあるのが水門の「びゅうお」。
IMG_1817.JPG

ここの展望エリアに上がったら、ボランティアのおばさんたちが「説明させていただきましょうか?」と親切に説明を始めてくれた。
「水門部分は、静岡県が防災(主に津波)のために建造しまして、その上のこの展望エリアは沼津市が・・・・」と手持ちのファイルを開いて解説をしてくださった。
おもむろに
「どちらからお見えになりましたんですか?」と聞いてくるので、
あたしが「奈良。」と言うと、
この『奈良』というエリアは想定外の日本国エリアであったらしく、このおばさんの何秒かフリーズしてしまった。
(東京とか、神奈川とか山梨、もう少し西で名古屋というのが想定範囲なんだろうね。想定エリアとして、このおばさんの頭のなかの引き出しに『奈良』があれば
あ〜大仏さんよりは高さ何メートルですか?とかぜひ一度『せんとくん』にもおこしいただければ!!
とかツッコミがあったかもしれないが、
前述のとおりの想定範囲外ということで、フリーズを生じてしまった。

フリーズから再起動を果たしたおばさんは、『奈良』と言い出したのが静岡県人のあたしであったので、『奈良県民』であるあたしを重点的に一生懸命『びゅうお』の説明をしてくれている。あたしも含めて総勢4名が全て斑鳩の平城京からやってきたと、このおばさんは思い込んだらしい。(ごめんねおばちゃん、奈良県民は他の3人で、あたしは原住民なのよ。)

説明のおばさんの後ろで、
奈良の従兄弟の奥さんはケラケラ笑っている。

ん〜〜ほとぼりが覚めるまで『びゅうお』には近づけんなぁ。
posted by 宇之助 at 17:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 地域限定
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/63798961
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック