2009年11月16日

StarTrek

11作目のStarTrek
今月初め(6日だったかな)にDVDが発売になったんだけれど、
映画を見て、
その直後に楽天で予約注文をかけて・・・・・
それを忘れていて
10月のはじめにまた楽天で予約注文していたのねぇ。

というわけで、我が家には2枚同じ物がある。
いやはや・・・・・

この11作のStarTrek Movieの中で秀逸の作品だぁね。

んで、この11作は、
世紀、登場船体、Story系列、時間軸
この4つで分類するとこんな感じかしら

      NCC-1701
           NCC-1701・A
                 NCC-1701・D
                       NCC-1701・E
  +ーーーStarTrek 1
  |        
  | +ーStarTrek 2
  | |      
+ー+ー+ーStarTrek 3
| | |      
| | +ーーーーーーStarTrek 4
| |        (注)  
| +ーーーーーーーーStarTrek 5
| |             
| +ーーーーーーーーStarTrek 6
|               
|            +ーーーStarTrek 7
|            |        
+ーーーーーーーーーーーー+       +ーStarTrek 8
|            |       |
|            +ーーーーーーー+ーStarTrek 9
|                    | |                    +ーStarTrek10
| 
| +ーーーStarTrek11
| |
+ー+
  |
  +ーーーStarTrek12(予定)


注:StarTrek 4のメインの世紀は20世紀(1986年)

特筆すべき事項として、
StarTrek 2で、カークはボーンズから誕生日のお祝いに『サンフランシスコのアンティークショップ』で買った骨董品の老眼鏡をプレゼントされる。
StarTrek 4において、この老眼鏡をカークはタイムワープした20世紀(1986年)で『サンフランシスコのアンティークショップ』に売る。たしか$100だったような。

同じく、StarTrek 4で、
『透明アルミニウム』が必要であるため、
ボーンズとスコットは、サンフランシスコのガラス工場に行って
そこの事務所内のMacintosh Plusを使って、組成式・構造式を表してしまう。この時代(1986年)にはまだ発明されていない。
ボーンズの「おいっあの式を残しておくと歴史が変わるぞ!」の問いかけにスコットは「いやっすでに歴史は決まっている。」

23世紀において、透明アルミニウムの発明者は、このサンフランシスコガラス工場の副社長(工場長だったかな?)となっているのね。

さてっ11作目
時間軸が異なる再びの23世紀なんだけれど、
ここから新たなる歴史を刻んでいくことになるわけで、
NCC-1701の船長の歴史はロバート・エイプリル、クリストファー・パイク、ジェイムズ・T・カークと刻んでいくんだけれど、この時間軸ではクリストファー・パイク、ジェイムズ・T・カークとなっていくのね。
この時間軸StarTrekシリーズにおいて、透明アルミニウムの発明者は誰なのか知りたいあたしなんだな。

本当に知らなくても何も困らない情報どころか、
StarTrekのStoryそのものにおいても知らなくても何も困らない情報なんだなぁ、これが。
この記事へのコメント
同じパターンで、僕のところに一枚来ているSTがあるのは、気のせいだろうか。

気のせいかな。ふふふ。
Posted by 猫丸 at 2009年11月18日 09:09
なぁるほど
きっとあたしとおなじことをやったのは、『某あねご』ではないかと思う今日この頃。

Posted by ときかわ at 2009年11月19日 04:51
誰だろうねぇ。
二枚組の二枚目をパソで見ながら
一人ニヤニヤしていた私。

「赤服は死んじゃう」エピソード
知らなかったなぁ。
Posted by あねご at 2009年11月23日 12:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/33665307
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック