2007年05月14日

Weblog

Weblog
けっこう奥が深いなぁと思うのでありますねぇ。
この根本はたしかhtmlの発展型と当時言われていたxmlであったと記憶しておりますですねぇ。(すんげぇうろおぼえ)
たぁしか一冊関係本を買ってみたものの、
「これの用途としてはどうしたらいいんだろうかな?」と漠然という感じでありましたねぇ。

いつ頃だったかなぁ。
1995年前後ではなかったかなぁと思うんだけどねぇ。
それからしばらくは混沌として・・・・

このweblogが脚光を浴び表舞台に飛び出たのは
あの9.11の世界貿易センタービルの破壊に始まったテロの時で、
漠然とした恐怖と不安、そして正確なる情報が無い。あるのは断片的な「点」としての情報。
「点」であった断片的な情報をそれぞれの人間達が「トラックバック」という形態で紡いで「線」として自分に必要となる情報を構築していく必要があったわけですねぇ。
ToolとしてのWeblogが必要であったというわけですね。

それが今のWeblogとしての隆盛を作り出しているわけですねぇ。


ただ気に入らないのは
「Weblog」をど〜〜して「ブログ」と濁音ばかりの汚い単語にしてしまうのか。
そして、Toolであるものを
どうして「やってる」と称するのか。これがいやなんだなぁ。

「お茶する」は許せるんだから勝手といえば勝手なんだが。

toolは「やってる」ではなく「使っている」なんだよな。
IT関係の会社の人間で、
「インターネットやってる」
「メールやってる」
「ブログやってる」
とこの3つの言葉を発するやつは断じて信じてはならん。
posted by 宇之助 at 20:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 電脳(でんのう)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3988707
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック