2007年06月24日

三五八食堂 三五八漬け(さごはちづけ)

福島県や山形県の郷土料理で、麹で漬けた漬物のこと。
名前の由来は漬床に塩、麹、米をそれぞれ3:5:8の割合いで使うこと。
古くから伝えられる麹漬の比率なんだろうねぇ。

あたしがこの「三五八」という言葉を知ったのは、つい最近で、
 発酵食屋台★★★Sagohachi
 〜継いでゆくもの、つながってゆく人〜
三五八食堂
http://blog.goo.ne.jp/naluleo というページがあるんだな。

いつも行く豆腐屋さんでこのお店の製品を手に入れたことから
知るようになったのね。
(ん〜製品と言う言葉が似つかわしくないんだなぁ。
 機械的な意味合いがしてどうも悲しいんだな。
 やはり作品だよね。
 言ってみれば、断じてWindowsではなくMacOSという感じ)

ここに三五八の語源となった糠床の作り方まで書いてくれてある。
http://blog.goo.ne.jp/naluleo/e/ca0fbee31b739c56132fb9f592512287

最初にこの語源の塩3:麹5:米8の比率を見て、
「ちょっと塩分高くないかしら?」と思ったんだけど、
やはり昨今では塩が多いらしく、控えめにしているというように
書かれてあるのね。
大前提のベースがあって、それを現在人に合わせてアレンジを
加えているけれど、あくまで3:5:8が基本なんだよね。

このベースとなる3:5:8という比率って、長いなが〜い間に
先人たちが考えてきたんだろうねぇ。

三五八食堂の作品うまいんだな。
でもせっかくレシピを書いてくれているんだから、
一度作ってみなければいけませぬ。

さてっ三五八食堂、ベースは移動店舗で
7月の出店予定は以下のとおりであります。
http://blog.goo.ne.jp/naluleo/e/ab3c2f87d3e116c7f4bc56b23be8ef9d
posted by 宇之助 at 13:47| Comment(0) | TrackBack(0) | このおみせが好きぃ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4465325
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック