2012年06月24日

あたしの脳みその中の連鎖記憶

昔、記憶法等の書籍を読んで、それを試してみたことがある。何故かというと、あたしは暗記というやつがどうも苦手なんだな。たぶん、『地理』、特に『世界地理』なぁどという科目は、「○○地方は、▽△気候」という現実の現象・事実を書いているわけで、単純にそれを『覚える』というほかに術はないんだな。
それがあたしはだぁい嫌いだった。でも高校1年の時、あたしのクラスに宛がわれた選択科目は『世界地理』だった。その担当教師はなにやら地理マニア、今でいうところの『地理ヲタク』というべき人で、辟易したのを覚えている。その教師が自己紹介の時「わたしは絶対に赤点はつけませんので、安心してください。」と言ったので、そのままあたしは安心した。
さて、高校1年の最初の中間テストの世界地理。テストエリアは『オーストラリア』。この地理が嫌いなんだから、こまかいことなんぞ一切覚えていない。言ってみれば『勘』だけで、このテストは受けている。
設問:オーストラリアの@の地域の特産物と、その理由を書け。
「え〜と、オーストラリアは、カンガルーとコアラと羊だぁな。特産物って言うんだからぁ・・・カンガルーとコアラは特産物ではないし特産物というと羊の『羊毛』だね。んで、その理由はぁ・・・・・・そこのが住みやすければおのずと増えるわな。てぇことは理由は『羊が住みやすいから。』だぁね。」
というわけで、やっぱり『×』だよね。

まぁ〜そぉんなわけで、いやなものもちょっとはお勉強しないとなぁ・・・・・なんとか楽に覚えておきましょうという方法がないかというわけで記憶法を試してみたというわけですねぇ。
その代表的な手法が連鎖記憶というやつなんだけれど、これのおかげで、何かのキーワードが琴線に触れるというようになると、芋づる式のしょーもない事項が思い出される、もしくは「どうなんだろう??」と調べなければいけなくなってしまう。というあたしの性格が災いしてくるんだな。
以前は、家にあった百科事典で検索かけて・・・・ところがその検索の最中にぺらぺらしていると面白いネタがあったりなんかすると、そこを読んでしまうんだな。いやぁ〜こまった。昨今は、サーチエンジンのおかげですんごく楽になったおかげで、、いわゆる『寄り道』も多くなったんだよねぇ。
 
あたしの文章を昔から読んでいる人たちにとっては、あたしの文章形態の構造とその理由がわかっただろうと思うんだな。

さてっ長いまえがきを経て、本題に入ってくると、あたしが気に留めたものは、
日テレの7月からのドラマ


このタイトル「トッカン」・・・・特別国税徴収官の『特』と『官』・・・いわゆる財務系業界用語なんだぁね。
予告CMを見て「なんじゃこれは???」というわけで、原作を買って読んでみた。最初に映像=予告CMが頭に入ってしまっているので、どうしても井上真央が入り込んでくるのが困るんだが・・・・・反面原作を読んでいくと、「あ〜井上真央を主人公に持ってきたい」という意図もわからないでもない。そのイメージからすると、井上真央を置かないと・・・池脇千鶴かなぁ。しっかり過ぎるかな。そうすると多部未華子・・・いやいや多部未華子はバラエティ路線だぁね。あ〜ほかのドラマの主人公だ。ん〜貫地谷しほり・・・・いやぁ〜この役柄は向かないねぇ。本仮屋ユイカ・・・・この人は助演女優賞向きでこの主人公に合わないなぁ。とどうでもいいようなことを考えながら一気に読んだ。まぁ〜面白いんだけれど、なんていうのかな、ERとか三谷幸喜作品的な『グランドホテル形式』的な構成要素がないんだな。一本筋なのね。まぁ〜あたしがグランドホテル形式的な構成を好むから・・・・しいて言うとアーサー・ヘイリーの『マネー・チェンジャーズ』的なものを好むから、どうも広がり感に乏しく思えてしまうんだろうかな。まぁ、原作は読んでしまったからドラマ見なくてもいいしね。このyoutubeの予告でも、「あ〜あの部分ね」というところがそこかしこに垣間見えるので、もういいなぁという感じ。

さてっあたしがこのドラマの触手を伸ばしたのは、このタイトルなんだが「トッカン」というと、特別国税徴収官ではなくて、ハンナ・バーベラ・プロダクションが1962年に制作した「Touché Turtle and Dum Dum」日本名は「突貫カメ君」


これ好きだったんだなぁ。
そうだそうだハンナ・バーベラ・プロダクションは、ワーナーに吸収されちゃったね。
日本で放送されていたものは、ほとんどが1960年代で、日本で最後に放送されたのは「ドラドラ子猫とチャカチャカ娘」だぁね。(アメリカでは実写版があったそうなんだが)


実写版見たいぞ。
そうだ見たいといえば、尻切れトンボで終わってしまった『タイムトンネル』ってだれか完結させてくれないかな?
ドラマそのものが39話の尻切れトンボなんだそうな。


なんだかしょ〜もない連鎖記憶だぁね。連鎖でもなんでもないな。
あたしのあたまのなかっていつもこんなものなのさ。
posted by 宇之助 at 17:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然・そこはかとなく
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/56677495
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック