2009年10月05日

リフォーム初日

はてさて、
築25年(たしかそんな物だと思ったが)の我が家は、
この地を伊豆箱根鉄道・不動産部が山を切り崩して住宅地として創りだしたときから始まるわけで、
それがまぁ〜たぶん4半世紀前という所なんだよね。

さて、
この家が築25年経過した現在
というより築10年に到る前から玄関を上がったところの床がべこべこになってきていて、2回ほど床下から補強をしてある。
でもどんどん悪くなってきていてねぇ。



1)排水から臭いが上がる。
2)トイレ、浴室、洗面・脱衣室に換気扇がない。
3)洋間のクローゼット(作り付け)に
  服を入れておくと、床下からの湿気でカビだらけ
4)床はべこべこ
5)網戸はぼろぼろ
6)洋間のシーリング照明は重量があって、
  蛍光灯カバーもガラス製。
  この前の地震で一個ガラスカバーが落ちて割れた。
7)洗濯機排水トラップが無い。

1)は、驚いたことに『マス』と呼ばれる排水トラップがつくられておらず、直接トイレ排水に繋がっていて、そのため臭いが上がってくる。
マスのつけ直し&排水トラップの設置

廊下の板張り直し

まぁ〜もろもろ

とりあえず本日下準備ね。
この記事へのコメント
凄く大変そうですね。(>_<)
私 昔 水道屋サンに勤めていたので 図面などをひいておりましたが トイレ 浴室 洗面の排水が出たところには 必ず排水トラップを取り付ける事!と教えられておりましたから トラップがないのは とってもビックリです。(@0@)
Posted by カズミ at 2009年10月05日 19:39
全くビックリです。

伊豆箱根鉄道の不動産部は、
すでに無いと思いましたですね。
ここは西武鉄道系ですから、
西武鉄道が上場廃止と同じ状態で、
上場廃止手続きがとられていて、
鉄道事業に専念ということで、
不動産・建築関係は解散・整理担っていると思いましたですね。

んで、あたしが引っ越してきたとき、
ウチの担当の課長さんがご挨拶にやってきてさぁ、
あたしが「ここの臭いはどうなっているンぢゃ。トラップがおかしいんぢゃないかぁ??とらっぷはこーなってこーなってこういう原理だろうがぁ、それが臭いが上がってくるということは、トラップに水が入っていないって事だろうがぁ。」といったら、
「いえっウチのトラップは、おっしゃる形式ではなくて、こういう形の物でマスの下から吹き上げる形式で・・・・だから、水が乾くと言うことは絶対にないです。」と言って説明をしていった。

そりゃぁ〜〜〜乾かないわな。
無いんだから。
Posted by ときかわ at 2009年10月07日 05:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/32682281
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック