2007年06月11日

かぐや(月周回衛星SELENE)

19303392_223.jpg

今年の夏、種子島から打ち上げられる月周回衛星SELENE(SELenological and ENgineering Explorer)
月面高度100kmの極・円軌道を周回する主衛星と、楕円軌道を周回する2機の子衛星で月の起源と進化の解明のデータ収集なんだそうな。

この月周回衛星SELENEの愛称が「かぐや」に決定したとのこと。
なんとも日本的な愛称でありましょうか。

竹取物語は、
星座の概念が無く星空の浪漫を持ち合わせていなかった日本人が
古代・平安の世に、あまりに遠大であまりに途方もない作品を創りだしたのでありますね。

月と「かぐや姫」は、日本人の思考回路では切り離せないのですねぇ。
posted by 宇之助 at 22:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然・そこはかとなく
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4345181
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック