2008年05月06日

エヴァンゲリヲン新劇場版:序

「エヴァンゲリヲン新劇場版:序」のDVDが先月届いているのをすっかり忘れていた。
んで、一昨日やっと見たのね。

映画というやつは、その作品を見た人間が、
作品内の本当に些細な部分を記憶したり、設定に喜んだりしたりするものなのよね。

だから、テレビ東京あたりが昼間に放送する映画なんかは、時間調整のために、やったらと編集カットがなされていて、腹が立つのよね。
「このあと、あの路地を猫が横切るんだよね。」なぁんてシーンを妙に覚えていて、それを期待していると・・・・・しっかりカットされている。まぁ〜本編にはなぁんも関係ないシーンだから、ストーリーには関係ないんだけれど、落胆するんだよね。

TVシリーズの頃から、そういう些細な、言ってみれば趣味の世界てんこ盛りであったのね。このヱヴァンゲリヲンという作品は。

あたしが笑ったのは、
主人公碇シンジがエヴァ初号機の初搭乗から降りて、病院に運ばれて、意識を戻した時の病院内の放送ね。

「内科の鵜飼先生、鵜飼先生、
 第一外科の東教授までご連絡ください。」と言っている。
しっかり「白い巨塔」しているんだな。

あとは葛城ミサトの冷蔵庫の定番は「エビスビール」



あたしゃ「ガンダム」は大嫌いだけれど、
「エヴァ」は大好きなのよね。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/14674105
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック