2012年04月24日

新幹線について考える

あたしの住んでいる静岡県三島市にあるJR三島駅は、
1964年に東京←→新大阪間が開通した東海道新幹線で、
『初期開通時点』におけるこだま停車駅設定以降に、唯一後に追加された新幹線停車駅が『三島駅』

あたしが幼稚園くらいの頃、
この新幹線ホームと車庫の位置は、貨物列車の引き込みエリアがあって、蒸気機関車が黒い煙を吐きながら貨物列車をあっちやらこっちやらもっていっていて、煙がぽっぽと右へ行ったり左へ行ったりしていて、面白かったのを覚えている。
まぁ、無理なのは当たり前だけれど、あれがそのまま残されていて蒸気機関車が動態保存されていたなら、もうすこし三島って観光的要素を持てたのかもしれないけれどさ、ちょうど江戸から明治に変わった時の日本伝統文化が「古く陳腐なもの」として排除されたのと同じで、『文明』的な近代科学技術っていうもの=新しきものが正義と誤って意識されてしまった結果なんだろうね。
まぁ、それは誰も責めることはできないし仕方のないことなんだろうね。
悲しいけれどね。

懇切丁寧に書きだしたにも関わらず、
「掛川と新富士があるよぉ」と言い出す人が絶対に居るので、詳細を書き出すと以下のとおり。
1964年(昭和39年)10月1日東海道新幹線開業
  開業時のこだま停車駅は12
  東京駅・新横浜駅・小田原駅
  熱海駅・静岡駅・浜松駅
  豊橋駅・名古屋駅・岐阜羽島駅
  米原駅・京都駅・新大阪駅
1969年(昭和44年)4月25日
  三島駅開業。
1972年(昭和47年)3月15日
  山陽新幹線新大阪駅 - 岡山駅間開業。

さてっ
この1964年から1972年
新幹線のウリは「揺れない」ということだったのね。
たしかに揺れなかった。
そして1972年3月15日
山陽新幹線開通特番が生で放送されて、MCの永六輔とその番組(たぶんNHKだろうな)の局アナが実際に列車に乗って、座席に付いているテーブルだったか、窓際のフラットスペースだったか忘れたけれど、ここに鉛筆を立てて、ずぅ〜〜〜っと「倒れない」という事を実証していたのね。
たしかにカメラが回っている時は倒れていなかった(「ずぅっと立っています。」と言っていたけれど、それが本当かどうかはわかりまへんなぁ。)

さてっこの新幹線の揺れというのが顕著になったのは、たぶん1976年(昭和51年)2月25日以降の若返り工事以降だと思うんだけれど・・・・まぁ〜これだけが原因というわけではなく、巡航速度を上げていったということもあるんだろうと思うんだな。そして「鉛筆が倒れない」という事象が必要なのかということもあったんだろうと思うんだな。
言ってみれば『過剰仕様』だぁな。

だれだって思うよね。
「多少揺れたって、安全に早く目的地についてほしい」てさ。

まぁ〜そんなところかな。

あ〜そうだそうだ。新幹線車両は『手作り』なのね。
あんがい、「えっそうなのぉ??」っていう人がいるのに、かえってアタシのほうが驚いてしまう。
車両=『車』=自動車=量産=ライン製造・・・というイメージがあるんだろうね。

だって、東京←→新大阪間を何台の車両が走っているか?厳密には分からなくっても
500台なんて断じて・絶対に走っていないでしょう。
300台・・・そんなに同時に走っているわけ無いでしょう。
時刻表見ればわかるでしょう。

それだけの車両しか走っていないんだな。機械化生産するほどの生産量は絶対に無い。
だから新幹線車両は手作りなのよね。

posted by 宇之助 at 19:46| Comment(2) | TrackBack(0) | ◯◯について考える
この記事へのコメント
http://news.nifty.com/cs/economy/economyalldetail/zaikei-20120423-101559/1.htm

このニュースによると現在走ってるN700系は80編成しかないようですね。
とはいっても前後ろやその他の車両を別にしても1000両以上ある計算になります。

手作りである以上、工業製品よりも個体差が出るのは当然なんだけど、粒ぞろいなのはすごいですよね。
でもたぶん、製品ぶれはあるので、マニアは「一番揺れない車体」とかを熟知しているのかも?いや、怖すぎて調べる気にもなれないけど。
Posted by 猫丸 at 2012年04月25日 12:31
マニアと呼ばれるひとびとは驚くほどの行動力&知識力があるんだよね。

先日、なにかの番組で
小田急線マニアと小田急社員の知識力比べやっていたけれど、いやぁ〜〜〜マニアックだったなぁ。

あれはまねできまへんでぇ。
真似しようとは思わないけれどねぇ。

しいていうならば
あたしは何のマニアだろうかな?
「おなまけマニア」
「ずるやすみマニア」
「無気力マニア」
「神羅万象マニア」
Posted by ときかわ at 2012年05月07日 05:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/55482503
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック