2011年09月24日

ミラーレス一眼レフについて考える。

え〜とオリンパス・ペンがミラーレス一眼レフとして復活してきたのは、去年のことだったように記憶しているけれど、おやっ?今年の春だっただろうか?
宮崎あおいがイメージキャラクターだったから、記憶している人も多いと思うんだよね。

んで、何日か前に登場したNikon1
Nikonが出してきたということは、当然のことながらキャノンも出してくるというのは周知の事実だァね。

オリンパス、ニコン、キャノン
となると、あと登場してくるのは・・・・・・
富士フィルム

アサヒペンタックス
ただ、ここは『旭光学』としては存在していないのねぇ。いまはHOYAの子会社になっているよね。往年のpentaxというブランド力はどうなんだろう???
ミノルタ
ロッコールレンズの美しさって有名だったんだけれどね。オートフォーカスをカメラに組み込んだのはここが一番最初だった。あの宮崎美子のCMがそうだったよね。いまは、SONYに吸収されてしまった。
まぁ〜この6社にパナソニックとカシオが加わってというところかしらね。

さてっミラーレス一眼レフそれぞれのメーカーの相違点って、レンズのオートフォーカス機構の各メーカーの制御方法とCMOSセンサーの受光パターンの2個しかないんだろうと思うのね。
鏡がないからレンズから入ってきた光をCMOSセンサーで受け取る。ミラーレス一眼レフはこの光を2つの用途にわけないといけないんだな。
CMOSセンサーパネルは1個。そしてCMOSセンサーは2つのことはできないんだ。
でも、やらなければならないことは2つあるのね。「光を液晶パネルに映しだすために渡すこと」と「光を『撮影』のdataに使うこと」

CMOSセンサーパネル表面が100%使えれば、見たものがそのまま写る。ということで、ミラーレス一眼レフとして画期的なことなんだろうけれど、この世にそんなものは存在していない。

何%は、裏面液晶パネル表示のための受光にあてがわれているはずなのね。つまり撮影の盲点になるんだよね。この盲点をソフトウェアを使って『補完』しているはずなんだよね。

たぶんカメラ雑誌等を見れば「CMOS素子の受光パターン比較」とか出てくるだろうね。
だからど〜だってわけではないんだが・・・・・
posted by 宇之助 at 19:52| Comment(0) | TrackBack(0) | ◯◯について考える
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/48148371
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック