2008年05月11日

この祭り、乱れ咲き 5th

あたしが
この「この祭り、乱れ咲き」というイベントを知ったのは、
「この祭り、乱れ咲き3rd」の何日か前だったねぇ。

やはり雑貨屋シュルイでだった。
オーナー「お祭りやりますからね。」
あたい 「ん?お祭り??どこで??」
オーナー「市役所の駐車場で、今度の日曜日」
あたい 「ん?あたしんち(お店のね)の向かいだぁ。」

というわけででかけた。2006年11月12日(日)の事。
ちなみにこの日は、あたしの母親の誕生日なんだわさ。

この「3rd」の会場で買った「ビッグ・ボールペン」はいまだに
あたしのお勤め先で、「ペンかしてください。」というね〜ちゃんたちを驚かしている。

んで4thは、いつもの通り友人「猫丸」氏と食べまくり、飲みまくりで、しっかり楽しんだ。

古からの祭りというやつは、なんて言うのかな・・・・
どこかしらに「義務感」というものがつきまとうのね。
「古からの伝統だから」とか「前例がそうなっているから」とかね。
存在そのものが伝統というやつだから、しかたないし行わなければならないんだな。

その対局に存在するのが、いわゆる通称「OFF」と呼ばれる形のないイベントなんだろうね。
niftyが発足して1年後の創設期の1988年から1991年ころだったかな。
特に89年から91年だぁね。
お座敷列車走らせてのイベントに絡んだり、バスをチャーターして国民休暇村借り切って
料理イベントしたり、浜名湖でたきや漁イベントしたり、
毎年京都で忘年会イベントしたり

参加するのは楽しかった。
んで、それらをコアな何名かで1から企画するのがとても楽しかった。

ネットワークというTOOLを使って、千差万別の人々とのコミニュケーションを計り
それらの人々がひとつのイベントを「無」の状態から作り上げていく。
そういう遊びをしていたんだよね。あたしは。

「この祭り、乱れ咲き」という企画は、後者に位置する物であろうと思うのね。
「自分たちが楽しめなければ、来てくれる人たちが面白いわけがない!」というコンセプトだと思うんだよね。

きっと今年も行かせていただきますね。

このまつり01.jpgこのまつり02.jpg

この祭り、乱れ咲き5th
西暦2008年05月18日(日)

雑貨屋Shu-ruiは、この前日5月17日をもって、閉店するのね。
9年半ありがとうね。
posted by 宇之助 at 12:51| Comment(3) | TrackBack(0) | 地域限定
この記事へのコメント
うろ?5月18日とな。
定休日じゃーん。
行きたいなぁ。一人じゃ寂しいので、行くんだったら誘ってくださーい。
合流しましょ。
Posted by 兎丸 at 2008年05月11日 15:22
ほいほい
一緒に行きましょうぞ。

お酒もありますから、車はダメよ。
原からだとやはりJRがお薦めよね。
三島駅南口から徒歩2分だぁね。
Posted by ときかわ at 2008年05月11日 18:24
うわ〜い、ありがとうございます〜〜!!
あ〜ときかわさんのコトバには、いつも
「あ〜そうだ、ソレなのよ、言いたかったコトは!!」
と思わされます。

ときかわさんのイベントも楽しそうですねぇ。
本気で遊ぶ大人ってステキだー。

こちらこそ、9年半ありがとうございました!
3rdの時、ケーキをホールでいただいてビックリしました(笑)
Posted by シュルイ at 2008年05月13日 12:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/14830705
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック