2009年02月15日

ツェラーの公式

いやぁ〜〜
ずいぶん昔にこの公式で遊んだ記憶があるねぇ。

1月と2月の曜日を求める場合には、
1月は前年の13月、2月は前年の14月というように
便宜的設定があった。

それと、
このツェラーの公式は
1582年10月15日(金)以降の日付の曜日を求めるようにできていて、
何でこの日以降と限定されているかというと
通常ツェラーの公式はグレゴリオ暦対応となっているため
西暦1582年10月15日金曜日からがグレゴリオ暦が施行されているため、こういうきめごとがおこるんだな。

ただ、それ以前のシーザーが定めたユリウス暦対応の公式があったと思ったけれど、
それを試した覚えがないんだな。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/26774825
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック