2011年03月01日

英語で作ろう!本格和食

その昔「百万人の英語」と呼ばれるラジオ番組があったのを覚えている人はどれだけいるだろうかな?しっかりと本屋でテキストも売られていたのね。
1958年4月1日〜1992年10月4日まで続いた番組で、主として文化放送とラジオたんぱ(当時の日本短波放送)で放送されていたんだな。
いま、この番組がweb上で復活しているのね。
そのなかの1コーナー「英語で作ろう!本格和食」がけっこう面白いんだな。

今回のレシピは筑前煮。
Vol.12 Chikuzen-ni - 筑前煮の作り方の作り方 (2011.2.16)


ここで書き出されている英文レシピは、
白ごはん.com(いちばん丁寧な和食レシピサイト) からのもの。

白ごはん.com

白ごはん.com
著者:冨田唯介
価格:1,365円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る


posted by 宇之助 at 12:38| Comment(3) | TrackBack(0) | ゆるいお薦め
この記事へのコメント
`
熱心な聴取者では無かったので多くは記憶してないけど、

國弘正雄
J・B・ハリス
田崎清忠

あたり くらいかなぁ〜〜〜

他の講師(早見優とか)は、ネットで 講師リストを 見ても あんまり 実感がわかない
(笑)

テーマ曲は、同じく 旺文社提供の大学受験ラジオ講座のテーマであった

大学祝典序曲

と ともに 記憶に有りますね〜〜〜

名古屋では 聞きにくかったです………



`
Posted by どく at 2011年03月02日 00:48
早見優が講師に名を連ねているとは知らなかった。
どれどれとwikipediaをみると、たしかに早見優が出ているねぇ。

講師一覧をみると奈良橋陽子(本名の野村陽子で出演)が煎るのに気がついた。
この人は、あのトム・クルーズ製作映画「ラスト・サムライ」に『福本清三』の出演を画策した人物なのよね。

あたしゃ時代劇はで〜〜きれ〜〜なんだけど、
2つの例外のひとつが『福本清三』が好きなのね。
Posted by ときかわ at 2011年03月02日 05:47
早見優で思い出した。

『早見優のアメリカンキッズ』は中京テレビで制作されていて、その収録は日曜日にされていたのね。
大阪でオフがあって、浜松に帰ろうと思うと、ひかりで名古屋まで来て、約30分名古屋駅で待たされて、こだまに乗るんだけれど、こだまがくるホームで反対側に止まっているひかりのグリーン入口に必ず早見優がいるのね。
何度か見かけたのを記憶しているんだな。

あ〜〜『アメリカンキッズ』の収録なんだなぁと思ったのね。
Posted by ときかわ at 2011年03月02日 05:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/43631938
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック