2011年03月12日

いやぁ〜〜停電には参った参った

3月11日の地震は、揺れた揺れた。
あたしのお勤め先は、御殿場の一番奥といえる場所。
「おっ地震だ」
「えっうそぉ〜〜」
「ほれほれ・・・」と言っている間に、
やけに周期の長い横揺れが、徐々に大きくなっていく・・・・・

停電。
裾野市、富士宮市、富士市、そして御殿場市は停電。

御殿場市の緊急通報が、
電気の復旧のめどが立たないと何度も放送をしているので、
20:00過ぎにとりあえず家に帰ることにした。
御殿場市内のメイン道路の信号機も街灯も消えていた。

翌日は6:30ころに勤め先に到着。
7:30ころから一人、また一人と出勤してくる。
「家がオール電化なので、暖房も調理も何もできなくて
 インスタントラーメンすら作れなかった。
 毛布にくるまっていた。」と言っていた人間が少なからず居たのねぇ。

電気がないと如何に現代の生活が脆いものかということを
身を持って知った。

うちはオール電化ではなくて良かった。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/43809270
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック