2009年10月25日

リフォーム9日目

便器がやってきた。
1階のトイレに設置する便器は
パナソニックの「アラウーノS」

ちなみに、
2階のトイレはエマージェンシーというわけなので、
特に考えなく、パナソニックの陶器製が
リフォーム初日に取り付けられている。
(いやぁ〜〜こいつ結構音がうるさいんだな。驚いたぞ
 そして、本当に『エマージェンシー』として
 まず使うようになるとは思わなかった。)

そのまえに
「便器なんてどこだってかわんねぇよ」という人も
いると思うのね。

そ〜ゆ〜人のために参考資料。
『TOTO ネオレスト』
『INAX サティス』
『Panasonix アラウーノ』
3機種の比較検討


本日の工事行程/予定
1)既存の便器を外す。
2)配管工事をする。
3)床の張り替えをする。
4)便器を取り付ける。
5)機能確認をする。
6)配管(下水管)のマスの取り付け
7)排水経路修理等の調整

となる予定だったんだけれど、
便器がね・・・・・・
正確には、便器と床の配管を繋ぐジョイントパーツが
便器にセットされていなかった。

だから、4以降は「ジョイントパーツ」待ちに。
下水管から立ち上がったパイプのみ
トイレにそそり立っている。
だから臭いがそのままあがってきちゃっていて、
換気扇回しっぱなし。

通常、INAXでもTOTOでも、Panasonicでも
既存の陶器製トイレであれば、
「衛生機器」であるため、
そのジョイントパーツは便器とセットでやってくるらしい。

ところが、このアラウーノ
(正確にはアラウーノの改良型の廉価版「アラウーノS」)

パナソニックの便器アラウーノシリーズは、
「衛生機器」ではなく「家電」

「家電」であるため、
ジョイントパーツは別発注で、発注を忘れたのか・・・・・
それとも、メーカー側が同梱を忘れたのか・・・・・・

それはわからないけれど、
ジョイントがないので、取り付け不能。
というわけで、配管のみの臭い排出装置のトイレとなっている。

壁紙を貼り替えたというのに
臭いがつくんじゃなかろうか??????

というわけで、
「アラウーノS」本体は、
取り付け前状態
(洗浄用洗剤投入ユニット取り付け前状態)で
リフォーム完了の洋間に(ストーブ設置前状態)
置きっぱなし

どれどれと見ると、
本来は、陶器でサイフォン部分の配管になっている部分は、
プラスチックとゴム、
設置後には、その心臓部はパネルが覆い隠してしまうので
見えなくなってしまうのね。
パネルが取り付けられる場所だから、
スチール製のガイドが付いているのね。
重量対応のごく普通の大型プラスチック製品としか
見えない。

やはり推奨される台所用食器洗い洗剤が
一本付いているようで、傍らに置かれていた。

猫丸氏が言っていたように
『泡のちから』ではありました。

言ってみれば
リモコンに「電池」が付いているのと同じ感覚で
この「家電トイレ」には「台所用食器洗い洗剤」が付いている。

もちろん、このトイレはリモコン制御だから
リモコンあるし、それようのリモコン電池も
『パナソニック』製品がついているんだろうな。

これを見たら、
このトイレは「衛生用品」ではなく『家電』と
誰もが間違いなく断言する!!!

この記事へのコメント
あはは、災難でしたね。

カタログをよく読むと、製品番号の所に、従来設置されている便座とアラウーノの配管のオフセットが書かれているところがあって、そのオフセットの長さで型番が違うはずなんですけどね。

今まで設置されていた配管に直接乗っけてしまうと、便座の後ろに空間が出来てしまったり、逆に乗っからなかったりする際の調整部分がジョイントパーツなんですよね。

それにしても、外してから気がつくなんてひどい。
Posted by 猫丸 at 2009年10月27日 13:49
取り付け前の便器を
ショールーム等以外でしげしげ見たことなかったぁね。

我が家のトイレは2つあったのが
幸いしたねぇ。
んで、2階から交換していくように
工事日程を組んでくれたので
慌てなくてすんだということでありますねぇ。

けっこう楽しんでおります。
Posted by ときかわ at 2009年10月27日 20:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/33185617
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック