2008年11月02日

スターバックスの語源

スターバックスの語源を知らない人って多いのよね。
「スターバック」という人物名がその語源で、
そのルーツを教えてもらった時、
あたしの頭の中にいた「スターバック」という名前の2人のうちの
一人が語源であったことを知った。

一人は
「宇宙空母ギャラクティカ」シリーズの主人公の一人のスターバック。
もうひとりは、
メルヴィルの小説「白鯨」に登場する、
モウビィ・ディックを追うエイハブ船長が乗る船の一等航海士の名前。

当然、後者がシアトルのコーヒーチェーン「スターバックス」のルーツなんだけれど、
なんでこの「スターバック」がコーヒーショップチェーンの名前になっているのか、あたしはその思想とか理由という物を知りたい。

この一等航海士スターバックが、その小説の中で
「コーヒー」というものを飲んでいるとか、関わっている部分は、あたしが知っている限りは一切無いと思ったんだがなぁ。
ただ、この小説はすんげぇ長いのと、翻訳ものを読んだのがずいぶんと昔であるということと、読んだときに、横道にそれまくりの小説なので、すっ飛ばしをしていたので、コーヒーにスターバックが関わっているところを文字通り読み飛ばしたかも知れないのねぇ。

んで、もうひとつ笑うのは、
スターバックスのマークの中心に描かれている顔は、
この一等航海士スターバックではなく、
ローレライ伝説の元となったギリシア神話などに登場する妖精の一人で、
海の航路上の岩礁にいて、美しい歌声で航行中の人を惑わし、遭難、難破させるセイレーンの顔なんだよね。

ほんとうにこのスターバックス
よくわかんないんだな。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/22289342
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック