2010年12月21日

ガス屋のショールームのねぇちゃんが「渡辺篤史が、帰らない!」を知らなぁい

まぁ〜事の発端は、我が家のガスコンロがどうも具合が悪いということから生じている。

もともと両親が住んでいたときには、ガスオーブンが組み込まれたユニットコンロが置かれていたんだけれど、そのガスオーブンが壊れたため、あたしたちが住むにあたり修理されて、住んだ時には今の単純ガスコンロになっていたのね。

今年、4年に一度のガス機器点検(ウチは都市ガスなので4年に一度。プロパンガスだと3年に一度だぁね)にガス屋が来た時も「そろそろ替えどきだと思います。」ということだったので、とりあえずガス屋さんのショールームに行くことにした。

きれいなおねえさんが対応に出てきてくれたんだが、『渡辺篤史』のポスターも看板もない。
「おかしいなぁ??」と思いつつコンロを見る。
あたい  「あ〜〜魚焼きいらなぁい。」
ね〜ちゃん「え〜今、魚焼きはどれも付いているんです。
      魚焼きが無いものはこれくらいです。
      カタログにもこれくらいしかないです。
      そうすると、
      ガスオーブン付きのものになります。」
あたい  「まぁ〜〜それでは、どうするか考えるとして
      カタログだけ頂いていきましょうね。
      ところで、
      あれがガス発電・給湯システム?」
ね〜ちゃん「はいっそうです。」
あたい  「『渡辺篤史が、帰らない』の
      CMのやつね。」
ね〜ちゃん「え???」
あたい  「ん?知らないの??ガス屋さんが。
      『渡辺篤史』知っています???」
ね〜ちゃん「はいっ」
あたい  「『渡辺篤史の建物探訪』しってます??」
ね〜ちゃん「はい」
あたい  「あのスポンサーしているでしょう。こちら。
      『渡辺篤史が、帰らない』って
      CMやっているでしょう。
      そのまえには、
      『東京ガスストーリー
       私のコンロに火をつけて』って
      小西真奈美が出ていたCM
      やっていましたでしょう。」
ね〜ちゃん「東京ガスですか。
      ウチは静岡ガスですので、
      CMが違うと思います。」
あたい  「え〜〜違うのぉ。
      あの宣伝じゃないんだぁ。
      エネファームしようかと思ったのに
      (おもってねぇし)」
ね〜ちゃんあわてて
ね〜ちゃん「いえっ同じ形式のものは
      置いてございますので・・・・」

とあわてていたことを記憶にとどめておこう。

ちなみにガスコンロは
『渡辺篤史が、帰らない』を知らないところで
あたしがかうわけねぇべさ。
ホームアシストで買ったことは言うまでもないのよぉ。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/42185536
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック