2011年05月03日

近江兄弟社メンタームとロート製薬メンソレータム

薬局に行くと、この2つがかならず置かれているのね。
「近江兄弟社メンターム」と「ロート製薬メンソレータム」
同じようなパッケージで、通称「メンタム」と呼ばれていたものなんだけれど、なぜにこのように2種類が存在するかと言うと・・・・・

1974年までは、メンソレータムは近江兄弟社から発売されていた。
1975年からメンソレータムはロート製薬が発売開始した。
ということなのね。

1905年:近江兄弟社創業者ウイリアム・メレル・ヴォーリーズが
    アメリカ「メンソレータム」社から
    日本国内の販売権を得て販売を開始。
    その後に国内生産製造も開始した。
1964年:創業者のヴォ―リズ他界。
1974年:12月24日近江兄弟社が倒産。
    メンソレータムの販売権をメンソレータム社に返却。
    リトルナースの商標売却。
1975年:ロート製薬が、メンソレータムの販売権を取得。
    リトルナース商標購入。
1975年:大鵬薬品の資本参加により近江兄弟社再建
    メンターム発売。
1988年:ロート製薬がメンソレータム社を買収。

という経緯をたどるんだよね。

ずいぶん長い間
近江兄弟社メンタームは医薬品
ロート製薬メンソレータムは医薬部外品になっていたけれど、
今はどちらも第三類医薬品になっているのね。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/44690500
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック