2016年08月03日

もう一年なのね。

unosuke2006.jpg


宇之助は、
昨年2015年8月2日の朝5:00に動物病院で息を引き取りました。朝4:00頃までにてんかんの発作を繰り返したため、動物病院で治療をしていただいたんですが、その直後にガクッと崩れ落ちて、心臓マッサージ等をしていただいたのですが亡くなりました。ただ腎臓の状況が芳しくなく体重がその前の年から減り続けて、6キロ以上あった体重が3キロくらいまで減ってきていました。
いつかはと覚悟はしていましたがその日が来て欲しくはなかったのは事実ですね。
ただ長患いで、これ以上痛い思いも辛い思いもさせることなく虹を渡って行きました。
あと1週間で11歳というところでした。
その日は日曜日でした。
『宇之助』が虹を渡って行って、いつか後任のお猫を迎えましょう。出来ればお留守番の時に寂しくないように2匹迎えましょうと言っていて、どちらかが黒い子であったなら『宇之助』を伝承し、そうでなければ『助』の一文字を引き継ぎましょうと決めておりました。
そしてもう一人のお猫には、用意していた名前が
『源内(蘭学者・平賀源内より)』、
『文左衛門(豪商・紀伊國屋文左衛門より)』、
『辰五郎(徳川慶喜のSP、勝海舟の懐刀、火消し・鳶の神様と称される新門の辰五郎より)』の3つでありました。
またこの3つの名は、もし宇之助の傍に迎える時の猫の名前の候補でもありました。
8月2日に黒お猫宇之助が虹を渡って一月後の9月4日の夜、同僚の女性の家に後に福助とネーミングされる猫が飛び込んで来ました。その夜遅く「どうでしょう?」と電話がありました。間髪入れずに「お迎えします。うちに来ていただきましょう」と言ったのを覚えています。妻は大阪にセミナーに出席していて、事後承諾で連絡をしたところ「1匹?兄弟はいないの?」と言ってきたのを記憶しています。
この時の私たち夫婦の猫のスタンダードは亡くなった宇之助であったわけです。
(実際には宇之助は猫としては異質中の異質であったわけでしたが、他に猫を飼っていなかったのでそれがスタンダードなわけです。)
晩年の宇之助は、非常に寂しがりであったため「次に来てもらう時は2匹一緒に」と夫婦で決めておりました。
その1ヶ月後の10月中旬にまた同じ同僚の家にお猫がやってきて時間差とはなりましたが2匹目を迎えることができました。
まぁ当初我が家の方が『普通のお猫』非対応であったため、この二匹目の子は里親の会のお宅に行って去勢+マイクロチップがなされました。
12月の中旬。「もしあの子がまだ里親が決まっていなかったら」と言うことで連絡したら、リクエストが何軒かきておりますが、ひょっとすると兄弟かもしれないのでと言うことで我が家に、最優先でお試しで迎えることができクリスマスの12月25日に来てもらい翌年1月3日に正式な契約&去勢+マイクロチップ費用をお支払いして我が家の子になりました。
最初の子は後ろ足は足袋を履いているように白く、足袋と言えば『フクスケの足袋』、当初の決め事の通り、宇之助の名前から一文字『助』を貰って『福助』と名付けました。
二匹目は
仮名で「五郎丸」という名前であったのですが、誉れ高い名前であったためどうしようと思いましたが、我が家に迎えた最初の猫『宇之助』に礼を尽くして、名前をかえさせていただくことにしました。
前述の3つの候補から、
『五郎丸』の『五郎』を頂戴し『辰五郎』とさせていただきました。
宇之助が居なくなってから1年『福助』は宇之助を知らないはずなのに「絶対に宇之助に教わったとしか思えない。」というような仕草、習慣をしてくれることがありまして「どこで『うのくん』に教わったの?きみは。」と驚いたり、かと思えば宇之助には何も心配しなくてよかったのに、新参者・福助&辰五郎はあまりにも『普通の猫』で、やたらと台所の調理台の上に飛び上がって、つまみ食いしてしまう心配をしなければならない事に毎日びっくりしております。
宇之助が居てくれたら、このふたりに色々教えてくれたんだろうなぁと思いますが、もし宇之助が健在であったら私達夫婦も電話をしてきた同僚のお姉さんも我が家に新たなお猫をということは考えもしなかったでしょうね。(彼女は、宇之助が我が家に来る時も立ち会ってくれました)
やはり宇之助が「僕の後任だからね。」と連れてきてくれたんでしょうね。そしてまた「僕は一人でお留守番が寂しかったので、もう一人後任を派遣するからね。」と言って『辰五郎』を我が家に連れてきてくれたんだろうと思います。
妻のカイロプラクティック診療室の室長は、いまだに『宇之助』で、
『福助』『辰五郎』は、診療室の扉(引き戸)が少しでも開いていると貞子のように入ってきて『よく来たなぁ』と挨拶にやってくる態度の大きい『丁稚小僧』です。
ありがとうね
『宇之助』さん。
これからも見守ってね。
posted by 宇之助 at 08:54| Comment(0) | TrackBack(0) | にくきう